2019年04月06日

子供のように生きよう

KIMG1977.JPG

浄土 (講談社文庫)
浄土 (講談社文庫)

なんか面白そうだなと思ってついアマゾンでポチリ。

う〜ん・・・バカバカしすぎて面白いかどうかもわからない。

でも芥川賞作家なのだ町田康は。

それにしても本を読むのが遅くなった。遅いうえになかなか本の世界に入り込めない。

映画はまだまだそれなりに観ているが、

年とともに好奇心やら感性やら遊び心やらが、

ぼんやり生きているとどんどんなくなってしまう気がする。

そう考えるとなんだかちょっと怖い。

永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。

これはガンジーの有名な言葉だとされているけど、実際にはガンジーが生まれる前には知られていた言葉らしい。

誰が言ったにせよ、文句のつけようがない人生の指針だ、金言だ。

モノにせよ、お金にせよ、知識にせよ、人間関係にせよ、

歳を取るほどに、今あるモノ、古いもの、既に掴んでいるものに執着してしまう。

新しく何かを得ようとするならば、やはり何かを手放さなければいけないのだ。

何でもかんでも捨ててしまえ、手放してしまえということではない。

誰にも大切な、絶対に忘れられない思い出はあるものだから。

でも、今あるなにかに執着するあまり、もっと大切な明日や未来に目を向けなくなってしまう。

楽しかった過去、辛かった過去、忘れたい過去、思い出に残る過去・・・

どれもが大切な自分の人生の一齣だけど、私たちはまだ生きているのだ。

どこやらの婆さんが、あれもこれもとモノを溜め込むようになるのは、もう自分に未来はないと信じているからだろう。

菓子折の包み紙一枚捨ててしまえば、もう新しい何かは手に入らないという。

しかしどうやったってあの世にはちり紙一枚持っていけないのだ。

婆も爺もおやじも若者も関係ない。

それほど人の一生なんて空しく儚いもの。

2014_0403_195301-P1000953.JPG

散る桜 残る桜も 散る桜


ここ最近、花見ばかりしていたら、なぜか気持ちがネガティブに向かってしまったようだ。

満開の桜のもとで記念写真のポーズをとるランドセルを背負ったピカピカの一年生。

いやいや負けないぞ、こっちだって頭だけはピカピカだ。

よおし俺だって子供のように生きるのだ 

まずはこのバカバカしくも面白い本をさっさと読み終えて、誰かにあげてしまおう!

次に読む本は明日届くのだよ。ふふふ (゚Д゚)ノ






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:52 | 愛知 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

散る桜、昭和は遠くなりにけり

2013_0330_171106-P1000577.JPG

散るどころか、まだまだ満開にもならない今年の桜。

そんな今春に新元号の発表がありました。

20190403-00120722-roupeiro-000-21-view[1].jpg

うーん・・・まだピンときませんが、昭和生まれだし、亡くなった母の名前が和子だったので、の文字には愛着を感じますね。

昭和35年2月15日に兵庫県西宮市で生まれた私は、次期天皇に即位される浩宮殿下とは誕生日が8日違いの同い年です。
                                          
EffectPlus_20190403_205106.jpg

兵庫県で暮らしていた幼い頃の私です。

なんだか貧乏な家の子みたいですが、当時はみんなこんなもんです。

それに自慢じゃありませんが、めっちゃ可愛いと近所でも評判の子供だったんです。現在との落差が凄すぎて笑えますけどね。\(-o-)/

そんな私の人生も、平成時代が昭和よりも長くなりました。

でも正直言って、平成という時代はいまひとつしっくりしないまま、それほどの思い入れもないまま、バタバタと過ぎ去ったという印象が強いです。

やはり私にとって昭和は特別なのです。

例えて言えば昭和は幼馴染の親友平成は単なる仕事上の付き合いって感じかなあ。あんまりいい例えになってませんね(-_-;)

私が生きてきた昭和という時代は、まだまだお金やモノには恵まれていなくて貧乏な家もあったと思うけど、真面目に生きていれば暮らしていけるような仕事もたくさんあったし、多くの人が家庭を持って身の丈に合う生活をすることが普通に出来た時代だと思います。

努力や頑張りがそれなりに報われた時代が昭和でした。

戦争体験のあるもっと上の世代は、複雑な違う思いがあるでしょうけどね。

24時間営業の便利なコンビニなんてなくても、ちょっと怪しげなオババが店番をする魅力たっぷりな駄菓子屋があったし、テレビでは大人も子供もごっちゃになって楽しめる番組をやっていました。

パソコンも携帯もスマホもテレビゲームも液晶テレビもネットもSNSも、エアコンやマイカーもない家庭が多く、ないないづくしだったけど、全然不便だとも退屈だとも思わなかった。

もちろんいいことばかりではなくて、公害問題や学生運動、過激派・テロ組織の大きな事件が続いたのも昭和の出来事。

やっぱり昭和というのは、皆が汗と涙と時には血を流した激動の時代だったんだなあ。

高度成長とその後のバブルに浮かれて、あげくの果てにバブル崩壊するまでの、けっこう美味しいところを生きられた私たちは恵まれた世代だったのでしょう。

平成時代はそんな昭和のツケを払わされた、ある意味で不遇の時代だったと思います。

さて来月からはいよいよ新しい時代の始まりです。

まだまだ世の中にはいろんなツケが残っていますが、そこは昭和世代の私たちがしっかり自分のケツは自分で拭いて(汚い例えでスミマセン)、次の世代にバトンタッチする責任があります。

しかも次期天皇の徳仁親王は、私たち同世代のサラリーマンが、そろそろ定年を迎えてのんびり暮らそうか、などと思っているこれから、天皇としての重責を担うことになるのです。

それが宿命とはいえ本当に大変なことだと思います。

それでも「令和」の時代を生きる子供や若者たちが、いつか自分の人生を振り返ったときに、いい時代を生きられて幸せだったと思えるような、そんな時代の象徴になってもらいたいです。

KIMG0273.JPG

そんなことを考えながら、平成最後の満開の桜をなんとしても見ておかねばと思う私です。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:19 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

凸凹でマニアックで魅力的な人々

2014_0403_195119-P1000950.JPG

人気のない静かな公園で、夜桜を眺めながらお酒が飲みたいと思う私です。

でもさすがに一人では寂しいし、なによりも怪しすぎるなあ。(^^;


さて本題へ入りますが、今日のお話は超個人的な主観で書いています。

サヴァン症候群の天才と言われた画家の山下清は、驚異的な映像記憶力の持ち主だったそうです。

d8[1].jpg

旅先で見た風景を写真やスケッチに残すことなく、その記憶力だけで緻密な貼り絵に再現したのです。

しかしそんな天才的能力の持ち主でありながら、軽度の知的障害でもあり、その凸凹さが山下清の魅力だったとも言えるのでしょう。

彼のような天才は別格としても、世の中には凸凹でアンバランスな人たちがけっこういますね。

しかも私のような平々凡々とした人間からすると、なかなか魅力的で興味深い人が多いです。

凸凹な人たちに共通することは

限定的でマニアックな分野へのこだわりやのめり込み。

オリジナルなセンス、繊細で鋭い感性。

マイワールドと並外れた集中力を持っている。

ひとことで言えば「確固たる自分」があるのです。

ただこんな人たちは変わり者と言われることも多く、人に合わせることが苦手で思ったことがすぐに顔や態度に出るタイプ。

横並びや協調性を重視する日本の社会では確かに苦労しそうです。

なによりも普通?の人たちは「自分を殺す」ことで我慢して生きているので「自分を譲らない(譲れない)」人が羨ましくって仕方ないんでしょうね。

そんな凡人たちの妬みや嫉みに負けないように、堂々と凸凹の道を貫いてもらいたいものです。

KIMG1097.JPG

「人と違う自分」を持つことは

それだけで素晴らしい才能なんですから🎵





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:10 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

寒い春の日にカブツーリングで大正村を訪れる

KIMG1998.JPG

昨日の日曜日ホンダシングル専門店・ニュートラルさん主催のカブツーリングに参加して、岐阜県恵那市の大正村に行ってきました。

KIMG2009.JPG KIMG2008.JPG

今回は、カブ系バイクばかりのツーリング。

新・旧カブはもちろんCT110(ハンターカブ)、クロスカブ、リトルカブなど10台以上のカブ主さんたちが集まりました。

KIMG2011.JPG

しかしこの日は寒の戻りが凄くて寒い寒い(*_*;

おまけに途中であられまじりの雨まで降ってくる始末。

完全装備で来なかったことを後悔しましたが、その後は時おり青空ものぞき楽しいツーリングとなりました。

しかしカブ主さんはベテランライダーの方が多いようで、さすがに皆さん走り慣れていますね。

アップダウンの山道をすいすいと曲がっていきます。

先頭の女性スタッフさんの70ccカブも、驚くほど力強い走りで先導してくれました。

KIMG2012.JPG

長年バイクに乗っているので、ソロや仲間とのツーリングは随分行きました。

しかしバイクショップ主催のツーリングに参加したのは今回が初めてです。

落ち着いた大人のツーリングといった雰囲気でとてもよかったです🎵

次回は秋に予定されているようなので、ぜひまた参加させてもらいたいと思います。

ニュートラルさんのツーリンクレポートはこちらです。
⇒ 第一回カブツーリング〜大正村〜


最後におまけとして昭和の写真を一枚貼っておきます(笑)

KIMG1808.JPG




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:41 | 愛知 ☁ | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不健康で丈夫な身体

KIMG1979.JPG

3月は体調がすっきりせず、休日もおとなしくしていることが多い月でした。

そんななか、トヨタグランドキャプテン・マーベルを観に行きましたが観客は4人だけ。4月14日に閉館が決まっているそうですがこれではしかたないのかなあ・・・



もう体調はすっかり良くなって、先日は花見がてら15qほどの距離を3時間以上かけて歩いてきました。

KIMG1991.JPG

桜は残念ながら満開にはまだまだという感じでしたけどね。

ところで最近、友人や知人があちこち身体の調子を崩したり、入院したり、手術したりという話をよく聞きます。

私もけっして健康な身体ではなく、メタボどころか完全な肥満体で軽い生活習慣病のため毎日薬を一粒飲んでいます。

病院は大嫌いですが、毎年のがん検診と腹部エコー検査は欠かさず、良性ポリープの経過観察をしています。ついでに歯医者も定期的に通っています。

ただ、不思議なことに体調が悪くなることはあまりなく、もう何年も熱を出したことはありません。

頭痛や肩こりとはほとんど無縁。少々食べ過ぎたり飲み過ぎても胃が痛くなったりお腹を壊すこともありません。

夜も寝つきがすこぶる良く、朝方トイレに起きるまではぐっすりです。

不健康だけれども丈夫な身体。

これが私なのでしょう。

もちろん長年の不摂生のつけは必ず来ると思っています。それに普段から痛いとかかゆいとか調子が悪いとかがあまりないだけに、少し具合が悪くなるととても弱いです。

これからどんどん歳を重ねると、いつまでも元気はつらつという訳にはいかないでしょう。丈夫な身体に甘えることなく、生活改善と体のケアをしっかりやらないと。

KIMG1987.JPG

そう思いつつもなかなか実行できないのが情けないのですが・・・(´;ω;`)ウゥゥ




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

暗い場所と独りが好きなわけ

KIMG1969.JPG

ずいぶん陽が長くなったと感じる今日この頃。


明るいのはいいことですが、実は暗いところも好きな私です。


夜、家族が寝静まるとリビングの照明を消し、風呂で湯船につかるときも灯りを消します。

なのに嫁は毎晩寝床でテレビをつけながら眠りにつくタイプ。

そんなことをしているから嫁はなかなか寝られないのです。

私は寝床に入れば5分で熟睡します。


先日は映画館で続けて2本の映画を観ました。



ひとつは年老いた男と家族愛の話。



もうひとつは黒人とイタリア系アメリカ人の人種を越えた友情の話。

どちらもお金を払って映画館で観るだけの価値がある映画でした。


映画館で映画を観るのとDVDを家で鑑賞するのは似て異なります。

大きなスクリーンと暗い館内。

誰も話しかけてこないし、余計な邪魔も入りません。

最近は映画を観る人のマナーも本当に良くなったしね。

家でDVDを観るよりも車の中で観るほうがまだ集中できます。


暗くて静かな場所で独りでいることが好きなのは、子宮回帰の本能なのか、脳が疲れているのか、昼間の活動と夜の休息のメリハリをつけたいのか・・・


暗い場所は不安を感じやすいという人もいますが、私の場合は心の安息を感じる方が大きいようです。


昔の喫茶店はどことなく薄暗い感じでしたが、最近はどこも明るすぎて落ち着きません。

できれば穴倉のようなお店で、蝋燭の灯りで静かに本が読めるような喫茶店はないものでしょうか。

そんなお店があれば、きっと常連になると思います。


私が暗い場所を求めるのは、もしかしたら気持ちのどこかで、いつも人の目を気にしているからかも知れませんね。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:05 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

新しい環境に適応することと自分らしさ

KIMG1084.JPG

春は卒業、進学、就職など、門出の季節です。

誰もが新しいスタートに期待と不安を胸に抱いていることでしょう。

環境が変われば人間関係も生活も大きく変化し、それに応じて自分自身も否応なしに変化することを求められます。

これを適応といいます。

環境の変化は様々で、適応能力も個人差が大きく、上手く適応できる人もいれば不適応を起こしてしまう人もいます。

さらには個人の限界を超えた過剰適応をしてしまう場合も、ある意味で不適応と言えるでしょう。

KIMG1929.JPG

いつでもどこでも自然体で生きられるほど、世の中はゆとりも包容力もありません。

皆どこかしら無理をして自分を環境に合わせているのが現実です。

それが成長につながる場合も少なくないでしょう。

だからといって自分自身を見失うような過剰適応は、生きる意味まで失ってしまいます。

「がんばらなくてはいけない」だけでなく「たのしくなければいけない」も同様です。

過剰適応でも不適応でもない、適度な適応とはどういうものなのか・・・

その答えを知る近道は、自分を正しく知ることしかないように思います。

自然体で自分らしく生きることは簡単ではありません。

しかし、そもそも自分らしさ自然な自分がわかっていなければ、自分が進みたい道も見えてきません。

KIMG1901.JPG

新しい環境にチャレンジすることは、自分自身をより深く知るチャンスなのかもしれませんね。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:38 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

私と仲間

KIMG1949.JPG

最近の週末休みは3週連続で花見に出かけている。
桜ではなく梅の花見なのだ

2月下旬の岩津天満宮の梅園はまだ蕾が多かったが、先週の王滝渓谷の梅は山歩きを兼ねて存分に満喫した。
そして今日は新城市の「川売の里」を訪れた。

KIMG1943.JPG

はっきり言ってここは別格だった。
なにしろ山間の集落が丸ごと梅園になっていて、まさに現代の桃源郷なのだ。

KIMG1958.JPG KIMG1946.JPG

梅園の中に集落があり、小さな出店では手作りの漬物や五平餅、味噌おでんなどを売っている。

KIMG1955.JPG KIMG1968.JPG

もちろん私は大粒の梅干しを土産に買い求めたがこれがまた絶品!
変に甘口の梅ではなく、しっかりと酸味と塩辛さのある昔ながらの梅干しが私の好み🎵

KIMG1944.JPG

奥三河方面はバイクツーリングやドライブで頻繁に出かけるが、本当に自然が素晴らしく風光明媚なところが多い。

広い梅園(ホントに広い)をのんびり歩いた後は少し離れた温泉に寄って、これまたのんびり湯に浸かり日頃の疲れを癒した。


それにしても最近・・・というか去年からずっと、本当によく遊んでいる。
先日は小学校からのながーい付き合いの友人と,久しぶりにゆっくりお茶を飲んだ。

KIMG1934.JPG KIMG1936.JPG

といっても喫茶店ではなく近くの河原にジムニーで出かけて、ガソリンバーナーでお湯を沸かしてちょっとしたプチキャンプ気分。
そしてなぜだか一心不乱に石ころを積み上げている友人(笑)

ここ最近は昔よく遊んだ友人や仲間たちと、また少しずつ顔を合わす機会が増えてきている。
もう鬼籍に入ってしまった友人もいるがお互いが元気なうちにいろんな話をしておきたいと思う。

古い友人、新しい友人、仕事仲間、遊び仲間、勉強仲間・・・。

私の人生は友人や仲間に恵まれているなあ・・・。

本当に心からそう思う。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:43 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

エゴグラムを侮るなかれ

KIMG1063.JPG


今日は名古屋で竹内成彦先生のカウンセリング勉強会に参加してきました。

テーマは「性格の創られ方、その1・ 精神分析の性格形成論」と何やら難解でハードルが高そうですが、とてもわかりやすく、少人数講座ならではの和気あいあいとした雰囲気で、楽しく学ぶことができました。

今回はエゴグラム性格診断を実際に体験しましたが、やはりと言うか本人も納得の結果となりました。

私の場合NP(養育的な親・優しさ・お母さん度)が高いのは普段の性格そのままなのですが、逆にFC(天真爛漫な子供・素直な感情表現・やんちゃ度)が最も低いという結果になりました。

自分で言うのもアレですが、本来の私は良く言えばおとなしく物静かで慎重ないい子。悪くいえば感情を抑え、抑圧が強く我慢していて意欲に乏しいタイプなのです。

これって子供時代の(特に小学校の低学年までの)自分そのまんまです。

lif1804220004-p1[1].jpg

普段はあまり表には出ない(出さない)ですが、今の自分にも多分にそういうところは残っています。事実こうしてエゴグラムの結果として出ているわけですからね。

ちなみにFCが低い場合のアドバイスは「気持ちを押え込まないように、気分を表現してみる。意識して陽気に振舞って気持ちを引き立てましょう。」だそうです。

ちょっと笑えますが、私がやたらとお気楽な発言をしたり、積極的に遊びを楽しんだり、細かいことを気にしないような振る舞いをするのも、実際は真逆のタイプであり、そんな自分に悩み苦しみ、なんとか自分を変えたいという気持ちの裏返しなのでしょうね。

これはもうその通りで自分でもよくわかっていて、ずっと意識して生きてきました。

では普段の自分は全くの演技で自分らしくないかと言うとそんなことはなくて、全てをひっくるめて裏も表も内も外も自分らしく生きていると、今ではそう思っています。

「ちょっと笑える」と言ったのは、エゴグラムなかなかやるなあ・・・と思ったから。(笑)

この勉強会はこの春以降も定期的に開催されるそうなので楽しみです🎵



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:54 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

春は喜びの季節です🎵

今日は寒さも穏やかで少しだけ春を感じた一日でしたね。

KIMG1886.JPG

毎月第3土曜日は、勤め先の味噌屋で手づくり五平餅の販売日。味噌屋であって五平餅屋ではないのですが、弊社は「とよた五平餅学会」の事務局なのです。

KIMG1894.JPG

月イチの自社販売以外にも、各種イベントでの出張販売や地元の学校で五平餅の体験学習会なども開催しています。味噌屋なので味噌ダレはケチらずたっぷりが当社のこだわり。おかげ様で毎回限定の420本余りが午後3時前には必ず売り切れてしまいます。

KIMG1895.JPG
☆お味噌とお砂糖、隠し味の生姜だけの素朴で甘口の五平餅です。


せっかくなのでと思い私のFBに投稿したところ、友人が瀬戸市から来てくれるとのこと。ところが今日はいつも以上に売れ行きが良く、昼過ぎには8割方が売れてしまい「売り切れてしまったらどうしよう・・・(-_-;)」と心配していましたが、残りあと8本という絶妙のタイミングで友人家族到着!!!

私の日頃の行いが良かったのか?いやいやそれは友人ご家族のほうですね🎵遠くからわざわざありがとうございました。

友人とはかつて同じ職場で仕事も遊びも思いっきり(私の場合、仕事は程々に)頑張った仲なのです。というか私が1年後輩で友人が先輩なのですが、年は私が3つ上なので、仕事では私が後輩、遊びは私が先輩という感じでした。(笑)

奥様とは初対面でしたがFBでは以前からお友達だったので、お写真ではいつも拝見しており、投稿やコメントの文章から受けていた印象そのままの優しく温かい雰囲気で、全く初対面の感じがしませんでした。

素直な気持ちで書く本音の文章は、その人の人となりが表れるのでしょうね。

久しぶりの友人との語らいも楽しく、なんとなく暖かさを感じた気候も相まって、とっても嬉しい一日となりました。

KIMG1887.JPG

やっぱり春は喜びの季節ですね



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:01 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする