2017年07月30日

正しい日曜日


ここ最近の休日は、ほとんど用事が入っていたが


今日のように、何も予定がない日曜日は目覚めが良い 



KIMG0458.JPG



静けさと、うまい空気と、緑にかこまれたくて、愛車に跨って山へ行く 



KIMG0650.JPG



慌てなくていいから、転ばないようにゆっくり走ろう 



KIMG0645.JPG



夏の緑は色が濃いなあ 



KIMG0647.JPG



まだまだ走るぜ 



KIMG0298.JPG



いい感じにお腹が空いて、山の喫茶店で、うまい飯を腹いっぱい食べた


KIMG0651.JPG 



今日は正しい日曜日だったなあ・・・ 








日曜日は正しく過ごしましょう 







にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:25 | 愛知 ☁ | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒミツの花園


夏は鰻 


1489314897032.jpg


ですが、この夏はまだ食べておりません。








さて、本文へ・・・


小説の「秘密の花園」は、小学生の頃に毎月自宅配達してもらっていた、子供向けの文学全集で読みました。


別に裕福な家庭ではなかったけど、父親が読書家だったので、子供にも本を読む癖をつけたかったらしく、本だけはよく買ってくれたのだ。


秘密の花園 (福音館文庫 古典童話) -
秘密の花園 (福音館文庫 古典童話) -


内容はほとんど忘れたが、面白かったことは何となく覚えている。






人は誰も、他人から侵されたくない「ヒミツの花園」があると思う。


他人だけではなく、自分自身もその花園には簡単に立ち入れない。


なぜなら「ヒミツの花園」は、鋭いイバラの棘で囲まれていて、不用意に立ち入ると傷だらけになってしまうから。





カウンセリングを学ぶと、カウンセラー自身の自己洞察を深め、自己開示することを迫られる。


迫られなくてもその必要性を学ぶにつけ、心の奥にしまいこんでいた「ヒミツの花園」を思い出し、やはりそのままではいけないのか、と思うようになる。


カウンセラーを目指すなら、まずは自身がカウンセリングを受けろ、と言われる所以もそこにある。


しかし「ヒミツの花園」は、それなりの理由があって扉を閉ざしていたのだから、カウンセリングや心理学を学んだからといって、不用意に立ち入ると、酷い傷を負うこともあるだろう。


有能で信頼のおけるカウンセラーとともに、その扉を開けることができれば、大きな傷を負わずに済むのかもしれないが、それでも勇気がいることだ。。







実際のところはどうなんだろう。


人の心の問題は、何もかも解決しなければいけないのだろうか・・・?


「ヒミツの花園」に入らないことで、或いは心の片隅にしまっておくことで、平穏を得ているということもあると思う。


自分自身のことで言えば、出来ればそのまま扉を閉めておきたいような気がするが、それではカウンセラーとしては一人前にはなれないのだろうか。





何となく思い出した。


小説の「秘密の花園」は、荒れ果てた花園を主人公らが、それはそれは美しい花園に生まれ変わらせる話だった。


花園.jpg


たとえイバラの棘に傷ついても、こんな美しい花園が見られるのであれば、やはり勇気を出して扉を開けるべきなのか?




考えてもなかなか答えは出ないなあ・・・






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:00 | 愛知 ☁ | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ポンコツの味わい


岡崎市で女性専用「カウンセリングルーム杏」を開いている速水史子さんが、本を出版されました。



心理カウンセラーが贈る「幸せな結婚をするための38の問いかけ」 -
心理カウンセラーが贈る「幸せな結婚をするための38の問いかけ」 -


さっそくアマゾンで購入! 


これを読めば幸せな結婚ができる・・・?


もうずいぶん前に結婚しちゃってるけど、さらに幸せになれるってことだね🎵








前から気になっていたポンコツ車です。 


KIMG0633.JPG


通勤途中の、とある工場の脇に置いてあるのですが、数年前には一度だけエンジンをかけているところを見ました。


KIMG0635.JPG


なんだかもの凄い音がしていたな。 




私も年をとって随分ポンコツになりました。 


いえ、老いぼれるにはまだ早いと思っていますよ。


それでもね、若い頃のことを思うと、やっぱりポンコツおやじになりました。 




ただ、ポンコツはポンコツなりに、味わい深いものがあるような気もします。


KIMG0632.JPG


風景に自然に溶け込んでいて、必要以上に存在をアピールしないところなんか、いい味出していると思いません?


人間も年をとったらそうでなくっちゃね 🎵 





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

想定外の出来事


今日も暑かった〜 


今日も疲れた〜 




仕事から帰ってきたら、嫁の車のカーナビの調子が悪いと報告が・・・


そうこうしているうちに、冷蔵庫の調子も悪いことが発覚!


昨日、たくさん買い込んだアイスが無残に溶けかかっています・・・





カーナビは私が見てすぐに直りましたが、冷蔵庫の方は深刻な感じ。 (-_-;)


この時期に冷蔵庫なしでは暮らせません。


明日の朝、復活していなければ、即買い替えですね。


お金もかかりますが、それ以上に面倒なのが嫌です。




こんな出来事で気持ちが落ち着かなくなります。




vol08_koma[1].gif




バカボンのパパは立派だなあ 




今朝確認したら、冷蔵庫は何とか復旧!


でも買い替えは時間の問題ですねー








にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

仕事が嫌でしかたがなかった頃


過重労働による女性従業員の過労自殺が、大きな社会問題となった大手広告代理店「電通」が、週休3日制を含む労働環境改善の検討を始めたそうです。


関連ニュース⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000099-jij-bus_all


うーん、週休3日制かあ・・・


実現できれば素晴らしいことだけど、そんな簡単に仕事が減らせないでしょう。


休日出勤や、サービス残業をバンバンやっていた企業が、どうやって週休3日制の仕組みをつくるのか興味があるね。





仕事をするって、本当に難しいことだと思う。



生活のためにお金を得る。


自分の能力を発揮する。


自分の適正に向いた仕事をする。


組織内での人間関係をつくる。


能力を高めスキルアップをする。


良い評価を受ける。


仕事を通じて社会に貢献する。


社会的な信用を得る。


仕事そのものを楽しむ。



仕事をする目的は山ほどあるけど、出来れば仕事なんかしないで、遊んで暮らしたいっていう気持ちも正直ある。


私なんか若い頃、ホントに仕事が嫌だった。


もう嫌で嫌で、毎日会社に行くのが憂鬱でしかたなかった。


それでもせめて、給料泥棒と言われないようにしなきゃ、って思いだけで会社に行っていた。


けど、結局8年で限界が来て退職した。


理由は「仕事の内容がどうしても自分に合わなかった、向いていなかった」というのが一番だったけど、働くこと自体が嫌だったんだろうなあ・・・


あの頃は、本当に嫌だったんだけど、仕事のことだけじゃなくて、おそらく他にもいろんなことで生き辛さを抱えていたんだろうな。


とにかく全てにおいて、自分のことを「ダメなヤツ」としか思えなかった。



今でこそ、何とかまともらしく生きているけど、当時は自分の将来なんて真っ暗闇だと信じていたから、結婚して家族を背負うなんて、とても無理だと考えていたし、この先自分の人生は落ちて行くばかりだと思っていた。


何が変わったんだろう。


何も変わってないはずなのにね。



ぐうたらなダメ人間のくせに、運よくやってこれたんだよ、きっと。


だからもうそろそろ、本来のぐうたらに戻りたいなあ。



最近、そんなことを考えている自分がいて、ちょっと危ない予感がしている。



M1号.jpg

   ぐうたらな自分のイメージ画像






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:32 | 愛知 ☁ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティア活動


ご近所さんで、畑を借りて家庭菜園に勤しんでいる方が何人もいらっしゃいます。


KIMG0513.JPG


元々はサラリーマンだった方ばかりです。


何種類もの野菜を本格的に育てている方も多いです。


3年前に亡くなった父親は、そうしたことに全く興味がなかったようで、畑仕事どころか庭の草むしりをしたこともなかったと思います。



今年から自治会の活動に関わるようになりましたが、区内の公園や広場(4ヵ所あります)、周囲の遊歩道などの草刈りや花壇の手入れなどを、ボランティアの皆さんが一生懸命に取り組んでおられることがよくわかりました。


夏の暑いなか、朝早くから活動されている様子を見ると、本当に頭が下がります。 


活動費として多少の援助はあるようですが、ほとんどが用具や備品、花の苗などの必要経費で消えてしまい、時には持ち出しで賄うこともあるそうです。


奉仕の心を持ってそれを実践することは、誰にでもできることではありません。


地域活動は各種団体の役員の方など、表立って動く人だけでなく、目立たなくても一生懸命に汗を流して、地域の美化活動などのボランティアに取り組む人たちがいることで支えられているのです。


KIMG0281.JPG


生き甲斐を日々の生活の中で見つけることが、幸せというものかもしれません。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:00 | 愛知 ☁ | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

永遠のロッキー


ロッキーは私が大好きな映画のひとつです。


KIMG0625.JPG


この映画が公開された当時、私は高校生でした。


時の流れを感じずにはいられませんが、今でも観るたびに心に響きます。




それにしてもこの映画で主演デビューしたシルヴェスター・スタローンが、今でも第一線で活躍していることには驚きですね。


しかも当時以上の体形を維持しているのには、驚愕すると同時に、常日頃の節制と鍛錬の凄さを感じます。




昨日は持病(生活習慣病)の定期検査と診察のため、病院に行ってきました。


検査結果はやや悪くなっていましたが、これはここ最近の運動不足と食生活がもろに影響しています。


夏はどうしても運動不足になってしまうんですね。 (-_-;)


何もしなくても汗だけはもの凄くかきますが、運動しているわけではないので、食べた分だけ太ってしまう、という感じです。







私がロッキーを観るときは「 運動をしなければ! 」という気持ちの表れなのですね。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:00 | 愛知 ☁ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

仕事ができる人


今週はすっきりしない天気が続きそうですね



KIMG0631.JPG




仕事をしていて、いろんな方々と接する機会があります。


「この人仕事ができるなあ・・・」と感心することも少なくないです。


私が思う「できる人」とは、面倒で手間のかかる仕事にもしっかり取り組んで、最後まで投げ出すことなく、きちんと結果を出す人のこと。


そういう人は仕事の優先順位をつけるのがとても上手です。


私などはちょっと仕事が立て込んでくると、すぐにバタバタしてしまって、急ぎではないけど重要な仕事をどんどん後回しにしてしまいます。


忘れているわけではないので、頭の隅にずっと引っかかってはいるのですが、どうしても目先の仕事をこなすことを優先してしまうのです。


「時間がない、人手が足りない」などと言い訳してしまうこともありますが、実際には面倒な難しい仕事から逃げているのだと思います。


結果的に後になって困ることになるのです。


「できる人」は仕事から逃げません。


その人の仕事ぶりを見ていると、本当にそう感じます。


重要な仕事は必ず計画やスケジュールを立てて、着実に進めるようにしているので、時間はかかっても必ず結果を出すのです。


そして他人に要求すること以上に自分がしっかり動きます。


一緒に仕事をする若い人を育てるのも上手です。


やはりそういう人は、周囲からも信頼されていますね。


サラリーマンを長くやっていて、今の会社でもかなり年長者の立場になりましたが、年齢や経験とは関係なく「できる人」から教えられること、見習うことがたくさんあります。


大切なのは、自分が今抱えている面倒な仕事から逃げないように、覚悟を持って最後までやり遂げることしかありませんね。


機会があれば「できる人」と、仕事のことについて、一度ゆっくり話をしてみたいと思っています。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:30 | 愛知 ☁ | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

成長とは何か?


成長とは何か?



久しぶりに硬派なテーマです。




「成長」の定義はいろいろありますが、個人的にはこれが一番しっくりきました。



成長とは、なりたい自分に近づくこと




そうね、大人の成長とはこれだよね。


だから明確な目標を持つことが大切なんですね。



自分がどうなりたいか?


何がしたいか?


どこへ進みたいか?


何を手に入れたいか?


成長している人は、そこがはっきりしているんです。


やっぱり成長する人、成功する人は、目標がはっきりしています。




目標なんか無くて、なんとなくでも、なんとなく人生は送れます。


私なんか本当にそう。


でもなんとなく生きていると、常に焦りがあるんです。 (-_-;)




このままでいいのか?




今の自分に甘んじていても、心のどこかで成長したいという気持ちがあるということなのです。


ときに人は、成長している人に対して、尊敬、羨望、妬みなどが入り混じった、とても複雑な感情を持つことがあります。


それは自分自身が成長していないことを強く実感した時です。




成長する方向も結果的に得られるものも、人それぞれ違います。


自分なりの成長を目指せばいいし、そうでなければいけないと思います。




成長とは、なりたい自分に近づくこと




成長への第一歩は、まずは自分自身に対して、とことん問いかけることなのですね。





yjimage[1].jpg  yjimage[1].jpg
ちなみに、セミ人間が成長すると、バルタン星人になります! ウソ(-_-)



ついついくだらない落ちをつけてしまうのが私の癖なのです。 <(_ _)>






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:30 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お節介な人々に告ぐ


何か美味しいものあるの?


KIMG0620.JPG


あるよ、ちょっとだけだよ 






この本を読むたびに、自分の事をより深く知ることができ、新しい発見があります。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


自分自身を知ることは、幸せになるために最も必要なことなのですね。







さて、大人タイプで、エニアグラムのタイプ2である私は、どうやらお節介を焼きたがる素養があるらしいので、そのあたりは気をつけなければいけません。




といっても、お節介な人は決して悪人ではないのです。


とにかく、良かれと思って善意でお節介を焼くんです。


またお節介というものは、犯罪ではない。


相手にとって、良いことをしてあげるのだから、犯罪のわけがない。


ただ、これだけは心しておかなければいけないことがあります。




お節介な人はほぼ間違いなく嫌われる (-.-)






悪い人ではないよね。


善意からの行動だよね。


相手に良かれと思っているよね。


それはわかっているけど・・・


嫌われる覚悟がなければ、頼まれもしない人の世話など焼かない方がいいのです。


yjimage[1].jpg


どうしても焼きたければ、ナスを焼けと言いたい!






そもそも家族や身内ならともかく、赤の他人の世話を、頼まれもしないのに、仕事でもないのに、勝手に焼こうなどということは、ごくまれに感謝されることもあるが、ほとんどの場合は、ありがた迷惑としか思われないのだ。


もう一度言っておくが、お節介な人が悪い人なのではない。


余計なお節介さえ焼かなければ、きっと優しい温かい人なのだろう。


それでもお節介を焼いた途端に、かなりの確率で嫌われることになる。


優しくて心が温かくて善意の人でも、その行動次第で嫌われることがあるのです。







ここからは小さめな文字で・・・


深く考える前に行動する人

深く考える前に言葉に出す人

物語や小説に親しまない人

幅広いジャンルの映画を観ない人

みんな本当は良い人だと信じる人

腹を割った付き合いこそ本物だと思う人

助けてあげるのが好きな人

人は必ず信じあえると信じる人

価値観の違う人と上手く関係を築けない人

群れやグループが好きな人

他人とは親しくなるべきだと思う人

いつかきっとわかってくれる、と信じる人

正しいことは必ず正しいと思う人

良いことをすることが悪いわけがないと思っている人

自分のしたことはお節介かもしれないが、相手のためを思ってのことだと、正当化する人

人に嫌われてまで、人の世話を焼いてしまう自分の心の裏に、なにか自分自身の問題があるのではないだろうか?という内観、内省に心およばない人



上記の人すべてがお節介な人とは言いませんが、自分の行動には自分の問題が大きく影響していることは間違いないと思います。


こちらからお節介を焼いて面倒がられるよりも、相手が本当に困ったときに、自然と自分の顔を思い浮かべてもらえるようになりたいものですね。





ただ最後に少し書いておきますが、お節介についてはされる側のタイプ(性格)も関係します。


世のなかには、相手が多少お節介な人でも、面倒をみられたり、世話を焼かれるのがあまり苦にならない人もいると思いますが、そういうのがどうにもこうにも嫌な人がいるのです。


やはり人と人との関係は、一筋縄ではいかないものなのです。







にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:09 | 愛知 ☁ | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする