2016年01月31日

「狭く深く」が幸せの秘訣?


私は何事においても「広く浅く」生きてきたようです。

社会人になってからは幅広く色々な仕事を経験し、それなりに熟(こな)してきましたが、人並み以上の専門性やスキルを身につけたとは言えません。

遊びや趣味も同じで、好奇心にまかせていろんなことに手を出しましたが、どれもが特技というレベルには達しませんでした。

人間関係については、う〜ん・・・自分ではよくわかりませんが、付き合いの幅もその対象も広いのは間違いないと思います。

そんな私は、自分とは逆のタイプである、物事を「狭く深く」掘り下げ、とことんまでのめり込むような人を羨ましく感じる気持ちが強いです。

何故なら、人生において「選択肢が多い」ことは必ずしも幸せにつながらないと思うから。

人生の節目節目では、必ず何かを選択する決断が必要となります。
いつもいつも迷っていては決断のタイミングを逃し、なかなか前に進むことが出来ないのです。

自分の選択が正しいか否かを、事前に予測することも出来ません。
例えリスクのある選択をしても、結果に結びつけることが出来れば、それは良い選択だったといえるでしょうし、逆もまた同じです。

大切なのは、自分で選択をし決断を下したのなら、迷わず全力で突き進むことなのです。
あれもこれもと目移りしたり、選んだ道をすぐに諦めてしまうようでは、いつまでも前に進めず充実した人生を歩むことが出来ないと思います。

才能や能力に恵まれていることは、幸せをつかむ大きな手助けになるでしょう。
しかしそれ以上に大切なのは、自分の進むべき道を見つけ、持てる力を精一杯に発揮することなのだと思います。

残念ながら私自身は、これまでの人生でそれが出来ていませんでした。
これからも出来る自信はありません。
「広く浅く」歩んできた私は、これからも寄り道や道草を食いながら、少しづつ前に進むしかないと思っています。

P1010587.JPG

そう決断してしまえばそれはそれで悪くはないし、幸せに生きられるような気がします。
最近では、私という人間は、きっと「そういうふうにできている」のだと思っています。

そういうふうにできている (新潮文庫) -
そういうふうにできている (新潮文庫) -


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 13:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

無神経な人


一度このテーマで書いてみたかった。

基本的に無神経な人は、自分の考えが「正しい」と信じて行動しています。

そして無神経な人は、正しいことを言ったり、正しい行動をしたりしているので、その結果が相手にとっても良いことだと信じて疑いません。
さらに言えば、もしそれに気づかないのなら相手が悪いので、やっぱり私は正しいことをした。
仮に相手に受け入れられなくても、あるいは相手に嫌われても、正しいことをしている自分は間違っていないし、いつか相手も気づいて感謝してくれるはず。
そう信じています。

無神経な人のなかには、ただ無神経なだけの人と、無神経だけど善意の人がいます。
はっきりいって後者の方が私にとってはかなり面倒くさいです。

うちの母親はやたらと「心配」をします。
「大丈夫?」と聞くので「大丈夫じゃない」と答えると困った顔をします。
私が「大丈夫じゃない」ことは、今さら母親にはどうしようもないことなので、聞かれても私が困るのです。
でも「大丈夫じゃない」のに「大丈夫だよ」というのは本当に疲れるので、正直に言うまでです。

人のことを心配する人は「善意の人」ですが、ただ心配されても時として相手の負担になるのです。
例え善意からの言動であっても、相手がどう受け止め、どう感じるかをよくよく考えてほしいと思います。
そこに考えが及ばず、自分中心で人に関わるのは、やはり「無神経」なのではないでしょうか。

この記事を読んで、納得がいかないと思う人もいるでしょう。
もしかしたら共感してくれる人もいるかも知れません。

まあどちらでも構いません。
私は個人的な思いを書いているだけで、私の考えが絶対に正しいとは考えていません。
これは本当にそう思っています。
それに自分で気づいていないだけで、私も「無神経」な人間かも知れませんから。

ただ、できることなら・・・
本当に辛いときに、ふとその人の顔が浮かぶような、思いやりと温かさに溢れながらも、静かに見守ってくれる人。

そんな人になりたいものです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:13 | 愛知 ☔ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

好きなことと嫌いなこと

今年になってから時間だけはありました。
自分で好きなように使える時間です。
何か特別に有意義な時間を過ごせたわけではありませんが、考えることに沢山の時間を費やせたのはよかったと思います。

KIMG0032.JPG

時間はどのように使おうと、どんどん消費していきます。
「無駄な時間」の定義は人それぞれなので、例えゴロゴロテレビを観て過ごしても間違った時間の使い方とは言えません。

ただ大切なのは「好きなことに時間を使う」ことだと思います。
もちろん持てる時間のすべてを「好きなこと」に費やすのは不可能でしょう。
好きではないこと、嫌いなことにも時間を使うことで、社会生活が成り立っているのも事実です。

しかし、ほんの少しでも、一日の中で、あるいは一週間の中で「好きなこと」に大切な自分の時間を使うように心掛けたいものです。

そのためには、自分にとって何が「好きなこと」なのか・・・。
それをよく知っておく必要があります。
多くの人は「嫌いなこと」を意識することはあっても、「好きなこと」はどこかへ仕舞ったままにしています。

「好きなこと」を仕事にしたり「好きなこと」ばかりして暮らすことは簡単ではない、というよりほとんどの人にとっては不可能です。

だからといって「好きなこと」が何かわからなくなったり、忘れてしまったまま「嫌いなこと」ばかりに時間を使うのは不幸だと思います。

「好きなこと」に目を向けると「嫌いなこと」のなかにも、もしかしたら「好きなこと」が少しぐらいは見つかるかも知れませんね。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:37 | 愛知 ☀ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

幸せと不幸とカウンセリング

幸せは感じるものだといわれます。あなた自身の中にあるものだともいいます。
ということは不幸せも感じるもの、あなた自身の中にあるものだということです。

お金に不自由していなくても、立派な肩書があっても、暖かい家庭に恵まれていても、辛くて寂しくて悲しくて仕方がないと本人が感じていれば不幸せなのでしょう。
まあよく聞く話です。

カウンセラーは、そんな不幸せな人を幸せにする職業なのでしょうか。
私はそうであって欲しいと思います。

ではカウンセラーは皆幸せなのでしょうか。自分は不幸だと感じている人はカウンセラーになれないのでしょうか。
自分が幸せでないのに赤の他人を幸せにできるわけがない。そう考えるのが普通です。

でも末期ガンの医者でも、ガン患者の治療は出来るでしょうから関係ないかもしれません。
カウンセリングは心理学に基づく心理療法だと定義すれば、カウンセラー自身の幸不幸はあまり意味はないとも言えます。

そこそこ長い間カウンセリングを学んできましたが、いつまでたってもわからないことだらけです。
やはりカウンセリングを正しく理解するには、カウンセラー或いはクライエントの体験を積むしかないのでしょう。
きっとそう思います。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:24 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

男と女のコミュニケーションの違い

ここ数日、世間を騒がせていた「スマップ解散騒動」ですが、生放送での緊急謝罪でとりあえずの決着をみたようです。テレビや新聞などのマスコミ情報は事務所側に都合のいいことばかり、といった感がありますが、ネットなどでは事務所幹部の横暴が原因などと言われています。

夢を売るのが商売のアイドルタレントであり、しかも超大物のスマップといえども、事務所にとってはひとつのコマ(商品)にしか過ぎない。そのコマが勝手に独り歩きすることなど絶対に許さない、ということなのでしょう。一部のファンからは、今回のトラブルの元凶とされる事務所幹部に対して「解任署名運動」まで起きているようです。個人的には噂の事務所幹部に対して「あんたが責任をとれ」と思っています。


話は変わります。
よく言われることですが、一般的に女性は男性よりもコミュニケーションを重要視しています。男性の場合は仕事や遊びなど共通の目標のためのツールとしてコミュニケーションを活用する場面が多いです。ですから特に目的もなく人と会ってお茶をする、などということは女性と比べてうんと少ないと思います。

女性の場合は、コミュニケーションに具体的な目的やルールを持たなくても、人との信頼や関係を深めるためのコミュニケーション。友人とただゆっくりお茶を飲みながら世間話をする。そんなことはごく日常的にあることでしょう。もちろん男女ともに例外はたくさんありますけど。

女性の場合は相手との信頼関係が非常に大切なので、同じ言葉を言われてもその相手に対する信頼度によって受け止め方は大きく変わります。例えば自分にとって嫌な事、厳しいことを言われた時「我慢する、聞き流す、納得する、感謝する、怒りを覚える、言い返す・・・」それは相手との普段からの関係が大きくものをいいます。

言ってることはわかるけど「あんたに言われたくないというやつですね。

男性はそのあたりの心の機微に鈍いところがあるので「正論を言ってあげたのになぜ機嫌を悪くするのだ?」と思いがちですが、それは違います。普段から相手の女性に対して、感謝の気持ちや好意、賛同や支持を言葉や態度で示すことが重要なのです。

そうすれば女性の心の貯金箱には、ちゃんとあなたに対する愛情や信頼がたまっているので、いきなり不機嫌になったりすることが抑えられます。逆に貯金ゼロの相手から気に障ることを言われた日には、それこそ怒りが爆発してしまいます。

男性の方は身近な女性と良い関係を築こうと思うのなら、なるべく普段からチャリチャリと女性の(心の)貯金箱にお金(愛情)を入れるようにしましょう。はい、私もなるべくこれからそうします

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女 -
新装版 話を聞かない男、地図が読めない女 -

昨日はここ豊田市でも雪が降りました。冬の終わりにようやく冬らしくなりそうです。

KIMG0031.JPG

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:17 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

テレビCM・日本産業カウンセラー協会

今日は風も強く冬らしい冷え込んだ一日でした。

KIMG0026.JPG

ところで先日、何気なくテレビを見ていると、こんなCMが流れていました。



こちらの15秒バージョンもあるようです。



テレビでカウンセリング団体のテレビCMが流れるのは、史上初だと思います。おそらく昨年12月から厚生労働省より実施が義務付けられた、企業のストレスチェック制度の施行と無関係ではないでしょう。

世にあふれている心理カウンセラーの資格というものは、なかなかその道で食べていくことに直結しないのが実情です。学校や医療関係でのカウンセラーは原則的に臨床心理士でなければ雇用されませんが、フルタイムの正社員(正規職員)として食べていくのはまた別の話。企業で人事労務や安全衛生の担当者として、多少なりとも資格を活用できている人は幸せな方なのかもしれません。

私のようにお金と時間を使って産業カウンセラーの資格を取り、またその前後も含めてカウンセリングの勉強を続けていても、結局は実際に活用する場を持っていない人が殆んどなのです。

残された道は「開業カウンセラー」ということになるのでしょうが、これまた食っていける保証など全くと言っていいほどありません。しかも幸か不幸か私などは、辛うじて普通のサラリーマンが務まってしまうので、それを捨ててまで超不安定な「開業カウンセラー」という茨の道に踏み出す勇気も思い込みもありません。

誤解を恐れずに言ってしまうと、わざわざ「開業カウンセラー」になろうなどと考え、実際に実行してしまう人は並の神経では無理だと思います。カウンセラーとしての能力が突出しているというより「人生の選択肢としてそれ以外は考えられない、自分には普通のサラリーマンは務まらない、勤め人など絶対にやりたくない、理屈ではなく何が何でもプロのカウンセラーになるんだ」という強い信念(思い込み)が必要なのです。これはいくら努力して勉強を続けても身につくものではありません。

このテレビCMを観て、産業カウンセラー養成講座を受けてみようと思う人もいるかもしれません。個人的には是非機会があれば受講して、資格を取ってもらいたいと思います。

産業カウンセラーでありながら、しかもカウンセリングの勉強を続けていても、なんら結果として活用できていない私ですが、そのこと自体を無駄だったとか意味がなかったとは思っていません。

苦労して身につけたこと、学んだことをどう活用していくか。やはりそれは自分自身で考え、判断していくことだと思います。

KIMG0030.JPG

今夜から明日にかけて、東海地方の平野部でも雪が降るようです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:45 | 愛知 ☀ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

私は「アスペルガー症候群」ではありません

最近「アスペルガー症候群」についての記事を目にすることが多いので、私もアスペルガー診断テストをやってみました。

結果は・・・私は「アスペルガー症候群」ではありませんでした。
しかも平均より得点が低く、ある意味でアスペルガーとはかけ離れた気質のようです。この結果には自分自身でとても納得しています。良くも悪くもアスペルガーの特徴を私は持っていません。


アスペルガーでない私は、場の空気を読むのが得意です。暗黙のルールや阿吽の呼吸がよくわかります。人の言うことを鵜呑みにすることはありません。冗談が得意で場の空気を和ませます。常にいくつものことを考えています。オープンクエスチョンにもすぐに上手く返答します。「ほどほど」の兼ね合いが自然にわかります。他人の顔色をみて対応することが得意です。初対面の人とも緊張することなくすぐに仲良くなれます。物事の細部より全体を見て対応します。他人の細かい心の機微を感じ取るのが得意です。誰とでもすぐに仲良くなり楽しませるのが上手です。


その反面、すべてにおいて適当でいい加減なところがあります。情報を記憶することが苦手で、特に数字には弱いです。持続力がなく何事もすぐに飽きてしまいます。寝食を忘れて何かに没頭したりのめりこむことが出来ません。一つのことを掘り下げて勉強したり研究したりすることが苦手です。場の空気や雰囲気に左右されやすく自分を主張しません。決まりや理屈より感情に流されやすく、怠惰な生活をしてしまいがちです。自分で決めたことをやり遂げることが出来ません。またやり遂げなくてもそれほど苦になりません。地図や図形の理解が苦手です。本気かウソかわからないぐらいの冗談を平気で言います。信念というものが特にありません。集中力がなく持続性もないため何事に対しても専門性が高まりません。本当は自分が何をやりたいのか、どうなりたいのかがわかりません。


自分がアスペルガーであることを自覚しているかどうかは別として、当事者の人が生き辛さを抱えていることは間違いないでしょう。しかし私の知るアスペルガー(それらしい人も含む)の人たちは皆、自分の興味があることに対するのめりこみ方、集中力を発揮する力は凄いものがあります。その部分については正直言って「羨ましい」という気持ちがあります。

ある説によると、ノーベル賞の受賞者は殆んどアスペルガーだそうです。信憑性はともかくとして、常に周りが見えている(空気を読んでいる)ことは、生活する上で便利ではあっても人生を生きる上ではメリットばかりではないように思います。

苦労しながらも自分主体の生き方しかできない人と、全体の中でそれほど苦労せずに生きられても自分を見失ってしまう生き方。

いったいどちらが幸せなのかと考えてしまいます。いずれにせよ、自分を大切に生きるしかないのは間違いないのでしょうね。

2014_0214_092948-P1000908.JPG

明日から天気が崩れそうです。水曜日あたりはこちらでも雪が降るかも知れません。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:21 | 愛知 ☁ | Comment(3) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

年賀状を出す派?出さない派?

年賀状が届きました。枚数は本当にわずかなものです。

2014_0322_122430-P1000942.JPG

ずっと以前から積極的に年賀状を出すのはやめました。頂いた方にだけお返しするということを繰り返していたら、本当に限られた方から頂くだけです。私も以前は仕事やプライベートも含め、それなりの数を書いていました。よくある家族の写真入り年賀状なども、子供が小さい頃はやっていましたね。

年賀状を書かなくなった理由は特にありません。年末年始も仕事をしていた時期があり、忙しくて書くのが大変だった頃から徐々に減らしていった感じですね。

最近では個人情報の関係で、付き合いがある方でも住所を知らなかったり、メールやSNSで繋がっているので、わざわざ年賀状のやり取りをしない人も多いようです。

人との繋がりや付き合いはとても大切です。新しい出会いは自身の成長のために欠かせないものだと思っています。しかしよい出会いに恵まれるためには、私自身が「出会えてよかった」と感じてもらえる、何かしらの魅力ある人間でなければいけませんね。

今年は仕事にハゲみ、勉強にハゲみ、遊びにハゲみ、ダイエットにハゲみ、ハゲに磨きをかけて、光り輝くおやじカウンセラーになるべく頑張ります

2014_0103_112524-P1000876.JPG


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 12:27 | 愛知 ☁ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

まんがでわかる 7つの習慣

先日のいちごの会で学んだ「7つの習慣」について、注文していた本が届いたのでさっそく読みました。

まんがでわかる 7つの習慣 -
まんがでわかる 7つの習慣 -

まんがでわかる」というところがちょっとだけ恥ずかしいですが、入門書としてはわかりやすくて良いのではと思います。

湯船につかりながら1時間ほど読んでいたらのぼせてしまいましたが、たくさん汗をかいたのでダイエット効果もにもなり、まさに一石二鳥ですね(^O^)/
☆ソフトカバーの本は、けっこうお風呂で読みますが、本も体もヘナヘナになっちゃいます☆

特に印象に残ったのは『 シナジーをもたらすコミュニケーションとは 』という項です。
内容については詳しく書きませんが(上手く書けないから)、来年はコミュニケーションについていろいろ学びたいと考えていたところなので、とても興味深く読みました。

ただ「7つの習慣」に限らず、こういったものは知識として得るだけではあまり意味はありません。
やはり少しづつでも実践して身につけてこそ、自身の成長につながるわけです。

「よし、今日から実践してみよう」となるか「確かに良いことが書いてあるけど、現実はなかなか上手くはいかないよ」と考えるかは本人次第ですが、やはり素直な気持ちでまずは行動してみることが大切ですね。

カウンセリングに限らず、積極的に行動して着実に前に進んでいる人は、人の意見やアドバイスに素直に耳を傾ける人が多いような気がします。
私自身は「わかっちゃいるけどなかなかねぇ・・・」というタイプなので、そのあたりはしっかり変えていかなければダメですね(-_-;)

もっとも成功している人の中には、他人の意見などには一切耳を貸さず、自分の思うがままに突き進むタイプもいたりするので、素直がいいか頑固がいいのか簡単には言えませんが・・・

もうすぐ年末年始の連休になりますが、せっかくのまとまった休みなので、運動と勉強と休養をバランスよく楽しみたいと思っています。

たまには真面目な記事を書く、おやじカウンセラーでした<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:12 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

いちごの会で学ぶ

昨日は名古屋に出かけ「いちごの会」の勉強会で学んできました。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復 -
完訳 7つの習慣 人格主義の回復 -

今回のテーマは「7つの習慣」 講師はいちごの会会長の速水さんです。

初めて学びましたが、けっこう奥が深そうなので私も本を買うことにしました。

まんがでわかる 7つの習慣 -
まんがでわかる 7つの習慣 -

とりあえず、とっつきやすそうな漫画から・・・(^^;

今回は(いちごの会の活動状況を視察するために)協会から先生がお見えになったのですが、懇親会にも参加して頂きいろいろお話を伺えてよかったです🎶


ここからはいろいろ感じたことを・・・

竹の子会といちごの会、ともにカウンセリングに関する団体ですが、随分と雰囲気が違います。
竹の子会はやはり個人臨床を軸にしていて、いちごの会はなんでもあり?といった感じです。
いろんな活動をされている方も多く、勉強会のテーマも多種多彩です。

いちごの会の最初にフラダンスをするのですが、教えてくれる〇〇さんはとても上手です(^.^)
自分で踊るのも楽しいですが、本当は〇〇さんの優雅な踊りをずっと見ていたいです。

いちごの会に参加している時の私は、竹の子会のときよりずっと大人しいです。
子供の頃の私は大人しく静かにしていることが多かったので、こちらが素の自分に近い感じなのだと思います。

私は他人の名前を覚えるのが本当に苦手です。
いちごの会に参加して1年近くになりましたが、まだほとんど皆さんの名前を覚えていません(>_<)
馬鹿なのかなぁ・・・たぶんそうだと思います。

いちごの会で名古屋に毎月出向くようになって、やっぱり都会だなぁ・・・と思います。
西三河は人が少なく、他人との距離も離れていて、普段の移動も車がほとんど(車は個室ですね)なので、随分生活のスタイルが違うんだと感じます。

ちなみに私は方向音痴なので、地下街などに入るとほぼ100%迷うため、いつも同じルートしか歩きません。
やっぱり馬鹿なのかなぁ・・・たぶんそうだと思います。

以上です。


昨夜は勉強会の後で、協会の先生も交えて懇親会がありました。

P1010637.JPG

私はお酒を飲みませんでしたが、いろんな人のお話を隅っこで静かに聴いていて、あまりエネルギーを使うことなく、とても穏やかな気持ちで楽しく参加できました。

今日は今年最後の竹の子会活動なので、今から慌てて準備をして出かけます。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:03 | 愛知 ☔ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

速水先生のアンゲーム講座・クリスマススペシャル

今日は今年最後のアンゲーム講座に参加してきました。
岡崎市の「カウンセリングルーム杏」代表・速水史子先生主催の「アンゲームクリスマススペシャル」です。

P1010627.JPG
顔見知りの方が多く、リラックスして参加できました。みんな話がはずみます

竹の子会の仲間である、いなぴょんさん、じゅんさん、しーちゃんよっしーさんも、皆さんとても楽しそうに参加していました。

P1010628.JPG
しーちゃんは、いつもカメラ目線を外しませんね🎵でもちょっと目が怖い

他の予定が入らない限りは、毎月のように参加させて頂いている、このアンゲーム講座ですが、最近あらためて思うことがあります。

みんなちゃんと話がしたいんだ

そしてちゃんと聴いて欲しいんだ


当たり前のことのようですが、普段の生活ではなかなか難しいんですね、これが。

言いたいことがあっても、落ち着いて話す時間がなかったり、上手く言えなかったり、反論されたり、否定されたり、途中で口を挟まれたり、うわの空で聞かれたり、誤解されたり、はなから聞いてもらえなかったり・・・

そんなことって本当に多いです。

サイコロを振って、カードを引いて、話をして、話を聴く・・・。
たったそれだけのことですが、それがとても心地よく、疲れた心が癒されて自然に笑顔になれる。
アンゲーム講座で最も大切なのは、それができる場を提供することなのでしょうね。

もう1年以上も参加させてもらっている、速水先生のアンゲーム講座ですが、回を追うごとにどんどん場の雰囲気が良くなってきている気がします。
速水先生自身が、最初の頃よりもずっと楽しんでやっておられるのではないかな?

来年以降も続けられるとのことですが、さらにバージョンアップしたアンゲーム講座、私も楽しみにしています


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:29 | 愛知 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

「トラウマ相談室 西新宿カウンセリング」の下村順一さん

先日のブログで「ブログ村の心理カウンセリング部門で、今現在3位です」と書いたのもつかの間、数日更新をサボっただけで11位になっていました。

あっという間に、私のかすかな優越感も泡と消えてしまい、改めてコツコツと頑張ることの大切さを感じている次第です。

ところでこの「心理カウンセリング部門」ですが、OUTポイント順位の上位ランクに、知り合いのプロカウンセラーの方がかなり入っています。

竹内成彦先生の「カウンセラーの憂鬱」
吉井まゆみ先生の「Life is beautiful!カウンセラーになって」
速水史子先生の「思い込んだらカウンセラー」
★みなさんランキング10位圏内です!私、負けてます(>_<)

そしてここ最近になって、ぐいぐいランクを上げてきているのが
「トラウマ相談室 西新宿カウンセリング」の下村順一さんです。

下村さんは、来春のカウンセリングルーム開業に向けて、現在着々と準備中のカウンセラーです。
お会いした回数はそれほど多くはないのですが、私にとってはとても印象に残っている方で、以前に竹の子会の講座や、竹内先生のグループカウンセリングで共に学んだカウンセラー仲間なのです。

プログラマーとしての経験もおありの下村さんのブログは、デザインといい見やすさといい、さすがの出来栄えで、私のブログとは大違いです。★下村さんのブログはHPみたいですが、たぶんブログだと思います・・・(^^;

私はさっそくお気に入り登録をして毎日拝見していますが、よくあれだけの内容の記事を、毎日のように更新できるものだと心から感心してしまいます。

現在本格開業に向けて「期間限定☆無料傾聴カウンセリング」「トラウマ無料スカイプ相談」を実施されておられるようなので、興味がある方はぜひ体験されてみてはいかがでしょうか。

カウンセラー下村順一さんの人となりは「カウンセラー紹介」に詳しく書かれておりますが、これを読むと様々な苦難を乗り越えて、ご自身の夢を実現させるための努力を重ねてこられたことがよくわかります。

カウンセラーを目指す理由は人それぞれでしょうが、自身の夢の実現のために努力する人たちを私は応援したいと思います。
何故なら、そんな方々の頑張る姿が、私にとっての応援となっているからです。

それにしても、ブログ村のランキング上位を維持するのは本当に難しいなぁ・・・(^^;
長きにわたって10位以内に入り続けている竹内先生は、やっぱり大したものです。
ホントにそう思います(-_-)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:34 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

プロとアマチュア

どのような分野にもプロフェッショナルアマチュアが存在するわけですが、その線引きというか定義というものは案外難しいものです。

わかりやすいところでは「その分野で生計を立てている」というのがありますが、つまりそれで食っていけてるのがプロということです。

これがプロとアマの判断基準とすれば、世の多くのカウンセラーでプロと言い切れる人はどのぐらい存在するのでしょうか。

お金をもらってカウンセリングをするからプロなのか、そのお金で食っていけているからプロなのか・・・

う〜ん、難しいところではありますが、これは当人がどういう意識で取り組んでいるかということと、それを世間一般がどう判断するかの違いかもしれません。

プロボクシングの東洋チャンピオンクラスでも、ほかに仕事を持っているのは当たり前のようです。
世界チャンピオンになって、しかもそれを何度か防衛してようやくボクシング1本で食っていけるというのです。
それでもプロライセンスを持つか、アマチュアボクサーとして試合に出るかは、きっちり線引きがあるわけですから、お金云々だけで決めるのも違うような気がします。

今回プロとアマチュアについて書こうと思ったきっかけは、先日の竹内先生のグループカウンセリングにあります。
ご自身のブログにも書かれていたように、全国から凄腕カウンセラーが集まった、充実の勉強会でした。
★私のブログはこちらです⇒素敵な皆さんと学んだ「条件反射制御法」

なかでも凄腕カウンセラーとして双璧だったのが「やまき心理臨床オフィス代表・八巻秀先生」と「カウンセリングオフィスTRUTH代表・金森真奈美先生」のお二人であったこと、そしてまさにプロ中のプロであることは、参加者のどなたからも異論は出ないところだと思います。

とにかく私の稚拙なブログで、こうしてご紹介してしまうことが、ご迷惑にならないかと心配してしまうほどのお二人なのです。
★お二人の経歴、活動等の詳細は、上記のお名前をクリックして下さい。

まあ、このようなお二人と私のような素人カウンセラーが、それぞれのレベルで学びを深められるような講座を開ける竹内先生が、一番のプロフェッショナルなのは間違いないですけどね。

今回の勉強会では「聖域なき質問タイム」として、カウンセリングに関することであれば、ほぼタブーのない本音の質問ができるのですが、そこで私は「無料カウンセリング」についてお聞きしました。
もちろん私なりに「無料カウンセリング」の是非、特に無料カウンセリングのデメリットについては自分なりに理解していたのですが、それでもあえて聞いてみたかったのです。

結果として参加者の皆さんから様々なご意見を頂きましたが、なかでも先ほどのお二人は非常に踏み込んだところまでお話し頂き、さすがはプロ中のプロだと感心するほかはなく、あえて質問してよかったと感じた次第です。

どんな内容だったのかは勿体ないのでここには書きません。
★本当はちゃんと文章にまとめられる自信が無いので・・・

いずれにせよ、カウンセラーに限らずプロを名乗るのであれば、その分野では周囲も認める高い専門性を持つことはもちろんですが、そのために努力している、頑張っているだけでは、やはりアマチュアなのだと思います。

そう結論付けると当然ながら、私はどこから見ても押しも押されぬアマチュアであり、趣味として勉強を続けているペーパーカウンセラーというのが正解ですね。

さて、今後はアマチュアカウンセラーとして、どうカウンセリングと関わっていこうかと、ここが思案のしどころというのが、最近の私なのです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:48 | 愛知 ☔ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

素敵な皆さんと学んだ「条件反射制御法」

今日はずっと楽しみにしていた「竹内先生にグループカウンセリング」の参加してきました。

やめたくてもやめられない・・・がやめられる!

「条件反射制御法の理論と実際」



これが今回のテーマですが、条件反射により身についてしまったアディクション(嗜癖・悪癖)を、新たな条件反射の刷り込みで改善するという、最新の心理療法を学んだわけです☜ちゃんとあってるかな?

今日が初回のグループカウンセリングで、あと2回同じ内容で講座が行われますが、受講の機会を逃した方は本当に残念という気がしてなりません。

内容についてはここには書ききれませんし、私では正しくきちんと伝える自信はないので、特に臨床の現場を持つプロのカウンセラーの方は、ぜひ機会を見つけてしっかり学んでおいた方がいいと思います。

それにしても竹内先生のグループカウンセリングには、もうかなりの回数を参加していますが、今回のメンバーは凄かった・・・(-_-;)

P1010620.JPG

せっかくなのでほとんど同じショットですがもう一枚!

P1010619.JPG

だいたい参加者の半数ほどは、東京方面から受講料の何倍もの交通費を使って参加されたというのですから、講座に臨む意気込みが違います。

それに一見すると普通の記念写真ですが、見る人が見れば普通の人じゃない人が何人か写っているのがお分かりかと・・・(*_*)

私は違う意味で写真NG人間(実際はカメラマンだったので)なので写っておりませんが、顔見知りの竹の子会メンバーが、ライオンの檻に入れられた純朴な子羊のように見えてしまいます。☜これは冗談(^^;

まあそれくらいプロフェッショナルな方々が多かったということです。

実際に午後からの聖域なき質問タイムでは、ため息が出るような素敵な質問と意見のオンパレード。

私などは、ネタに困ってけっこう軽い気持ちで質問をしたところ、私自身の今後のカウンセリングとの関わりを一から考え直す必要を感じるほどの、本質に迫るご意見を頂き、思わずカウンセリング料金を払おうかと思ったほどです。☜まあ思っただけですが、それくらいに貴重なご意見を頂けたということです(^^;

でもね、本当に今日の講座は参加者の皆さんに恵まれて、得られるものが多かったと実感しました。
竹の子会の仲間の皆さんも、子羊とかなんとか失礼な事を書きましたけど、各自がそれぞれの分野でしっかり勉強や活動をしていることがしみじみと感じられて
なんだかみんな立派に育って父ちゃん嬉しいよって気分になりました。
★会長だし年上だし古参会員なので言わせてね(^.^)

昨夏、竹の子会で講師にお招きした「東京・銀座のカウンセリングオフィスTRUTHの金森真奈美先生」とも久しぶりにお会いできて、お昼ご飯もご一緒させて頂き、講座のことや日々の臨床のことなど、いろんなお話ができて本当に嬉しかったです。

そうそう、質問タイムでの「一発勝負のカウンセリングを依頼されたら・・・」という問いかけについての金森先生のご意見は、数々の修羅場をくぐってきた臨床家としての凄みがあり、思わずちびりそうになりました
日々の臨床で超多忙な金森先生ですが、講師としてのご活躍も期待しています(^.^)

主催の竹内先生をはじめ、参加者の皆さん
今日は本当にありがとうございました

今年一年は、自分なりにカウンセリングの勉強に頑張って取り組んできて、そのご褒美を頂けたような気持ちになった、素敵な学びの一日でした。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:22 | 愛知 ☁ | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

AIアプローチを学ぶ

いつも「おやじカウンセラーの夢ゆめ日記」をご覧頂き有難うございます<(_ _)>
おすすめカテゴリ「おやじのくだらない話シリーズ」はこちらから⇒http://counselingbox1960.seesaa.net/category/14843430-1.html


さて本題へ、
今日は朝から名古屋に出かけ、企業向けセミナー「AIアプローチ(対話型組織開発の手法の一つ)で一歩先の組織開発!」を受講してきました。

個人的にカウンセリングを学ぶ勉強会や研修会に参加することは多いですが、仕事としてこうしたセミナーに参加する機会はあまりありません。
私にとってカウンセリングを学ぶことは、基本的にはプライベートな部分として分けているからです。

しかし普段の仕事において、職場のリーダーとしての役割を持つ自分には、今回のセミナーは自身のスキルアップのためにも受けてみたいものでした。
特にここ最近は、仕事のことで迷いや悩みを抱えることがあり、タイミングとしても受講してよかったと思います。

本日のテーマ「AIアプローチ」について、ここで詳しく書こうとすると頭が爆発しそうなのでやめておきます
★興味がある方はこちらのサイトがわかりやすいかな⇒http://www.humanvalue.co.jp/report/positiveapproach/02.html

ごくごく簡単に言うと、組織の問題に対して、
その原因を特定し、欠点や弱みを是正することで対処療法的に、その都度問題の解決を図ろうとする手法を【ギャップアプローチ】とよびます。
これは普段から私も意識して実践している手法ですが、このやり方だけでは解決しきれないことも多く、それが最近の私の悩みの一つとなっています。。

それに対して、人は誰も自ら成長し、目的を達成しようという潜在的な意思を持っているものだという肯定的側面にフォーカスし、強みを伸ばすことで組織全体の体質改善を図る【ボジティブアプローチ】AIアプローチという手法です。

「人は誰でも自らの内部に自己を成長させ、実現させる力をもっている」
これは「ロジャーズの来談者中心療法」を表現する言葉ですが、非常に共通するものを感じますね。

学んでみて感じたのですが、どうやら私は仕事というものに対してかなり偏ったビリーフを持っているようです。

「仕事は絶対にしなければならないもの」「仕事は辛くて当然なもの」「仕事は嫌なことでも我慢するもの」「与えられた仕事(役割)は必ず果たさなければいけない」
そして最も大きな思い込みとして「仕事は楽しいものではない」という潜在意識があるようです。

こうした非合理的な思い込みを「イラショナルビリーフ」と言いますが、この言葉を初めて知ったという方は、プロカウンセラーの竹内成彦先生ご自身のHPにわかりやすく書いておられるので是非お読み下さい。
★人生を不幸にさせるイラショナルビリーフ(非合理的な思い込み)⇒http://www.f5.dion.ne.jp/~with/irrational.htm

今日の勉強会は講義主体ではなくグループワークを中心に行われ、とても楽しい雰囲気で学べました。
また異業種の方、世代や立場の異なる方たちと触れ合うことができたのも非常に良かったと思います。
特に私とペアを組んでいろいろとお話させて頂いた方は、今年入社されたばかりのフレッシュな女性だったのですが、日々の仕事や生活にくたびれた私には、逆に仕事に対する気持ちや姿勢などを教えられることが多かったです。

セミナーの最後に同じグループの皆さんと、今日の学びをイメージしたオブシェを作りました。

P1010611.JPG

なぜオブジェを・・・と思われるかもしれませんが、

い〜や、ちゃんと意味があるのです。
仕事もオブジェ作成も、一つの目標に向かってチームで協力するという意味では同じなのです。
多分そう思います・・・。

そうそう、今日のセミナーに参加してとても良かったことがありました。
産業カウンセラーの養成講座で同期だったSさんと、偶然にも数年ぶりにお会いしたのです。
養成講座の最終日に、最終セッションのパートナーをつとめて頂いた方なので、私にとってはとても印象に残っていて、久しぶりにお会いできて本当に嬉しく思いました。

Sさんは、私のことも最終セッションのことも覚えていてくれたようですが、私も最後に聴かせて頂いたお話のことはよく覚えていますよ。
お元気そうな姿と、そして頂いた名刺を拝見して、あれからSさんも前を向いて頑張っていらっしゃるんだなぁ・・・と感じました。

Sさん以外にも、竹の子会の勉強会などで何度かご一緒した方もみえて、セミナーの内容もさることながら、人との触れ合いという意味でも、とても実りの多い秋の一日でした。


今週末の22日(日曜日)は、竹内先生のグループカウンセリングに参加します。
【やめたくてもやめられない…がやめられる!条件反射制御法の理論と実際】というテーマなので、あれこれ心当たりのあり過ぎる私は、今から期待と不安?で胸がいっぱいです
★28日(土)の枠にキャンセルがあり、急遽1名様の追加募集をされています!興味がある方はお早めにどうぞ。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:16 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

アンゲームとカウンセリング

今日は岡崎市に出かけ「自分探しで楽になろう〜アンゲームin岡崎〜」に参加してきました。
主催は「カウンセリングルーム杏」代表の速水史子さんです。

いつもは公共施設の一室で行われているのですが、今回は速水さんのカウンセリングルームで、のんびりお茶とお菓子を楽しみながらのアンゲームとなりました。

P1010596.JPG

先日のブログにも書きましたが、速水さんのアンゲーム講座にはここ1年ほどの間、かなりの頻度で参加させてもらっています。

参加される方たちは、カウンセリングつながりで馴染の方も多いのですが、小学生や中学生の子供たちと一緒になったり、起業されている女性の方、現在の仕事のために学ばれる目的の方、あるいは幅広い人たちとコミュニケーションを求めている方など・・・。
本当にいろんな人たちが参加されているので、いつも新鮮な気持ちで楽しく参加しています🎶

私自身は、長年(でもありませんが)カウンセリングを学んでいたり、竹の子会の活動に携わっている関係で、多くの友人、知人、あるいは顔見知りが出来ました。
いろんな勉強会や講座に参加しても、知らない人だらけということはまずありません。
むしろ知ってる人ばかりということの方が最近は多くなりました。。
最近では、唯一、初対面の人ばかりだったのが今年の夏に参加した「心屋流・オープンカウンセリング」ぐらいでしょうか。

確かに講座などに参加した時に知り合いがいるというのは、安心というか心強いところはあるかも知れません。★実際は殆ど人見知りをしない性格なので、あんまり関係ないのですが(^.^)
ただ、カウンセリング業界?もある意味で一種の村社会のようなところがあるので、どうしても話の内容や傾向が似かよったり、カウンセラーならではのモノの見方になるところがあるような気がします。

それは悪いことではないのですが、やはり幅広い考え方や価値観に触れることも大切だと思っているので、速水さんのアンゲームでいろんな方からお話を聴けることは、私にとって非常にありがたい体験だと思うのです。


★ここからは、竹内先生の記事に触発されて書きました。

ところで、プロカウンセラーはその気になればすぐにでも始められる商売です。
なにも道具はいりませんし、場所も自宅や喫茶店、ホテルのロビーなどでやれなくはありません。
初期投資もランニングコストも削ろうと思えばどうにでもなる商売なので、店舗を借りて設備を入れて、仕入れをしながらやるような商売よりも、うんとリスクは少ないのです。
自営で始める商売としては、珍しい部類に入ると思います。

しかしそのリスクが少ないというのがクセモノで、ある程度の儲けが出なければ借金ばかりがかさみ、とっくに廃業してしまう商売と違って、儲からなくてもずるずると続けてしまう(続けられる)のが、カウンセラーの利点でもあり、欠点でもあるように思います。

これは自分自身にしっかり言い聞かせるつもりで書いているので、勘違いをして欲しくないのですが(まあ心当たりのあるカウンセラーなんて山ほどいると思いますが)、勘違いされても仕方がないと思って書きます。

一旦プロの道を歩み始めたとしたら、そして思うような結果を出せていないとしたら、もっともっと危機感を持って、必死さを持って、創意工夫を重ね、あらゆるアイデアを求め、泥臭く、汗水垂らして、時には惨めな思いをしてでも、借りられるものなら人の力を借りてでも、下げたくない頭を下げてでも、馬鹿にされてでも、なんとしてでも一人でも多くのクライエントを確保するために、ありとあらゆる手段で事に当たるべきではないかと思うのです。

竹内成彦先生がプロカウンセラーとして開業された時、既に二人の小さなお子さんをお持ちの父親だったと聞いています。
その竹内先生はこう仰っています。
『私は、売れるカウンセラーになるまでに、3年半の時間を要しました。その間、女房・子どもを持っている私は、夜中に必死にアルバイトをしながら家計を支えたのですが、それでも結局、貯金(サラリーマン時代に蓄えていたもの)を600万円減らしてしまいました。』
★先生のHPから勝手に引用しています。

竹内先生のことですから、開業された時点で相当な覚悟と同時に、カウンセラーとしての実力にもかなりの自信がおありだったと思います。
それでも3年半の時間と600万円のお金を費やして、ようやく何とか光が見えてきたというのです。
もし自分だったらと思うと、考えただけで恐ろしすぎてゾッとします(*_*;
己がやりたい道を選んだことで、下手をしたら一家が路頭に迷うわけですから、そんなプレッシャーを抱えながら毎日どんな思いで生きていたのか、機会があれば一度ご本人に当時のお気持ちを伺ってみたいほどです。

それにしても、そんな状況を乗り越えて現在の立場を確立した竹内先生は、やっぱり並みの人ではありません。
日本全国からクライエントだけでなく、プロカウンセラーが教育分析やスーパーバイズに訪れるのも道理です。

私が現時点でプロとしての活動を始めようと思わないのは、自分には竹内先生のような覚悟も実力もないことがよく分かっているからです。
生活のすべてをカウンセリングに捧げる強い意思もなく、出来れば生活に困らない程度のお金を稼ぎながら、休日にはのんびり遊んで過ごしたり、時にはカウンセリングの勉強をしたりといった生活が、今の私にはベストなのです。

とは言っても、出来れば生活に困らない程度のお金を稼ぎながら、のためにそれ相応の苦労はしているつもりです。
それは私だけではなく世の多くの人たちは、人並みの生活のため、あるいは家族を養うために、自営業であろうがサラリーマンであろうが、その必死さは変わりがないと思っています。

私は開業カウンセラーの道を歩む人たちが、全く努力していないとは思いません。
しかし仮にも自分の好きな道で生きていこうと決め、しかも開業カウンセラーという不安定な職業を選んだのであれば、その努力は人並み程度であってはいけないと思うのです。

とまあ、かなり厳しいことを書いてきたわけですが、冒頭に書いたように「これは自分自身にしっかり言い聞かせるつもりで書いている」のです。
何故ならカウンセリングを学び続けていて、ともすると「何とか楽に、あまりリスクを背負わずに、上手いこといかないものだろうか」などということが、ついつい頭に浮かぶわけです。

55年も生きてきて「結局は努力して頑張っただけのことしか返ってこない」ということが身に染みて分かっているはずなのに、やはり甘い考えに走ろうとする自分がいるのです。

本当にねぇ・・・情けないものです。
長々と書いてきましたが、なんとも締まりのない結論になってしまいました(+_+)


ここで竹の子会からのお知らせです。

11月15日(日)第1回目
カウンセリング中級講座
http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm
開業カウンセラーとして数少ない活躍をされている、竹内先生から直接学べる講座です。
プロカウンセラーとして崖っぷちだという方は、もう一度しっかり学んでみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:35 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

カウンセラーの自己洞察

自己洞察とは心理療法の過程において、クライエントが自分自身や現実について気づき、理解しなおすことである。


カウンセリングを学んでいる人で「自己洞察」という言葉を知らない方はいないと思う。
カウンセリングが進む過程の中で、クライエントの自己洞察を深めることが、問題解決へ向かう第一歩であることは間違いないだろう。

ではカウンセラー自身の自己洞察はどうなんだろうか・・・。

カウンセラーやカウンセリングを学んでいる人たちと接する機会が多い私だが、時としてその人と話したり、その人が書く文章を読んだりした際に「このひと、自分のことがわかってないなぁ・・・」と感じることがある。
意味もなく上から目線で申し訳ないが、自分のことも含めての意見なので勘弁してもらいたい。

例えば自分を知る方法として「エニアグラム」というのがあるが、これによって自身のタイプを知ることは、それほど難しいことではない。
問題はここから先のこと。
その判定されたタイプが、自身の言動にどう反映されているのか、そして自分はそれをどう理解し感じているのか・・・。
さらにはそれによって、他者や社会との関係にどのような影響があるのか、自身の成長のためにどこをどう修正し、成長させてゆかなければならないのか・・・。

自分自身を掘り下げる作業は永遠と続き、決して終わりがないのだと思う。

エニアグラムの話をすると、竹内先生はいつもこう仰います。
「自分のタイプを知ったうえで、自身を成長させ成熟した人格となるように努力することが大切なのです。」

私がいう「自己洞察が甘い人」は、自分を知ることは出来ていても「自身を成長させ成熟した人格となるように努力すること」が欠けているのかも知れない。

もの凄く感覚的なことなので上手く言えないのだけれど「自分の意見を述べる」とか「自分の考えを文章に書く」ということは、ある程度自分自身をしっかり理解していないと、何となく落ち着きのないものになってしまうのだと思う。
そして常に自分自身に疑問を持ち、その生き方に良い意味での試行錯誤が感じられない人は、話していてもその人が書く文章を読んでみても、深みと面白みを感じられないのである。

いくら考えても「人生に正解はない」というのが私の持論なので、すぐに答えを見つける人、いつも答えを持っている人が、どこか自己洞察を放棄した人と思えてしまうのだろう。

結局のところ私は、悩みながら、迷いながら生きる人が好きなのかも知れないですね。

こんなことを書くと「そんなお前は、さぞ自己洞察のできる成熟した人格の持ち主なのだろうな!」と言われそうだが、そうではないからこんな文章を書いているのです。

悩みのない迷いのない毎日を送りたいといつも願っている、エニアグラム・タイプ2のおやじカウンセラーでした。


最後に竹の子会主催講座のお知らせです。

11月15日 1月10日 3月13日(隔月第2日曜日)
カウンセリング中級講座
http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm
とうとう今回が最後の機会となりました。
来年の基礎講座、中級講座はありません。
参加を迷われているのであれば、ぜひ申し込みをおススメします<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:32 | 愛知 ☀ | Comment(3) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

竹内先生の傾聴トレーニング

今年の春から、積極的にカウンセリングの勉強、講座、研修に参加しています。
このひと月の間にも、立て続けに3回の傾聴実習訓練を受講しました。

産業カウンセラー協会の現役指導者の先生には、改めて傾聴実習に対する基本的な姿勢を教えられ、同じく協会の元指導者で開業カウンセラーの先生には、練習では失敗を恐れず積極的にクライエントに伝え返す訓練を受けました。

そして先日は、臨床経験13,000回を超えるベテランカウンセラー、竹内成彦先生の傾聴トレーニングに参加しました。
今回の参加者は、プロのカウンセラー、セラピスト、企業の相談業務担当などが殆どで、ペーパーカウンセラーの私には、なかなかハードルの高い勉強会でしたが、普段見られないプロのカウンセリングを目の当たりにできる貴重な機会でもありました。

そうしたプロの方々も、竹内先生の前でロールプレイを行うのはかなり緊張するようです。
では私はどうかというと、実は全くと言っていいほど緊張していませんでした。
今回に限らず、普段からあまり緊張する場面に出くわしたことがないのですが、ロールプレイの勉強会で緊張した覚えもほとんどありません。

別にロールプレイに自信があるわけではありませんが、そもそも人とコミュニケーションをとるのが好きなので、なんとなくロールプレイもその延長と捉えているせいかもしれません。
それに最初からレベルの高い勉強会だとわかっていたので、少々厳しいことを言われるのは覚悟の上、という気持ちで参加していたこともあります。

そんな気持ちで挑んだ今回の勉強会でしたが、得られたものはとても大きかったです。
特に他の参加者のカウンセリングを間近に見られたのは、すごく勉強になりました。

印象深かった方は何人もいらっしゃいました。
医療の現場や健康相談の経験が豊富なベテランの看護師さんのカウンセリングは、心理カウンセリングとは少し雰囲気が違いましたが、やはり現場で鍛えられた力強さをすごく感じました。
人の生死にかかわる医療現場でのキャリアは、少々の話を聴いても動じない落ち着きが身につくのでしょうね。

経験豊富な開業カウンセラーの方は、相手の話や態度によって臨機応変に対応する柔軟さは、キャリアだけでなく、ご本人のセンスがあってこそなのだと思いました。
この方には私がクライエントとして、なかなか強烈なキャラの話し手を演じさせてもらいましたが、話し手の気持ちを感じることができ、本当に聴いてもらってよかったです。

今回の場には私を含め、産業カウンセラー有資格者も何人かみえましたが、やはり聴き方の基本としては同じような感じになるようです。
むしろそうではない方や、違うスタイルの基本を身につけている方の聴き方は、いい意味で違和感を感じる部分もありましたが、非常に新鮮な思いで観察することができました。

ここからは私の勝手な感想ですが、カウンセラーはいくら傾聴の勉強を積んで理論と技術を向上させても、最終的には本人のキャラクター(性格、気質、ものの捉え方など)が強く反映されるのだという思いを強くしました。

今回私はあえて「強い怒りや憤りの感情を持ったクライエント」を演じたのですが、それは私自身が、怒りの感情を抑える傾向があり、それを表現すること、怒りを受け入れることを無意識に抑圧していることで、相手の話を聴く際にも、どうやら怒りの部分を触りたがらないようだ、ということに気付いたからです。
これはいくつかの傾聴訓練に何度も参加して、振り返りをする中で次第にそう気づいたことです。

自分の心に踏み込んで欲しくないという意識、あるいは無意識が強い聴き手は、話し手に対しても深く踏み込むことを躊躇う(ためらう)気がします。
話し手を傷つけない、むやみにアドバイスしない、聴くことを大切にする。
これがカウンセリングの基本であることは、絶対に間違いありません。
竹内先生に限らず、まともな指導者は必ずそう教えてくれますし、私自身もそう信じています。

しかし(ここからはさらに私の勝手な思いです)、クライエントが自分自身を大切な存在だと感じ、自身の持つチカラを信じることができるように、寄り添うことがカウンセラーの役目なのですが、カウンセリングが進むことによって、必ずその先の領域に進まなければならないはずです。
つまり、クライエント自身が、より良い方向に自己を変えていこうという思いを持ち、そのためにつらく厳しい第一歩を踏み出す決意と行動をする時です。

その時にクライエントに対して援助ができるためには、カウンセラー自身がそのつらい一歩を踏み越えて、自身の成長を経験している、あるいはその必要性を明確に自覚し、少なくとも自分自身がどのような問題をどの程度抱えていて、それがどのようにカウンセリングに影響を与えているのか、をしっかり自覚していなければいけないと思います。

先ほどカウンセラーのキャラクターの話をしましたが、単純に性格云々というだけでなく、言ってみればカウンセラー自身の人間性、生き様そのものが、カウンセリングに表れるということが言いたいのです。

深く傷ついた心を持ち、辛く苦しい思いを抱えている。
そんな人がカウンセリングを受けることで、あるいはカウンセリングを学ぶことで救われる。
そして何とか心の平穏を保ち、前に進む意欲を持つことができる。
自分と同じように苦しむ人たちの援助をするために、傷ついた心を癒すために、自身の経験はきっと役に立つでしょう。

ただ、そこから先の第一歩を踏み出す援助をするためには、カウンセラー自身がその力を持ち、そうした生き方をしていなければいけないと思います。

竹内先生は懇親会の席でこう仰いました。
「カウンセラーは人にモテなければいけない、男にも女にもモテないといけない、売れっ子カウンセラーはみんな色気があるんだ」と。

お酒の席の笑い話でしたが、私にはただの笑い話とは思えませんでした。

あの人のようになりたい、あの人のように生きたい、あの人のように幸せになりたい。
そんな存在にならなければ、クライエントはあなたの元を訪れないのだよ。
私にはそう聞こえました。

竹内先生が今でも自身の研鑽のために、お金と時間とエネルギーを使って研修や勉強を重ね、体を鍛え、瞑想をし、カウンセリングを受け、心身のメンテナンスに心がけ、旅行に出かけ、家族や友人とのより良い関係を続ける努力をされている様は、時に私から見れば「何もそこまで・・・」という思いさえ感じるほどです。

でもそうなのですね。
おそらくカウンセラーというものは、自分以上にクライエントを成長させることは出来ないのだと思います。
カウンセラー以上の幸せに、クライエントを導くことは出来ないのだと思います。

そんなことを考えると、今さらながらに竹内先生の言葉が身に沁みます。

カウンセラーの道は永遠に続くいばらの道ですよ

楽しく、濃密な、そして厳しい勉強会に参加した一日でした。

★今回の勉強会について、竹内先生が記事を書かれています⇒「10分間のロールプレイ、その先にあるもの」
★傾聴を学んでいる方は必見です!


最後に竹の子会主催講座のご案内です。

10月11日(日) 
アンゲーム&コラージュセラピー体験講座IN豊田
http://counseling-an.com/takenokokouza.html 
初心者大歓迎♪話して貼って楽しく学ぼう!(^^)!

11月15日(日)第1回目
カウンセリング中級講座
http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm
臨床経験豊富なプロのカウンセラーから学べる講座です。

上記の講座を主催する、竹の子会を代表して一言。
「興味があるけど受講を迷っている」という方は、迷わず申し込んで下さい。
また今度、またいつか、という考えは捨てて、まずは行動しましょう!(^^)!

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 02:46 | 愛知 ☁ | Comment(6) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

幸運の女神には後ろ髪はないのだ(-_-)

まずは竹の子会主催講座のご案内です。

10月11日(日) 
アンゲーム&コラージュセラピー体験講座IN豊田
http://counseling-an.com/takenokokouza.html 
残席わずかとなっております、お申し込みはお早めに!

11月15日(日)第1回目
カウンセリング中級講座
http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm
参加を迷っているあなた!タイムリミットはもうすぐです!

カウンセリングを本気で学ぼうと決めたら、本気で勉強しなければなりません。
カウンセリングでなくても同じことです。

いつか始めよう、いつか頑張ろう、いつか決断しよう・・・
いつもそう思いながら、結局なにも始められず、なにも頑張らず、なにも決断できないまま、ずるずると大切な人生を無駄に過ごしてきた人を、私はよ〜く知っています。

なぜならそれは私のことだからです。

「何かを始めるのに遅すぎるということはない」という言葉があります。
確かにその通りですが、それはきれいごと、やっぱり早いほうがいいに決まっています。
遅ければ遅いほど、他人の何倍も努力しなければ、すぐにタイムオーバーのブザーが鳴って終了です。

「幸運の女神には後ろ髪はないのです(-_-)
「いつか、いつか」と決断を先送りにしていると、幸運の女神は走り去ってしまいます。
女神が過ぎ去った後で、慌ててあとを追いかけても、もう二度とチャンスはつかめません。

気づくのが遅かった、いや気づいていたのに行動しなかった自分が愚かだった。
前髪も後ろ髪もなくなってしまった、おやじカウンセラーの嘆きの言葉です。

こんなおやじでも、あきらめずに頑張っていたら、いつかは振り返ってくれるかなぁ・・・
ねぇ、女神さま

yjimage17PNON74.jpg

お詫びの言葉
ハゲの記事を書く書くと言いながら、なかなかアップできません。
これではオレオレ詐欺ならぬ、ハゲハゲ詐欺になってしまいます。
書かなければ・・・ハゲの記事を書かなければ・・・(*_*;
そのプレッシャーで、ハゲがますます進行している気がします(それはウソ)
というわけで、ハゲの悩み専門カウンセラーが書く、待望のハゲシリーズ第2弾!
「ハゲはなぜしょぼいカツラをかぶり続けるのか?」
については、公開まで今しばらくお待ちください<(_ _)>





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:25 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

竹の子会から講座のお知らせ

竹の子会から講座のご案内です。

10月11日(日曜)午後1時から
「アンゲーム&コラージュセラピー体験講座in豊田」
を開催いたします。

楽しく体験しながら学ぶ講座なので、難しく考えずに気楽な気持ちで参加して頂ければと思います。

ただ・・・
定員24名のところ、すでにかなりの申し込みが・・・(+_+)

興味がある方は「迷わず行けよ!道はできるさ」
ということで、お早めにどうぞ。

案内.jpg

画像をクリックすると大きく見やすくなります<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 14:26 | 愛知 ☔ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする