2017年06月21日

人としての魅力


KIMG0495.JPG


竹内先生の新刊に、時間の伸び縮みする人・しない人、について書いてあります。


これを読んでみて、もうハゲしく同意、というか共感です!


実は私、全くといっていいほど伸び縮みしない派です。


それでも子供の頃は、それなりにありました。


本を読み始めると、あっという間に時間が過ぎていたことが。


今でも読書は好きですが、昔ほどのめり込むように読むことはありません。


そんな私が共感したのは、自分の事ではなく、伸び縮みする派の知人や友人たちのこと。



もうね、驚くほど時間が伸び縮みする人って、世のなかにはいるんですよ。


傍で見ていてよーくわかります。


そんな人たちの、好きな事、興味があることに対するのめり込み方といったら、ハンパじゃありません。


一気にのめり込んで、いったん取り組んだら止まりません。


普通の人から見て、普通じゃなかったり変な人だったりすることが多いです。


他人に邪魔されない夜中なんかに、そうしたのめり込み作業をする人も少なくないです。


対象が何であろうと、一般的な価値観や目先の損得にとらわれずにのめり込むので、周りから「なんでそんなことにそれほどまで・・・」といわれることもあるでしょう。


時間を忘れて没頭する理由は、好きだから、やりたいから、知りたいから、が全てです。


モノゴトに、そこまでとことん取り組めるのは、はっきりいって才能です。


悲しいかな、私にはそんな才能はありません。(*_*)


どこをどう探しても、そういう才能を持ち合わせていないのです。


60年近く、いろいろ模索しながら生きてきて、よーくわかりました。


やっぱり人間は、多少どこかに欠けたところがあっても、なにか突出した能力や、これが自分だ、といえるものがあってこそ、人としての魅力があるのだと思います。


いえ、別に自分を卑下してるわけじゃないんですよ。


無いものは無いなあ・・・、ってだけです。


大人タイプというのは、わりと生き辛さを感じにくく、精神的には楽に生きられる、ということはあると思います。


ただ、心が躍るようなワクワク感とか、全てが満たされたような幸福感、自分が唯一無二の存在であるという実感は、才能と努力に恵まれた子供タイプにしか得られないんじゃないだろうか。


きっとそうだと思います。



私の40数年来の友人の彼ですが、もうね、昔から凄まじいまでの子供タイプで、今では誰も真似のできない生き方をしています。


https://www.facebook.com/profile.php?id=100007055224474&fref=pb&hc_location=friends_tab&pnref=friends.all




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:06 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

夏の飲み物


KIMG0281.JPG


空梅雨(からつゆ)のまま、本格的な夏に突入するのかと、そんな期待もあったけど、そうはいかないようで、明日はガッツリ雨模様のようですね。


雨が降ってくれないと困ることもあるのですから、まあ、体調管理に気をつけて梅雨を凌ぎたいと思います。



毎年この時期から夏にかけて、炭酸水を買い置きしてグビグビしている私ですが、今日はコンビニでこれを見かけたので買ってみました。


オランジーナ フレンチスパークリング 420mlペット×24本 -
オランジーナ フレンチスパークリング 420mlペット×24本 -


次男にも1本あげて飲んでみましたが、普通のオランジーナより甘さ控えめ、炭酸キツめで、この時期の飲み物としてはけっこうイケますね。


ゼロカロリーコーラなんかより、ずっと後味がすっきりしています。


もっとも私は、甘味料も香料も入っていない、ごく普通の炭酸水が一番好きですけど。


Perrier(ペリエ) 330ml×24本 [並行輸入品] -
Perrier(ペリエ) 330ml×24本 [並行輸入品] -


そろそろ晩酌のビールはやめて、炭酸水だけにしようかな・・・(^-^)




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:39 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

地域活動の日


角ばったフォルムの車が好きです。


KIMG0488.JPG


この車も、軽だけどちゃんとカクカクしてます。


そんだけの話です。




昨日は仕事を定時で終えて、すぐに自治区の会合に出席。


そのまま役員会議、組長会議があって、その後、行事の打ち合わせや準備なんかで、夜10時近くまでかかりました。


皆さん、大変だけどしっかり頑張っていて、頭が下がります。<(_ _)>


私は個別行事のリーダーとかではないので、忙しい割には気分的に楽なんです。


リーダーや長の役をやる人は、やっぱりしっかりしてて責任感もあり、いろいろ見習うことも多く、勉強になります。



そして今日は地域の美化活動の日。


なんとなく曇り空だけど、そのほうがあまり暑くなくていいかも知れないね。


我が家の草刈りは嫁まかせなので、ちょっと新鮮な気持ちでやれそう🎵



普段の仕事はもちろん大切ですが、地域社会との繋がりも大事です。


父母の会、子供会、PTA、自治会・・・それから老人会、とか。


子供会は10数年前に、校区の会長というのをやりました。


大きな役になると、子供会以外にも地域のいろんな集まりに出ることになるので、変に顔が売れたり、自動的に他の活動団体の委員なんかになったりして、けっこう大変なんです。


当時、町づくりの会とか、地域コミュニティー関連組織とか、普段は知らない組織がたくさんあることを、知りました。


そういうのって、なかなか委員や役員のなり手がないので、一度関わりだすとそのまま引っ張られてずっとやってる人も少なくないようです。


私も子供会が終わってから、スポーツ委員っていうのを2年ぐらいやりました。


委員長が中学の先輩で、どうしてもと頼まれたのです。


今回は、地域の家庭推進協議会とかの理事になっているみたいで、そちらからも会合の案内がきてて、いくつかの行事のスタッフをするようです。


まあ、今年一年は、そういう役割の年なんだと思って、頑張るしかないなあ。


そんな気持ちでやっています。


そういえば、地域活動をしていると、私の親より少し若い世代の方から、亡くなった父や母の話を聞くことが時々あります。


父は自治会発足当初の区長などをしていたらしく、お父さんには鍛えられたよ、とか、しっかりしてて厳しかったなあ、なんて言われます。


まあ確かに、皆さんの言われるとおりの父だったと思います。


母のことは、よく面倒を見てもらった、機械編みのセーターを編んでもらった、田舎が一緒で可愛がってもらったなどといわれ、その後で、もうお母さんのことを知っている人も少なくなっただろうね、と話されました。


母はこの地に越してきてから、4年たたずに病で亡くなったのです。


父のことはともかく、母とは40年以上前のわずか数年のお付き合いだったのに、地域の方が今でも覚えていてくれるのは、なんだかとても嬉しいです。


KIMG0457.JPG


私が子供の頃と変わらない、まわりを田んぼや畑に囲まれた静かな住宅地ですが、この先もなるべくこの風景は変わらないで欲しいなあ・・・


ふと、そんなことを思いました。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

つるむおばさんと独りぼっちのおじさん  


KIMG0499.JPG


ゴミをね、不法に捨ててはいけません。


そういうことする奴は、きっとゴミみたいな生き方してますよ。


間違いないです。





さて今夜の記事ですが、こう見えて私、けっこう毒舌です。


優しくて、繊細で、真面目で、人の言うこと(書くこと)を真に受けて、落ち込んじゃうような人には、今夜の記事、あんまりおススメできません。





さて、女性って、やたらとつるむ(群れる)人が多いね。


たぶん太古の昔、男が狩りに出た後、集団で子供なんかを守っていた、その名残なんだろうと思う。


だから若い娘たちはもちろん、おばさんになってもやたらとつるむつるむ。


私、フェイスブックはほとんど放置してるんだけど、たまに見てみると、女性たちが嬉しそうにランチ会なんかでつるんでる写真がいっぱい出てる。


いえ、つるんでいいよ、悪くないよ、どんどんつるんで楽しんでよ。


ただね、人間関係は距離感が重要だと思ってるから、やたらといろんな人とつるむのは、必然的に、後々面倒なことになる可能性が高いんだよね。


起業家女子(主婦)なんかが、仲良くつるんでコラボ企画やったりしてると、見ているこっちがハラハラ(ワクワク)するくらい。


なんか仲良くやってるっぽいけど、モメなきゃいいなあ・・・


あれ?なんかブチブチ言い出したよ・・・ほらやっぱりモメたー(^-^)


なんてね、ある意味見てて面白いです🎵


でもね、なかには絶対っていってもいいほど、つるまない女子もいるわけ。


これも大きく分けると2パターンあって、一つは、過去につるんで酷い目に遭ったり、つるむとロクなことがないなって学習してるタイプ。


まあいってみれば、上手くつるめない女子。


職場でも、ひとり大人しく仕事してて、飲み会なんかは絶対に来ないタイプですね。


基本的に気弱さが顔に出てることが多いです。


もう一つは、生まれ持っての、一匹狼で、若い頃から「手つないで一緒にトイレ行ってどうすんだよアンタら」って思ってたタイプ。


こういう女子は、だいたい顔にそう書いてあるのでわかりやすい。


気の強さが顔に出てる、とか、可愛げがない女、なんて言われたりします。


まあ、女性の場合、男と違って非常に複雑でややこしい心の回路を持っているので、私みたいな感性の鈍い男が、単純に色分けするのは難しいです。


男性の場合はだいたいどんな集団でも、すぐにリーダーとか、上下とかの役割関係が自然発生的に生まれるので、ある意味でトラブルになり難いというのはあると思うよ。


これもまた、太古の昔、集団で狩りをするための役割意識からきているのでしょう。


女性がつるむってことは、そこで他人の話を聞いたり、聞き流したり、仲良くしたり、時には小競り合いをしながら、コミュニケーション能力を高めていくんですね。


男性のコミュニケーションは、必要なこと(情報)の、報告や連絡、指示なんかが中心なので、まあほとんど仕事みたいなもんです。


男同士のコミュニケーションはそれで問題ないんですが、女性相手のコミュニケーションは、そのあたり十分に気をつける必要があります。


奥さんに「で、何が言いたいの?」とか「結局は〇〇ってことでしょ」なんてことばかり言ってると、寂しい老後を過ごすことにもなりかねません。


つるむおばさんと、独りぼっちのおじさん・・・


うーん・・・おばさんの方が人生楽しいかもねー(^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:12 | 愛知 ☀ | Comment(3) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

ひとりツッコミの夜


KIMG0416.JPG


今日も青空、明日も青空、そして土曜も日曜も青空・・・


なのに土曜日は普通に仕事、日曜日は午前中いっぱい地域活動とは、あまりに悲しいではありませんか


私はいったい何時、この青空を愉しめばいいのでしょう。


仕事中に?草刈り中に?


うーん、違うなあ・・・



遊びですよ、遊び。


青空の下でやることといったら、遊びしかないんです!


インドア派の人にはわかんないかも知れないけど、週末の休みに、初夏の青空の下で一日中遊んでごらんなさいよ。


もうね、月曜日なんか永遠に来なけりゃいいのにと思いますから。


日本政府は、早く週休3日制を完全義務化すべきですな。


で、青空休暇ってのもありですな。



でもねー、仕事大好きって人がいるんですよ、世の中には。


生き生きして、目をキラキラさせて仕事する人


立派です、建設的です、前向きです、頭が下がります。


仕事っていうのは、本来そういう気持ちで取り組まなくちゃいけません。


それをね、下向いてブツブツ文句言いながら、ため息つきながら、嫌々やってるなんて・・・



やめちまえ!そんなに仕事が嫌ならやめちまえ!


そんなに仕事がしたくないなら、すぐにやめて、一生寝て暮らせ!!



う〜ん・・・、私はいったい誰に向かって言っているんでしょうねえ。


はい、自分です。


ひとりツッコミってやつです。



IMG_3756[1].jpg


今年の夏の目標は、黄色いスイカバーを食べることです。


でも、どこに売ってんだろ




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:24 | 愛知 ☀ | Comment(3) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレス性の突発性難聴


KIMG0456.JPG


今日は仕事が終わるとすぐに、耳鼻科の病院に行きました。


まあたいしたことではなく、診察結果も特に治療の必要もないといわれてひと安心。


で、ついでに聴力検査をしてもらったのですが、実はこちらの方が気になっていて、


結果は・・・


やはり少々難聴が進んでいるとのこと。


まだ日常生活に支障が出るほどではないのですが、1年に一度は検査をしてください、と言われました。


ちなみに原因は、加齢からくるものだそうです。(ーー;)


目と歯はまだまだ大丈夫なんですけど、耳は年齢より衰えが早いようです、トホホ・・・(T_T)


ちなみに、がやがや騒がしい場所での会話や、滑舌の悪い人の話が多少聴きとりにくいことがありますが、補聴器が必要なほど悪くはないです。




ところで、随分前のことですが、知人が突発性難聴になり、片耳の聴力が一気に落ちてしまったことがありました。


病院で詳しい検査をしても原因が特定できず、どうやらストレス性の難聴だろうと言われたそうです。


たしかに本人も仕事で相当なストレスを抱えていたらしく、同じ職場では心身の不調を来す人が他にも幾人かいたと言っていました。


過剰なストレスに対応できなくなると、心、身体、行動、に症状が現れるといいます。


ストレスといっても、人によって感じる刺激の度合いや、その受け止め方、ストレス耐性、ストレス解消や処理の違いは様々です。


休日などに上手く気分転換をはかって、大きな症状を未然に防げる人もいれば、極端に強いストレスではなくても、上手く対処できずに、澱のように心の中にストレスが溜まってしまう人もいます。


そうしたストレスの澱がどんどん溜まってくると、どこかのタイミングでちょっとしたストレスを受けただけで、コップの水が溢れるように、一気に症状が出てしまうことがあるのです。


そう考えると、日頃から泣き言を言ったり、多少は仕事の手を抜いたり、時にはズル休みをして気分転換に遊んだりするのも、あながち悪いとばかりは言えないのかもしれません。


といっても、真面目で責任感が強く、何事も辛抱強く我慢してしまう人に、仕事をサボれとかズル休みしてしまえといっても、そう簡単にできるものではないでしょう。



うーん・・・


ということは、私の難聴がこれ以上悪化しないためには、仕事はそこそこにして、もっと遊べということなのか?


いえいえ、私の場合は悲しいかな、医者の言うように単なる老化現象です。


仕事はちゃんとやりますよ、こうみえても実は根が真面目なんですから。(^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

長靴の季節


今度の日曜日は、豊田市の環境美化活動の日。


いつもなら気楽に顔を出して、隅っこで草をむしったりしていればいいのですが、今年はそうはいきません。


地区の役員なので朝7時に集合して、活動後の後片付けまでガッツリと参加します。


なので、すこしでも頑張ってる感を出さねばと、これを買いました。


KIMG0498.JPG


つま先には鉄板まで仕込まれていて、美化活動にも気合が入るというものです。


この長靴を履いて、頭にタオルを巻き、ウロウロしていれば、バッチリです(^_-)-☆


「ご苦労さま〜、手が空いた人は〇△公園に行ってくださ〜い」なんてね🎵


うーん・・・、想像しただけで、今度の日曜日が楽しみです(^O^)/


なんてことは思うわけもなく、ただただ面倒なことは早く終わればいいなあ、と願っています。




ところで、もうそろそろ梅雨の季節になりますが、ここ数年はこの時期に体調を崩すことが多いです。


数年前には、秋口まで調子が戻らず、とてもつらい思いをしました。


そんな私をしり目に、朝の通勤途中ですれ違う地元の子供たちは、毎年雨の季節になると、思い思いの長靴を履いて、元気そうに登校しています。


しかしよく見ると長靴をは履いているのは、主に低学年の子供で、ほとんどが黄色の長靴なのです。


そういえば私も子供の頃は、黄色い長靴を履いていました。


今回、私が買った長靴は黄色ではなく、中年オヤジに相応しい地味な焦げ茶色です。


年に一度の環境美化の日だけ履くのでは、あまりに勿体ないので、今年の梅雨にはこの長靴を履いて散歩してみようかな・・・




我ながら、意味のないつまらない記事を書いているものだ、と思います。


でも、久しぶりに長靴を買って嬉しかったので、ついね・・・







にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:42 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

自分を知るということ


KIMG0495.JPG


竹内成彦先生の新刊は、何度読み返しても、そのたびに新しい気づきがあります。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


そうした気づきや感じたことを、思いつくまま書いてみようと思います。


ただ、初めに言っておきたいのは、あくまで私個人の勝手な解釈や、独断的な見解に基づく意見ばかりなので、あまり生真面目に読まれると気が引けます。


もしかしたら筆者である竹内先生の意図とは、異なる解釈や間違った捉え方をしているかもしれませんしね。


そこをわかったうえで、気楽に読んでもらえれば幸いです。


そしてもうひとつ、この記事は竹内先生の本を読んだ人に向けて書いているので、そうでない人は、『自分を知れば、もっと楽に生きられる。 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」』を先に読んで頂くことをお薦めします。





まず、私は間違いなくバリバリの大人タイプです。


前からそう感じていましたが、この本を読んでみて改めて確信しました。


なので、歳をとればとるほど、自分の心と実年齢がしっくりしてきて、子供の頃や若い頃より今現在の方が、うんと安定した心でいられるようになりました。


歳を重ねるごとに、自己一致が進んできた、という感じです。


逆に言えば、昔の私は自分探しばかりしていて、自分が何者なのか、なかなか答えを見つけられずに、とても苦しい生き方をしていました。


今の方がずっと楽な気持ちで生きられています。




そして大人タイプの私は、愛したい人でもあります。


自分ではそれほど自覚していませんが、愛したい大人タイプの私は、結婚して嫁や子供を得たことと、仕事で役職が上がり、部署でトップの立場になったことで、結果的に自分の中の愛したい欲求をかなり満たされています。


ここでいう愛とは、相手の面倒を見たい、コントロールしたい、傘下に置きたいという意味ですが、さらにいえば、自分のもとで成長して、立派に巣立ってもらいたい、という気持ちもあります。


大人タイプの私は、傘を持っている人でもあります。


自分の傘がある私は、人の傘に入りたいとか入れてほしい、と思ったことは一度もありません。


むしろどんな立派な傘であっても、他人の傘なんかには入りたくない、という気持ちが強いです。


そんな私の持つ傘ですが、大きくて立派なのかどうかは正直わかりません。


入りたい人はどうぞ遠慮なく、出ていきたくなったらご自由に、といった感じです。


自分の傘に人を入れることに、それほど執着がないのかもしれませんが、もしかしたら、自分の持つ傘に自信があって、ほっておいてもいくらでも入りたい人はいるはずだ、と思っているのかもしれません。


なにしろ大人タイプは、自分に自信を持ちやすいですから。(-。-)y-゜゜゜



次に、大人タイプはウソをつくのが比較的上手である、ということについては、確かにそう思います。


上手い下手はともかく、私自身はウソをつくことに対する抵抗があまりありません。


社交辞令として、場を丸く治めるため、相手を傷つけないため、相手を気分良くするためのウソは、大人として当然のこと、ぐらいに思っています。


子供タイプの人が上手くウソをつけなかったり、バカみたいに正直だったりして、人を不愉快にしたり、場の雰囲気を悪くするのを見ると、子供じゃないんだからもっと大人の対応しろよ、と思うのは、きっと大人タイプならではでしょうね。



目立ちたがり屋と隠れたがり屋についても少し書いてみます。


これ、正直いうと私はどっちだかよくわかりません。


集合写真などでは、基本的に後ろの端っこが定位置です。


人前でカラオケなどは、もう本当に勘弁して下さいって感じです。


かといって、隠れたがり屋でもなさそうです。


必要があれば人前に出て目立つことも厭いませんし、そういう時は必要以上に遠慮したり、ぐずぐずしないで、さっさと済ませます。


どちらでもないというのが、本当のところでしょうか。



もうひとつ、人から理解されたいわかってもらいたい、という欲求が私は希薄です。


自分が人を理解したい、わかってあげたいという気持ちは強いですが、相手から自分の事をそれほど理解されなくても苦になりません。


しかし、ひとりだけ私のことを正しく理解して欲しい相手がいます。


それは自分自身です。


自分だけは自分の事をちゃんと理解したいし、自分の事を認めていたいし、自分を好きでいたいと思っています。


その次に、家族にはやはり自分の事を、それなりにわかってもらいたい、という気持ちがあります。


それ以外の他人は、まあ理解してくれれば、それに越したことはないけど・・・


という程度です。


いくら他人から理解してもらったり、認めてもらったり、あるいは褒められたりしても、自分で自分をそう思えなければ意味はない、ぐらいに思っています。



最後に、子供タイプについて少し書きます。


この本を読んで、あきらかに子供タイプだと思われる知り合い(男性)の顔が、何人も浮かびましたが、やっぱり魅力ある子供タイプには、愛情をそそいでくれる保護者の存在が必ずありますね。


でも、人格が成熟した魅力的な子供タイプになるのは、かなり難しいと思います。


実際に少ないですしね。


大人タイプなら、そこそこの人格でも、なんとか世の中で居場所が見つけられそうですが、同じようなそこそこの子供タイプは、けっこう苦労するんじゃないだろうか?


特に、大人になってからの生き辛さという意味では、子供タイプの方が大人タイプよりも、それを実感することが多い気がしますが、どうなんでしょうね。


人を愛するのは能動的な行為なので、(最終的に相手が受け入れてくれるか否かという問題はありますが)本人の意思と頑張りで何とかなりそうな気がしますが、人から愛されるのは受け身なので、かなり難易度が高いですしね。


ここらで結論らしきものでまとめておきます。


変えられない性格(気質)は、いかに受け入れ、よい方向に成長させるかが大切。


私も素直に自分の性格を認めて、より成熟したものにしていきたいと思います。


根拠のない自信を持ち、反省なんかしなくて、俺がルールだと思っていて、攻撃的で、おんぼろ傘に人を入れたがり、自分大好き人間で、しかも能力に関係なくリーダーになりたがる、愛のカタチAの私。


そんな私ですが、あえて言います。


あー、大人タイプに生まれて、よかった!









にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

四の五の言わずに・・・


KIMG0481.JPG KIMG0483.JPG


本日は名古屋駅近くの会場で、エンカウンター講座を開催しました。


何はともあれ、参加者皆さんのご協力により終了することができました。


ありがとうございました<(_ _)>


講座の出来不出来については、参加された方々が判断されることですが、私個人としては、思いきってやってみてよかったと思います。


上手くいった、成功だった、ということではありません。


頭であれこれ考えるより、実際に行動してみてわかったこと、気づいたことが、たくさんあったという意味です。


行動しなければ、失敗も成功もないのですから、まずやるべきことは行動です。


とにかく、今年の初めに立てた目標が一つ達成できました。




講座が終わった後、大急ぎで豊田市に戻り、自治区の会議に参加しました。


来月の大きな行事に向けて、こちらもいよいよ大詰めです。


今年は特に、やりたいこと、やらなければいけないことが、自分の中でごちゃごちゃしていますが、片っ端から片付けて行こうと思います。


とにかく四の五の言わずに、どんどん動けということです。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:20 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月10日(土)本日講座開催します


KIMG0412.JPG


おはよーございます(^O^)/


「第1回 おやじカウンセラーのエンカウンター講座」


本日開催です。


いまから名古屋へ向けて出発です!


準備万端


用意周到


備えあれば患いなし


ホントかなあ・・・(ーー;)


参加者の皆さんは気をつけてお越しください。


名古屋セブンスタービル6階、開場は9時45分です。


温かい飲み物とお菓子をご用意してお待ちします。


では<(_ _)>




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:51 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする