2018年03月03日

リーダーとサブリーダー

寒さに強い私も、さすがにこの冬は寒い寒いと思っていたら、

気がつくと春がやってきました。


KIMG1063.JPG


昨年の4月から始まった自治会の役員活動も、明日の総会でようやくひと区切り。

今回は副会長を担当したのだけど、まあ、いろいろすったもんだがありました。

なにぶん340世帯あまりの大所帯なんで、いろんな人がいるもんです。

もちろん立派な人、尊敬できる人、お世話になった人も含めてね。


で、今回の副会長という立場、けっこう好きなんです。

2年ほど前まで関わっていたボランティア団体でも、副会長時代が長くて

最後に3〜4年かな?会長をやったけど、どうもしっくりきませんでした。


そもそもリーダーになりたいとか、向いてるとか思ったことが無い。

仕事でも現場リーダーをやってるけど、

まあサラリーマンは、やれと言われれば簡単には断れないから

仕事だと割り切って役割を果たすしかないという気持ちでやっている。

役割意識はそれなりに強いんで、

時にはビシビシ指示を出したり、必要なら厳しい指導もするけれど

本当はリーダーよりサブリーダー的な立場が向いてる気がする。


大きな組織や企業だと、それぞれの役割や立場ががっちり決まってるけど

小さな組織や任意のグループの場合、そういうのがけっこうあやふやだから

調整役だったり緩衝材的な役割がいると、なにかとまとまりやすいと思う。


逆にサブリーダーがリーダーに反発したり

リーダー側に付き過ぎて、他のメンバーと距離が空くと

だいたいトラブルに発展することが多いね。


今回の自治会活動でも、私の他にもう一人副会長がいたんだけど

その方がそういうタイプだったので、何かとギクシャクがありましたからね。


そう考えるとサブの役目って

リーダーとメンバー両方から信頼されるってことが重要だから

どちらの言い分もよく聞かないといけないし

どちらの立場も尊重したうえで、落としどころを見つける役割なんだな。


極論を言えば、リーダーとメンバー両方をコントロールできるのが

サブリーダーなのかもしれない。


うん、きっとそうだ。


だからコントロール欲求の強いタイプ(性格)には

一粒で2度美味しい(全体をコントロールできる)うってつけのポジションなんだ。


ただね、調子に乗ってあまりにも策に走り過ぎると

全員からの信頼をなくしてしまうから気をつけないとね。


最後にものを言うのはやっぱり人柄ですよ。(-_-)

その点、今期の自治会長さんは、とても尊敬できる人だったので、

私も誠心誠意、全力でサポートいたしました。<(_ _)>


ちなみに私が思う理想のリーダー像は「次郎物語」に出てくるこの言葉です。

次郎物語(全) -
次郎物語(全) -


白鳥蘆花に入る



その意味は・・・

あるとき白鳥が一面の白い蘆の花のなかに静かに降りた。白い花のなかに白い鳥であるから、それが降りたことが、周辺にもほとんど分からない。にもかかわらずあの大きな羽がふわっとくるから、周辺の蘆は静かに揺れる。つまり白鳥は目立たないけれども確実に周辺に影響を与えていく、人間についてもそういったあり方が望ましいのだ。


う〜ん、目指すところは遠いなあ・・・






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:38 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

竹内先生の読書会で自分を知る


今日は久しぶりにカウンセリング関係の勉強会に参加しました。

凄く楽しみにしていた講座(読書会)だったので

ここ最近の公私のバタバタやゴタゴタはひとまず忘れて

半日たっぷりと学んできました。


うん、やっぱり竹内先生の性格講座は面白い。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -

初めての読書会だったけど、コスパ高過ぎですね。


グループ討議も、いろんな性格、タイプの人がいて

本の内容をそのまま実体験として感じられてとてもよかった。


タイプ2の私は、ついついというか、思わずというか、なりゆきでというか

結局、場を仕切ってしまったんだけど、

無理して自分の性格を抑えるより

どれだけ良い雰囲気をつくれるか

グループの仲間がリラックスできるか

そこを大切にしながら、自分のキャラクターを生かす方が自然なんだな。

って、今日の読書会を体験してそう思いました。


人は誰もが自分の性格に、不満や引け目や嫌なところを見つけてしまいがちです。

そしてそれを変えたい、変わりたい、と言うけど

まずは自分(の性格)をしっかり知って、

せっかく持っている自分(の性格)を、より良く生かすことが大切だと思う。


KIMG1024.JPG


他人とは縁を切れても、自分と縁を切ることは出来ないからね。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:15 | 愛知 ☁ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「艱難汝を玉にす」ってホント?


あたし、最近とても思うんです。

一難去ってまた一難って、ホントに本当だなって。

わんこ蕎麦のおかわりみたいに、一難がまだ去っていないのに

もう次の一難が来ちゃったりして

「もう勘弁してちょうだいって」感じなんです。


yjimageQLHEEXS5.jpg


わんこ蕎麦は食べたことないけど、きっとそうだと思うんです。


「艱難汝を玉にす」ってことわざもあるけど、ホントかなぁ・・・

ホントだったらあたしなんか、

もうつるっつるでピッカピカのタマタマになってるはず。

でも、あたしの頭はつるっつるのピッカピカなんですよ。

なんだか恥ずかしい・・・(*ノωノ)


でもね、あの水戸コーモンさまも、

「人生楽ありゃ苦もあるさー」って言ってるから

苦の後にはちゃんと楽があるのかなー、なんて

ちょっぴり期待で胸を膨らませる自分もいるんです🎵


立て続けにやってきた艱難も、どうやら収まりつつあるし

だいたいこんなふざけた記事を書いてるってことは

結局のところ、あたしってシアワセなのかなって・・・。


もうそこまで来ている春の訪れのようにね。



この文章は宇能鴻一郎の文体をマネてみたものですから

気持ち悪いとか思ったらごめんなさいね🙇




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:20 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

おやじのジムニー工房


昨年の暮れに、愛車ジムニーJA11のショックアブソーバーを交換しました。


KIMG0972.JPG


愛車はJA11(旧型)の最終型ながら、製造から既に20年以上経過した車なので、いわゆるサスが抜けてスッカスカの状態です。


しかも頑丈さだけが取り柄のリーフスプリング(板バネ)なので、最近は乗るたびに船酔いしそうな揺れと振動に悩まされていました。


車検を機に交換してもらおうかと車屋に見積もりをしてもらうと、メーカー純正部品が一台分で4万円近く、さらに工賃は2万円弱と、けっこうなお金がかかります。


それならば自分でやってしまおうとネットで調べてみると、ジムニー乗りはモノ好きが多いだけに、役に立ちそうな情報がわんさか。


さっそくノーマルジムニー向けのショックを1台分2万円で購入しました。


KYB製 GAS-A-JUST ショックアブソーバー・1台分セット(スズキ・ジムニー SJ30〜JA11) - 4WD・SUV専門店ワイルドグース
KYB製 GAS-A-JUST ショックアブソーバー・1台分セット(スズキ・ジムニー SJ30〜JA11) - 4WD・SUV専門店ワイルドグース


その勢いでガレージジャッキをヤフオクで落札し、ジャッキスタンド(通称ウマ)、トルクレンチを勤め先の後輩から借用して準備は万端 


KIMG0976.JPG


暮れの連休初日に交換作業を開始し、約半日で無事に終了しました。


お金も節約できましたが、それよりも自分で交換できた満足感がありますね。


下の黒いやつが純正サスですが、手でグイッと力を入れるだけですんなり縮み、そのまま伸びてきません。


KIMG0979.JPG



かたや銀色の新品サスは、私が体重をかけてようやく縮み、ちょっとでも力を抜くとぐいぐい伸びてきます。


これでは最悪の乗り心地だったのも当たり前ですね。


作業のコツなんてものは、素人の私では上手く説明できませんが、ポイントとしては・・・


@ジムニーなら最低でも揚力が2t以上の油圧ガレージジャッキが必要かな?くれぐれも車載ジャッキなんかで作業しないように!


Aジャッキスタンド2基、輪止めでしっかり車を固定しないと、大変危険です!


B交換時は面倒でもタイヤを外しましょう。特に後輪は作業スペース確保のため必ず外す。


Cネジを締めるときはトルクレンチで適正な締め付けを!


あとは、リアの交換はブレーキワイヤーが邪魔をするので、サイドブレーキを緩めた方が作業しやすいのですが、ジャッキと輪止めで車が絶対に動かないようにしてくださいね。


KIMG0983.JPG


まあ、動画を含めてネットには詳しい情報がたくさんありますから、納得がいくまで下調べをしておくことです。


足回りの大事な部品ですし、それなりの工具も必要ですから、作業に自信が無い人、車いじりを全くしたことが無い人は、ちゃんとしたプロにお願いしたほうが無難ですね。


で、交換後の乗り心地を確認がてら、同じジムニー乗りのUくんと、三河湖外周林道に焚き火ツーリングに出かけました。


KIMG1037.JPG


いやー、新品サスは違いますねー🎵


まるで別物のような乗り心地と、コーナーリングの踏ん張りは感動ものです。


KIMG1039.JPG


Uくん持参の焚き火台で暖をとりながら、しばしのジムニー談議に花を咲かせ、幸せなひとときを過ごしました。 


KIMG1032.JPG


昔、若いときに自動車メーカー勤めをしていた頃は、メカ相手の仕事がどうしても好きになれずに、結局退職してしまった私ですが、今ではこうして車いじりを楽しんでいます。


KIMG1030.JPG


少しだけ残念なのは、この車が私のではなく長男の車だということ。


今年中には県外に持っていく予定らしいので、ジムニーで楽しめるのもそれまでの間だけ。


欲しいなー、マイジムニー・・・ 




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:41 | 愛知 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

バカの大足マヌケの小足


「バカの大足マヌケの小足」という言葉がある。


特にことわざとしての意味はないように思えるが、典型的な村社会であった日本では、普通であること、並みであること、一律であることが良しとされていたからという説もあり、たしかに然もありなんという気がする。


去年の暮れに、ふと思い立って靴を洗った。


一、二足だけのつもりが結局手持ちのスニーカーとジョギングシューズをほとんど洗ってしまった。


スニーカーは全部ニューバランスで、ジョギングシューズはアシックスとミズノ。


KIMG1027.JPG


こうして玄関に並べて干してみると、なかなかどうして、プロレス団体の合宿所ぐらいの迫力がある。


比較対象が無いのでわかり難いが、私の靴はデカいのだ!


どんだけデカいかというと、30cmなのだ 


ちなみに若い頃は28cmが履けていたが、年とともに体重が増え、その結果30cmになってしまったのだ。


今どきは28cmぐらいのサイズは珍しくないので、普通の靴屋でもそれなりの品揃えがあるが、さすがに30cmとなると、普通の日本人としては規格外。


それでも今はネットで大きい靴専門店などから買えるので、それほど困らない。


まったくもって便利な世の中になったものだ。


そんな「バカの大足」を体現する私だが、相方(嫁)は逆に足が小さい。


マヌケの小足というわけ。


もちろん足だけではなく全体が小さくて、元モー娘の矢口真里ぐらいの背丈だ。


KIMG1060.JPG


そんなバカとマヌケの靴を並べるとこんな感じになる。


この靴は22cmだけど、本当はもうちょっと小さめがぴったりらしいが、それだと子供用になってしまう。


嫁のサイズも普通の靴屋ではなかなかないので、専らネット通販で買っている。


まあどっちもどっちなのだが、自分としてはバカの大足の方が多少はマシなのではないかと思っている。


例えば夜中に泥棒が入ったとして、バカみたいなデカい靴があれば退散するかもしれない。


もしかしたら魔除けにもなる気がする。


仔猫が中に入ってくつろぐこともきっとできるだろう。


KIMG1056.JPG


てなことをちまちまブログに書いていたら、成長しすぎてチワワの範疇を超えそうな愛犬が、じっと見ていた。


最近いろいろ気苦労が多いけど、とりあえずは平和な冬の夜である。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:10 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

おやじの脳内ブログ


KIMG1042.JPG


今年の元旦に書いたっきりの自分のブログ


「あけましておめでとう」の文字を見るたびに、情けないような、申し訳ないような、(自分自身に対して)腹立たしいような気持ちになる今日この頃・・・


いったいいつまで正月気分なんだと、自分で自分にツッコむ毎日。


いい加減ブログ書けよと思うんだけど、ネタはあるんです、いろんなネタが。


時間もあるんです、それなりに。


無いのは、う〜ん・・・ブログを書くという行動力と文字を打つエネルギーかな。


でもね、実は毎日書いているんです、いろんなことを。


それこそバンバンバンバン書きまくっているんです。


自分の脳内でね



脳内ブログだといい記事書けるんだよな〜


好き勝手に、いろんなことぶった切って、思う存分好きなこと書けるんです🎵


でもね、実際に文字にしてブログにアップするとなると、まず文章を書くのが疲れる。


そして、いざ書き始めてもついつい考えてしまうんです。


こんなこと書くと嫌なヤツだと思われるかな、傷つく人がいるかな、自分の馬鹿さ加減がバレるかな、あの人が読んだらちょっとヤバイな、等々ね。


まあいろんな忖度をしちゃうってのが一番かな。


ブログはやっぱり書き手のメッセージが込められていないとつまんないから、自分もそのあたりを意識して書くんだけど、ついつい、やんわりと、ふんわりと、なんとなーく、だけども言いたいことがちゃんと伝わるように書こうと思うわけ。


でもこれがまたエネルギーを使うし、テクニックもいるし、時間もかかる。


で、脳内ブログだとそれこそ好き勝手にストレートに書けるんだけど、誰にもなんにも伝わんない。


意味ないね、脳内ブログ。



明日はこのあたり(豊田市)でも雪が積もりそうなんだって。


KIMG1030.JPG


仕事さぼって、山で焚き火でもしたいなあー


KIMG1038.JPG


 

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:50 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

大晦日 雪道ツーリング?


KIMG1008.JPG



あけましておめでとうございます 


今年もよろしくお願いいたします 




KIMG1012.JPG



この年末年始のこと、その他いろいろは、またブログに書く予定ですが


KIMG0974.JPG KIMG0986.JPG


こんなことや


KIMG0996.JPG KIMG0998.JPG


こんなことをして過ごしております。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 12:34 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

人恋しくなってきた冬


KIMG0926.JPG


カウンセリングの勉強を、それなりに長く続けてきて得たものの一つが


自分自身の性格について、より正しく、深く理解できるようになったこと。


と言っても、根っこの性格は日々大きく変わらなくても


その時々の心理状態や周りの環境、そして対峙する相手によって


言動としての現れ方は、いつも必ず同じというわけではない。


例えば私は


すぐ人と馴染む、人が求めていることに敏感、人の面倒見が良い、心が広くて温かい


というような性格を持っているようだが(分析によるとね)


実際にそのように行動したり、表現したりするかは時と場合による。


それは自分であえて選択することもあるし、そうでないこともある。


有り体に言えば、自分の精神状態がいいときはそうするし、出来るが


そうでないときは、したくても出来なかったり、することが大きな負担になる。


そしてそのような状態の時ほど、私自身の性格のマイナス部分が表に出やすくなる。


どのようなマイナス部分を持っているかはあえて書かないが


わたしとそれなりに付き合いがあって、


エニアグラムを学んだことがある人なら、もしかするとわかると思う。



普段の生活で、マイナスな部分が出やすいのは、やはり家族に対してだ。


家族(特に嫁)は、私の嫌な部分の性格を最もよく知っているはずだ。


次が、気を許せるプライベートの友人、知人になるだろう。


浅い付き合いや、仕事や何かの役割を担っているような人間関係だと、


かなり無理をしてもマイナス部分は出さない(出せない)ので


精神状態が悪い時ほどそういう人間関係でストレスが溜まることになる。


で、結局、家族に対してマイナス部分を出しまくり、という流れも間々あることだ。



KIMG0844.JPG



休日に友人や仲間と遊ぶより、独りの時間を過ごすことが多くなるのも


あまり精神状態がよろしくないときのパターンである。



最近は少しづつ人恋しくなってきたようだ。


この冬は、仲間を誘って焚き火でもしてみようかなあ・・・






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:18 | 愛知 ☀ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ウマが合う友人とは


先週の平日の夜、今年初の忘年会に参加した。



KIMG0806.JPG



久しぶりに会う友人二人と、ラーメンを食べたのだ。



お酒も飲まず、ただラーメンを食べてバカ話をするだけの忘年会。



夢や目標、勉強のことなど、有意義な話をする集まりもいいけれど



愚痴や泣き言、ボヤキやくだらないバカ話をすることも、時には必要だと思う。



人は皆、頭の先からつま先まで、徹頭徹尾立派な人間なんていないのだから。



特に私のような、ダメ人間的要素満載の人間には、



多少は同じようなタイプの方が、一緒にいて楽しいし



遠慮なく、気楽な気分で付き合えて、冗談も言い合えるというものだ。



もちろん二人ともちゃんとした社会人で、言うほどダメなヤツではない。



それはハッキリ言っておく。



そもそも気が合うとか合わないとかは、なかなか微妙なもので



自分と全くタイプや考え方が違っても、なんとなくウマが合うこともあるし



逆のパターンで、そうでもないこともままあるものだ。



気が合う合わないに基準なんてないんだろうな、きっと。



ラーメン屋での忘年会から帰宅し、急に思い立って腕時計の時刻合わせをした。



KIMG0953.JPG



三つともカシオのGショックで、高級時計ではないが頑丈で長持ちしている。



真ん中のは電波時計なので調整の必要はないけれども



あとの二つは、時どき合わせてやらないと、少しづつ時間がズレてくる。



正しい時刻を刻むようになった三つの時計を眺めていたら



久しぶりにいろんな友人と会ってみたくなった。



どうよ、最近の調子は?



ってね 






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

おやじカウンセラーの髪形


こう見えて、私はヘアースタイルにこだわっている。



愛用のバリカンで、ほぼ毎週の手入れを欠かさない。



フィリップス 電動バリカン セルフヘアーカッター 充電・交流式 QC5582/15 -
フィリップス 電動バリカン セルフヘアーカッター 充電・交流式 QC5582/15 -



そして、0,5mmから2mmの長さを、季節やTPOによって使い分けているのだ。



夏はこんがり頭皮まで日焼けするよう短く 



冬は風邪をひかないよう長めに  (わずか数ミリの違いは大きいのだ) 



自己アピールが必要な場ではより輝きを増すよう 



落ち着いた場ではテカりを抑えるように 



誰も気づかないかも知れないが、創意と工夫の賜物が私の髪形なのだ。




yjimage[1].jpg


きっと彼も同じだと思う。



ちなみに・・・



パナソニック エチケットカッター グレー ER-GN50-H -
パナソニック エチケットカッター グレー ER-GN50-H -



冬は鼻毛を切り過ぎると風邪をひくのでほどほどにしましょう。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:41 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする