2017年06月25日

自分と他人の境界線があいまいな人


今日は朝から雨模様でしたが、たまには雨のドライブもいいものです


KIMG0514.JPG


山深い場所にある恵那の温泉施設で心と体を癒してきました。


yjimage[1].jpg


露天風呂は一つだけの、こじんまりとした温泉ですが、とても静かな山奥なので、すごく気分が落ち着きます。


今日は雨だったので、普段の土、日より空いており、露天風呂に浸かっては、遠くの山々を眺めて涼みながら、2時間ほどものんびり温泉を楽しみました。




夕方になって、5時半からと7時からの、二つの会合にはしごで参加。


7時からの集まりには60名近くが参加していたのですが、やたらと空気の読めない発言を連発する人がいて、会議の場はヒートアップ




例えそれが正論であっても、言い方や、タイミングと場をわきまえないと、無用なトラブルを招きます。


聞いた相手が「なるほどなあ、確かにそうだ」と思えなければ、言わない方がいいぐらいに私は思っています。


世のなかには自分の言いたいことが相手に理解されないと、すぐに怒ったり、拗ねたり、相手が悪いのだと決めつける人がいますが、それは相手の立場に立ってモノを言わないのがいけないのです。


最終的に意見が一致するかどうかはともかく、少なくとも自分の言いたいことを相手に正しく理解してもらうには、それなりのスキルが必要です。


そのスキルとは、いうまでもなく傾聴に他なりません。


自分の話を聴いてもらう、理解してもらうには、まず自分が相手の話をしっかり聴くこと、相手の考えや立場を理解することが大切です。


それが出来ずに、他人とのコミュニケーションでトラブルを起こしやすい人は、


自分は正しいという思い上がった気持ちがあるんでしょうね。



さらにいえば、自分の考えが受け入れてもらえなかったり、否定された時、ついついムキになってしまう人は、


自分と他人の境界線があいまいな人


でもあると思います。



「話し合えばわかるはず」


なんてことをしたり顔で言う人がいますが、そんなことを言う人に限って、


自分が相手の考えに歩み寄る気なんか、これっぽっちもありません。


「話し合えば私の言うことが正しいことがわかるはず」

って100%思っています。



ほら、そこのあなた・・・自分の胸に手を当てて、よーく考えてごらんなさい。


よーく考えても、やっぱり自分は間違ってないと思ったでしょ?


自信を持ってください。


あなたこそ自分と他人の境界線があいまいな赤ん坊ちゃんです。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:50 | 愛知 ☁ | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

ストレス性の突発性難聴


KIMG0456.JPG


今日は仕事が終わるとすぐに、耳鼻科の病院に行きました。


まあたいしたことではなく、診察結果も特に治療の必要もないといわれてひと安心。


で、ついでに聴力検査をしてもらったのですが、実はこちらの方が気になっていて、


結果は・・・


やはり少々難聴が進んでいるとのこと。


まだ日常生活に支障が出るほどではないのですが、1年に一度は検査をしてください、と言われました。


ちなみに原因は、加齢からくるものだそうです。(ーー;)


目と歯はまだまだ大丈夫なんですけど、耳は年齢より衰えが早いようです、トホホ・・・(T_T)


ちなみに、がやがや騒がしい場所での会話や、滑舌の悪い人の話が多少聴きとりにくいことがありますが、補聴器が必要なほど悪くはないです。




ところで、随分前のことですが、知人が突発性難聴になり、片耳の聴力が一気に落ちてしまったことがありました。


病院で詳しい検査をしても原因が特定できず、どうやらストレス性の難聴だろうと言われたそうです。


たしかに本人も仕事で相当なストレスを抱えていたらしく、同じ職場では心身の不調を来す人が他にも幾人かいたと言っていました。


過剰なストレスに対応できなくなると、心、身体、行動、に症状が現れるといいます。


ストレスといっても、人によって感じる刺激の度合いや、その受け止め方、ストレス耐性、ストレス解消や処理の違いは様々です。


休日などに上手く気分転換をはかって、大きな症状を未然に防げる人もいれば、極端に強いストレスではなくても、上手く対処できずに、澱のように心の中にストレスが溜まってしまう人もいます。


そうしたストレスの澱がどんどん溜まってくると、どこかのタイミングでちょっとしたストレスを受けただけで、コップの水が溢れるように、一気に症状が出てしまうことがあるのです。


そう考えると、日頃から泣き言を言ったり、多少は仕事の手を抜いたり、時にはズル休みをして気分転換に遊んだりするのも、あながち悪いとばかりは言えないのかもしれません。


といっても、真面目で責任感が強く、何事も辛抱強く我慢してしまう人に、仕事をサボれとかズル休みしてしまえといっても、そう簡単にできるものではないでしょう。



うーん・・・


ということは、私の難聴がこれ以上悪化しないためには、仕事はそこそこにして、もっと遊べということなのか?


いえいえ、私の場合は悲しいかな、医者の言うように単なる老化現象です。


仕事はちゃんとやりますよ、こうみえても実は根が真面目なんですから。(^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

自分を知るということ


KIMG0495.JPG


竹内成彦先生の新刊は、何度読み返しても、そのたびに新しい気づきがあります。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


そうした気づきや感じたことを、思いつくまま書いてみようと思います。


ただ、初めに言っておきたいのは、あくまで私個人の勝手な解釈や、独断的な見解に基づく意見ばかりなので、あまり生真面目に読まれると気が引けます。


もしかしたら筆者である竹内先生の意図とは、異なる解釈や間違った捉え方をしているかもしれませんしね。


そこをわかったうえで、気楽に読んでもらえれば幸いです。


そしてもうひとつ、この記事は竹内先生の本を読んだ人に向けて書いているので、そうでない人は、『自分を知れば、もっと楽に生きられる。 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」』を先に読んで頂くことをお薦めします。





まず、私は間違いなくバリバリの大人タイプです。


前からそう感じていましたが、この本を読んでみて改めて確信しました。


なので、歳をとればとるほど、自分の心と実年齢がしっくりしてきて、子供の頃や若い頃より今現在の方が、うんと安定した心でいられるようになりました。


歳を重ねるごとに、自己一致が進んできた、という感じです。


逆に言えば、昔の私は自分探しばかりしていて、自分が何者なのか、なかなか答えを見つけられずに、とても苦しい生き方をしていました。


今の方がずっと楽な気持ちで生きられています。




そして大人タイプの私は、愛したい人でもあります。


自分ではそれほど自覚していませんが、愛したい大人タイプの私は、結婚して嫁や子供を得たことと、仕事で役職が上がり、部署でトップの立場になったことで、結果的に自分の中の愛したい欲求をかなり満たされています。


ここでいう愛とは、相手の面倒を見たい、コントロールしたい、傘下に置きたいという意味ですが、さらにいえば、自分のもとで成長して、立派に巣立ってもらいたい、という気持ちもあります。


大人タイプの私は、傘を持っている人でもあります。


自分の傘がある私は、人の傘に入りたいとか入れてほしい、と思ったことは一度もありません。


むしろどんな立派な傘であっても、他人の傘なんかには入りたくない、という気持ちが強いです。


そんな私の持つ傘ですが、大きくて立派なのかどうかは正直わかりません。


入りたい人はどうぞ遠慮なく、出ていきたくなったらご自由に、といった感じです。


自分の傘に人を入れることに、それほど執着がないのかもしれませんが、もしかしたら、自分の持つ傘に自信があって、ほっておいてもいくらでも入りたい人はいるはずだ、と思っているのかもしれません。


なにしろ大人タイプは、自分に自信を持ちやすいですから。(-。-)y-゜゜゜



次に、大人タイプはウソをつくのが比較的上手である、ということについては、確かにそう思います。


上手い下手はともかく、私自身はウソをつくことに対する抵抗があまりありません。


社交辞令として、場を丸く治めるため、相手を傷つけないため、相手を気分良くするためのウソは、大人として当然のこと、ぐらいに思っています。


子供タイプの人が上手くウソをつけなかったり、バカみたいに正直だったりして、人を不愉快にしたり、場の雰囲気を悪くするのを見ると、子供じゃないんだからもっと大人の対応しろよ、と思うのは、きっと大人タイプならではでしょうね。



目立ちたがり屋と隠れたがり屋についても少し書いてみます。


これ、正直いうと私はどっちだかよくわかりません。


集合写真などでは、基本的に後ろの端っこが定位置です。


人前でカラオケなどは、もう本当に勘弁して下さいって感じです。


かといって、隠れたがり屋でもなさそうです。


必要があれば人前に出て目立つことも厭いませんし、そういう時は必要以上に遠慮したり、ぐずぐずしないで、さっさと済ませます。


どちらでもないというのが、本当のところでしょうか。



もうひとつ、人から理解されたいわかってもらいたい、という欲求が私は希薄です。


自分が人を理解したい、わかってあげたいという気持ちは強いですが、相手から自分の事をそれほど理解されなくても苦になりません。


しかし、ひとりだけ私のことを正しく理解して欲しい相手がいます。


それは自分自身です。


自分だけは自分の事をちゃんと理解したいし、自分の事を認めていたいし、自分を好きでいたいと思っています。


その次に、家族にはやはり自分の事を、それなりにわかってもらいたい、という気持ちがあります。


それ以外の他人は、まあ理解してくれれば、それに越したことはないけど・・・


という程度です。


いくら他人から理解してもらったり、認めてもらったり、あるいは褒められたりしても、自分で自分をそう思えなければ意味はない、ぐらいに思っています。



最後に、子供タイプについて少し書きます。


この本を読んで、あきらかに子供タイプだと思われる知り合い(男性)の顔が、何人も浮かびましたが、やっぱり魅力ある子供タイプには、愛情をそそいでくれる保護者の存在が必ずありますね。


でも、人格が成熟した魅力的な子供タイプになるのは、かなり難しいと思います。


実際に少ないですしね。


大人タイプなら、そこそこの人格でも、なんとか世の中で居場所が見つけられそうですが、同じようなそこそこの子供タイプは、けっこう苦労するんじゃないだろうか?


特に、大人になってからの生き辛さという意味では、子供タイプの方が大人タイプよりも、それを実感することが多い気がしますが、どうなんでしょうね。


人を愛するのは能動的な行為なので、(最終的に相手が受け入れてくれるか否かという問題はありますが)本人の意思と頑張りで何とかなりそうな気がしますが、人から愛されるのは受け身なので、かなり難易度が高いですしね。


ここらで結論らしきものでまとめておきます。


変えられない性格(気質)は、いかに受け入れ、よい方向に成長させるかが大切。


私も素直に自分の性格を認めて、より成熟したものにしていきたいと思います。


根拠のない自信を持ち、反省なんかしなくて、俺がルールだと思っていて、攻撃的で、おんぼろ傘に人を入れたがり、自分大好き人間で、しかも能力に関係なくリーダーになりたがる、愛のカタチAの私。


そんな私ですが、あえて言います。


あー、大人タイプに生まれて、よかった!









にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

6月10日(土)本日講座開催します


KIMG0412.JPG


おはよーございます(^O^)/


「第1回 おやじカウンセラーのエンカウンター講座」


本日開催です。


いまから名古屋へ向けて出発です!


準備万端


用意周到


備えあれば患いなし


ホントかなあ・・・(ーー;)


参加者の皆さんは気をつけてお越しください。


名古屋セブンスタービル6階、開場は9時45分です。


温かい飲み物とお菓子をご用意してお待ちします。


では<(_ _)>




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:51 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

【エンカウンター講座】レジュメ完成!


「第一回おやじカウンセラーのエンカウンター講座IN名古屋」


いよいよ今週末の土曜日に開催の運びとなりました。


急きょ大幅に内容を変更をしたので、昨夜遅くにようやくレジュメが完成したばかりです。


余裕なさすぎでかなり反省・・・(ーー;)


なので、最近は睡眠不足気味で眠い眠い(-_-)zzz


その分、自分としては(レジュメだけは)納得できるものに仕上げました。


あとはしっかり練習して当日に臨みます。




参加される方にはこの場を借りて、最終確認をさせて頂きます。


日 時  平成29年6月10日(土)

開場9時45分   開始10時  終了16時45分 
※早すぎず遅すぎず、9時45分から10時までにお越しください。

場 所  名鉄セブンスタービル 6F 609号室( 名古屋駅から徒歩6分)
※エレベーター6階で降りてすぐ斜め右の部屋。ドアに案内の掲示をしておきます。

参加者  6月9日現在、8名の参加予定です。

受講料  5000円(温かい飲み物と休憩時のお菓子付きです)
※なるべくお釣りのないように、当日受付でお支払い下さい。
※領収書が必要な方は遠慮なくおっしゃってください。


〜会場案内〜

[ここに地図が表示されます]


☆愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-28 名鉄セブンスタービル6階 609号室


名古屋駅前、高島屋・ツインタワー側の地下鉄「名古屋」駅、2番出口より出て左折し、「スギ薬局」「サークルK・サンクス」を那古野町方面に徒歩3分。「モンブランホテル」「YAGIYA]を通過し、「ザ・サイプレスホテル」と「ローソン」のある交差点の右角のビル、「名駅セブンスタービル」の6階です。




グーグルマップはこちら ⇒ 名鉄セブンスタービル




※私は名古屋駅周辺の地理に疎く、もし迷われた場合上手くご案内できる自信がありません。出来ましたら事前に周辺地図、あるいはスマホアプリ等でご確認頂くようお願いします。
 
何かございましたら、電話かショートメールでお知らせ下さい。
※お知らせした私の携帯電話は忘れずにご登録しておいてください。

ではお気をつけてお越しください。


まだ募集はしております⇒こちら






おまけの記事

私はリュックサックが好き。

サイクリング、バイク、低山ハイク、といったアウトドアはもちろん、普段の外出にもリュックを背負う。

KIMG0458.JPG

いろんな荷物を持ち歩きたいし、手提げかばんと違って両手が空くのがいいのだ。

KIMG0459.JPG

実はショルダーバックも好きなので、いくつか買ってみたが、なかなかしっくりくるものに出会わない。

誰かおススメがあったら教えてくださいね🎵

話は違うが、先日嫁とサイクリングに出かけた後、スポーツタイプのサングラスが欲しいというので購入したのがこちら。

KIMG0470.JPG


Torege サングラス 超軽量 TR90 UV400 紫外線カット 偏光レンズ 子供用 スポーツサングラス TRG001 (ブラック&イェロー) -
Torege サングラス 超軽量 TR90 UV400 紫外線カット 偏光レンズ 子供用 スポーツサングラス TRG001 (ブラック&イェロー) -

値段のわりにしっかりしていて、ケースもちゃんとしたのがついているし、なによりキッズ用なのでチビで子供サイズの嫁にはぴったり。

本人も喜んでいました🎵



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:14 | 愛知 ☔ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

エンカウンター講座の準備


KIMG0464.JPG


昨日のサイクリングの途中で、道路脇に小さな祠(ほこら)を見つけた。


写真を撮るついでにお賽銭をあげ、いろいろと感謝の気持ちを込めて手を合わせた。




ちなみにサイクリングの目的は、嫁と蕎麦を食べに行くことだったのだ。


KIMG0467.JPG


私は普通のざるそばを注文したので、嫁が海老の天ぷらを1本くれた。


小ぶりだったが美味しくて、しっぽまでバリバリ食べた。




そして今日は、今週末に迫ったエンカウンター講座の資料作り。


ワードも得意ではないが、エクセルははっきり言ってかなり苦手。


それでもちまちまと時間をかけて頑張ったら、なぜだか不思議と思いどおりの書類ができた。


やればできるものだと、自分で変に感心してしまった。




エンカウンター講座は、それなりに準備を進めていたのだが、会場の広さや、時間的なこと、さらに実際の参加人数がほぼ固まってきたことも考慮して、大幅にエクササイズの内容とスケジュールの見直しをすることにした。


このタイミングでの資料の作り直しはけっこう大変だけど、どうせやるなら妥協はしたくない。


最初で最後の主催講座になるかも知れないのだから、悔いが残らないように今の自分にできる精一杯のものをやりたいのだ。


とは言うものの、思ったより準備が遅れているので少々焦っている。


しかも夜になったら(昼間は駐車場が超混んでいるので)100円ショップに行って、必要なものを買おうと思っていたのに、今日は親父の命日だったので、家で寿司を食べたついでについうっかりして酒を飲んでしまい、予定は明日に持ち越しになってしまった。


まあ明日の仕事帰りに寄り道すれないいいか・・・


なんて思ってしまうところが私の欠点なのだろう。




そういえばあの祠で、講座が上手くいくようにと、お願いするのも忘れていたことを、今思い出した。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:33 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

自分が好きになりたいあなたへ


KIMG0457.JPG


私は適当でいい加減な人間です。


特にこれといった拘りもなくこうでなくちゃいかんということもあまりありません。


ただそれは自分の中でどうでもいいことと絶対に譲れないことがあって他の人が拘るようなことが、わりとどうでもいいことだと思っているからかも知れません。



周りは私の事をどのような人間だと思っているのかよくわかりません。



いい加減で適当な奴だと思っているのか。


神経質で細かい男だと思っているのか。


おおらかでのんびりしている人だと思っているのか。


態度がデカくてエラそうな野郎だと思っているのか・・・。



ただはっきりしていることは人からどう思われているかなんてことは、どちらかというとそれほど気にならないタイプだということです。


オマエは嫌な奴だな!と面と向かって言われれば、それは喧嘩を売られたようなものですが、そんなことは滅多にあるわけはなく、陰口を言われているかどうかなんて、聞こえてこなければ気にする必要もありません。


こんなことを思うのはきっと私は自分の事が好きなのだろうね。


いえ、自分に自信があるのとは違いますよ。


自慢じゃありませんが、自信なんてこれっぽっちもありませんし、劣等感の塊のような人間です。


自分が好きというのは


こんな自分でずっとやってきたんだから・・・


それなりに苦労もしてきたんだから・・・


せめて自分で自分を労ってやろうよ(-_-)


まあそんな気持ちなのです。



どうしたら他人に嫌われないか?好かれるのか?

そんなことばかり考えて生きるのはある意味不毛です。


私は皆に好かれていて、誰からも嫌われてないなんて思っている人は、きっとすごく嫌な奴か馬鹿かのどちらかです。


結局のところ、人から好かれようと苦労するより、こんな自分だってそれなりに頑張ってるじゃんって思えるようになる方が、ずっと幸せへの近道なのだと思います。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


この本には「人に笑顔で接するようにすること」が人から好かれる方法のひとつだと書いてあります。


まずは鏡の中の自分に微笑んでみましょう。


今日も一日頑張ったあなたは、どんな笑顔をしているのでしょうね。





【第一回おやじカウンセラーのエンカウンター講座】
参加者募集中



安心安全な、穏やかで温かい雰囲気の中で自分を知るための講座です。


FB_IMG_1491740138190.jpg
☆当日は和室ではありません


奮ってのご参加、お申し込みをお待ちしています。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:42 | 愛知 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

自分を知って幸せになる本


竹内成彦先生の新刊が発売されたので、さっそく読んでみた。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


のっけから本の内容とは全く関係ない話で申し訳ないが、まず手に取ってみて思ったのが、あまり見たことがない装丁だなということ。


紙の本というものが、出版の形態や流通も含め、いろんな意味で変わってきつつあるんだと思う。



さて肝心の内容はといえば、タイトルそのままの「より自分を知って、もっと楽に生きるための本」と言えるだろう。


人の悩みの多くは「思うようにならない自分自身」にあると思う。



自分で自分をコントロールできない。


頭ではわかっているのにやれない、やめられない。


自分を変えようと思っても上手くいかない。


他人と上手く付き合えない。



全部自分のことばかりだ。



よく言われるのが「過去と他人は変えられない」という言葉だが、そんなことはわかっていても、自分だってそう簡単には変えられないのだ。



もっと強い人間になりたい。


もっと優しくなりたい。


NOと言える人間になりたい。


人前で堂々と話ができるようになりたい。


我慢強くなりたい。


いつでも穏やかな気分でいたい。


そして幸せになりたい・・・




この本は「人の性格」を学ぶためにはぜひとも手に取って繰り返し読んでもらいたい本だけど、それだけではつまらない。


今の自分の性格をより正しく知ることで、これからの自分をどう変えればよいのか、そのためには何をすれば変われるのかを学んで実践して欲しい。



本の後半「幸福論・幸せになる方法」ではこう書いてある。


「私が性格についてずっとお話してきたのは、あなたに幸せになって欲しいからです。」


そうなのだ。


肝心なのは自分や他人の性格を知り、分析して満足することではない。


私は少しでも幸せに近づくため、小さくても幸せを手に入れるために繰り返しこの本を読もうと思う。


そして少しづつでも行動しようと思う。



ところでこの本には気になることがひとつある。


分厚いハードカバーの本でもないのに2294円と、少々高い本なのだ。


基本的に本というものは、数が売れなくては絶対に儲からないように出来ているから、この値段設定は出版社が損をしないようにするためなのだろう。


そのあたりはやや残念だけど、考えようによっては2000円そこらで自分を知り幸せになるきっかけとなるのであれば安いものだ。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


元書店店長経験者の私が言うのだから間違いはないのだ。





【第一回おやじカウンセラーのエンカウンター講座】
参加者募集中



残席3名となりました。






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 18:59 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

Time is money 時は金なりなのだ


KIMG0246.JPG
☆この写真はお金に関係ないなあ(^^;



Time is money



「時は金なり」とは誰もが知る言葉だが、では具体的にどうなのか?


時間とお金がどう結びつくのかを知るために


昨日は竹内成彦先生のグループカウンセリングに参加してきました。


時間を効率よく使うこと、無駄な時間を削ることは当たり前。


そこからさらに踏み込んで、いかに価値のある時間の使い方をするかが大切なのです。


例えばカウンセリングの勉強に時間を使うことはいかにも有益な時間の使い方のように思いがち。


だけど、その目的が明確でないと本当の意味での価値がある時間の使い方とは言えませんね。


知識欲を満たすため、自己を向上させるため、所属欲求を満たすため、将来に生かすため、お金を稼ぐ手段として・・・


各個人で目的は様々だし自由に決めればいいのだが、少なくとも自分が何のためにこの時間を使っているかがきちんとわかっていて、しかもそのための行動に結び付けなければ意味はないというわけなのです。



自分の事を言えば、最近つくづく感じるのが「人生の残り時間」のこと。


モノゴコロついてから、あれこれ悩んで、あれこれ楽しんで、あれこれ悲しんで、あれこれ喜んで・・・


そんなこんなの人生でここまで来たけれど、もうそろそろ悩んでも仕方のないことで貴重な時間を消費するのはやめようと思っている。


悩みなんてほっといてもあっちから勝手に山ほどやって来るのだ。


まだ来ぬ悩みの先取りをしてあれこれ悩むより、その場になってから対応すればいい。


おお悩みちゃん、よく来たなベイビーって感じで十分。


それよりも手つかずのまま、あるいは途中がけでたまりにたまった人生の宿題を、もうそろそろてきぱきと片付けないとね。


片付けなくても、いつか必ず夏休みも人生も終わっちゃうけど・・・




ところで昨日のグループカウンセリングには心理臨床家の南波先生も東京から参加され、ひときわ鋭い眼差しで学んでおられました。


その南波先生、東京は目黒でカウンセリングルーム・カラーズを開設され、まだお若いのに臨床歴14年目とは恐れ入ります。<(_ _)>


聞けばご主人と高校生の娘さんもいらっしゃるお立派な母さんでもあるのです。


主婦カウンセラーをなめんなよ<(`^´)>


そんな啖呵がお似合いだと勝手に思っておりましたが、きっとクライアントにはめちゃめちゃ優しいんだろうなあ。




最近の自分は何かと忙しく慌しいと日々感じることが多いのですが、それが単なる時間の無駄遣いになっていないか、あらためてきちんと考えなければと感じた、昨日の勉強会でした。




ここでお知らせ



6月10日(土)に「エンカウンター㏌名古屋」を開催いたします。




【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】
 
 
〜人生経験豊富なおやじカウンセラーから学べる体験学習講座です〜



日 時  平成29年6月10日(土)
     開場9時45分  開始10時  終了16時45分 

場 所  名鉄セブンスタービル6F( 名古屋駅から徒歩6分)

主 催・ファシリテーター  おやじカウンセラー(川畑ひさし)

定 員  12名程度(最少開催人数4名)

受講料  5,000円(温かい飲み物と休憩時のお菓子付きです)
      ※受講料は当日受付でお支払い下さい。



● カウンセリングを少しでも学んだことがある方が対象です。

● カウンセラー資格の有無は問いません。

● 体験学習が初めての方にもお薦めです。
                
● 傾聴訓練やロールプレイの勉強会ではありません。

● 個人の悩みを解決するための勉強会ではありません。

● 構成的エンカウンター(グループワーク・トレーニング)の講座です。

● 学習意欲が高く、さまざまな経験を積んだ仲間達と知り合うことが出来ます。

● 丸1日(10時〜16時45分)かけて学ぶ充実講座です。
                 
● 格安で、しかも内容の濃い体験学習講座です。



エンカウンター(ふれあい)とは本音と本音の交流を意味しています。
心と心が通い合うためには、あたたかくて受容的な人間関係でなければなりません。

私自身が長年カウンセリングを学び、またボランティア活動としてカウンセリング関連の各種講座を企画運営してきた経験を活かし、参加者の皆さんが安心してのびのびと自己表現・自己洞察・他者受容を体験できる場をつくりたいという思いで、今回のエンカウンターを開催することにしました。



〜会場案内〜

[ここに地図が表示されます]


☆愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-28 名鉄セブンスタービル6階 609号室


名古屋駅前、高島屋・ツインタワー側の地下鉄「名古屋」駅、2番出口より出て左折し、「スギ薬局」「サークルK・サンクス」を那古野町方面に徒歩3分。「モンブランホテル」「YAGIYA]を通過し、「ザ・サイプレスホテル」と「ローソン」のある交差点の右角のビル、「名駅セブンスタービル」の6階です。


グーグルマップはこちら ⇒ 名鉄セブンスタービル





申し込み方法



下記のアドレスに必要事項を入力してメールして下さい。


oyazi3ichigo☆gmail.com


※入力、コピペの場合は、必ず☆を@に打ちかえて入力してください。


必要事項

@お名前(フルネーム)

Aお名前(ふりがな)

Bお住まい(都道府県のみ)

Cメールアドレス(スマホ、携帯アドレスはPCメール受信拒否でない場合のみ)

D携帯番号(緊急連絡用)

Eその他(お問い合わせ、コメントなどがあれば)



申し込みメールを受信後、出来るだけ24時間以内に返信メールをいたします。

もし、48時間以上経ても返信が届かない場合は、ブログのコメント欄にお名前とアドレスを記入して下さい。
※コメントは非公開で、内容の確認後は削除します。




尚、お預かりした大切な個人情報は、十分に注意して取り扱いいたします。



また下記の方法からも引き続き申し込みを受け付けております。


@私のPCアドレスにメールで申し込みできる方

A私のモバイルアドレスにメールで申し込みできる方
 私のモバイルはPCからのメールは受信拒否になっています。
 必ずあなたのモバイルからメールを送信して下さい。

B私の携帯番号ショートメールで申し込みできる方
 直接電話での受け付けは致しません。

C直接口頭でお申し込みできる方

D共通の知人・友人を通して申し込みできる方


※フェイスブックからの申し込みは受付しておりません。

以上です。


有難いことに、既に多くの方から参加の申し込みをいただき残席3名となっております。


申込されている皆さんは、誠実で素敵な方ばかりです。


奮ってのご参加・お申し込みをお待ちします。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:40 | 愛知 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

クライアントの沈黙


5月の連休は天気に恵まれ、初夏を存分に感じることができました。


KIMG0392.JPG  KIMG0393.JPG



そしてこの連休中に初めて無料カウンセリングのクライアント体験をしました。


無料だからといって特に変わったことはありませんでしたが、残念ながらカウンセリング自体は得るものが少なかったような気がします。


とにかく話が堂々巡りで、同じことばかりの繰り返しに終始してしまったということです。



クライアントの沈黙にどう対応するかというのは、傾聴訓練のテーマとして取り上げられることがあります。


今回のセッションでは殆んど沈黙の場面がなく、ずっと途切れずに喋っていましたが、後から振り返るとそれが一番よくなかったと思います。


沈黙しなかった理由は二つ。


私自身がそうしなかった、カウンセラーが沈黙させてくれなかった。


もちろんカウンセラー側にそんな意図はなく、後から私がそう感じたということです



カウンセラーにとってクライアントの沈黙は、ある意味怖いものです。


しかし、沈黙があってこそクライアントの自己洞察が深まり、新たな気づきに繋がるということを、今回改めて実感しました。


沈黙にどう対応するのかは難しい課題ですが、クライアントが安心して沈黙できるカウンセラーになるということは、もっともっと難しいことだと思います。


それにはクライアントから信頼させるカウンセラーになること。


クライアントを信頼できるカウンセラーになることの両方が必要なのでしょうね。






6月10日(土曜日)に私が開催する初の講座、現在参加者募集中です。



【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】



エンカウンターとはふれあいを通して自己開示・他者受容を学ぶ勉強会です。



ここへきて集客の難しさを実感しております。


奮ってのご参加ををお待ち申し上げます。






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 17:30 | 愛知 ☔ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

カウンセラーは堅気の商売なのか?


昨夜は竹の子会の懇親会で、たらふく飲み食いした私です。


yjimage[2].jpg
    ☆これはイメージです🎵


少し酔っ払った私はこんな暴言を吐いていました。



カウンセラーなんて堅気がやる商売ではない(゚д゚)!



プロカウンセラーを前にしてとんでもなく失礼な話です。(ーー;)


この場を借りて深くお詫び申し上げます<(_ _)>


そしてこう言い直します。



カウンセラーは凡人が簡単に飯を食える商売ではない
(゚д゚)!(゚д゚)!(゚д゚)!




世の中にはいくら頑張って努力しても、そう簡単にはなれない職業があります。


プロスポーツ選手、歌手、漫画家、作家、タレント、芸人、他にも山ほど・・・


いえ、なろうと思えばなれるものもありますが、飯が食えないのです。


最近は芸歴20年なんて芸人がブレークしたりしていますが、その陰には一度もテレビに出ることなく消えてしまう芸人が星の数ほどいるのです。



そもそも開業カウンセラーなんて誰でも始められる仕事です。


就職試験も年齢制限もありませんし、資格だってなくてもいいのです。


ルームがなくても喫茶店でやるのなら開業費用もほとんどかかりません。


始めるにあたってのハードルがおそろしく低い商売なのです。


それでいて横文字商売でなんとなくステイタス感もあるので、チャレンジ欲をそそられた方々が次々とプロのカウンセラーになって・・・


結果、ことごとく討ち死に




でもね


心の中ではそういう人たちを羨ましくも感じています。


ある意味で妬む気持ちすらあります。


一度きりの人生、リスクや失敗を恐れていては何も出来ないのです。


悔いの無い生き方とは、自分に正直に誠実に生きること。


最初からあきらめて、誤魔化して、何も始めようとせず、チャレンジもせず・・・


そんなのはやっぱりつまらないなあ、と思います。


人の夢を眺めてばかりいるよりも、たとえ小さくても自分の夢を見たいものですね。





私が開催する初の講座、現在参加者募集中です。



【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】



まだまだお席は空いております。<(_ _)>




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:04 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

カウンセリング料金のこと


IQOSです。


KIMG0320.JPG


未だ品薄状態のIQOSですが、友人が予約注文していた物を譲ってもらいました。


えっ!まだタバコなんか吸ってんの!?いい加減に止めたらどう?


はい、おっしゃるとおりです


ただ、タバコとは長い付き合いなのもので、できるだけ他人に迷惑をかけないように嗜んでおります。





さて本題へ


カウンセリング料金のことです。


私はずっと組織や企業に勤めてきましたので、毎月の給料というものを頂いてきました。


この給料の金額を決めるのは私ではなく、雇用主であったり組織の規定に沿ったものであるわけです。


そして毎月の給料日になれば、当然のように給料が貰えるものだと思っている方が殆どだと思います。


しかし(開業)カウンセラーの場合、自分で働いて尚且つ結果を出した分しか収入にならないシビアな商売なので、カウンセリング料金をいくらに設定するかは、ある意味で死活問題につながる重要な課題なのです。


これまでに私が受けたカウンセリングの料金は、4500円、6000円、8000円といったところ。


まあ、このあたりがやや安いか一般的という感じの料金のようですね。


ちなみに現在は値上げされた方もいらっしゃるようです。


こうした価格設定は、カウンセラー自身がいくら稼ぎたいか、稼ぐ必要があるのかに大きく左右されます。


もし家族を抱えて本業としての仕事であれば、仮に毎月50万円の収入があったとしてもボーナスなどは無いわけで、そこから家賃、光熱費などの必要経費や日々の生活費、勉強代などを差し引くと、なんとか人並みの暮らしができるというところでしょうか。


もっとも月に50万円以上稼ぐカウンセラーは、それほど多くない・・・というかかなり少ないのではと感じます。


単純に単価を上げれば収入も増える計算になりますが、カウンセリングというカタチの無いものを商売にするのはただでさえ難しく、それなりの価格設定にするためには、ある程度明確な付加価値が必要となります。


本来であればその付加価値は「カウンセリングの腕がいい」ということになるはずですが、実際にはそうではないのが現実です。


「テレビなどのメディアに出ていて顔が売れている」「本をたくさん出している」「カウンセリングスクールを主宰している」「大学の先生などの公的な肩書きがある」「見た目がよくて話が上手い」等々


実際にこうしたカウンセラーはかなり高額な価格設定をしている場合が多いです。


公的資格の問題や、統一された教育システムがなく、誰でもがカウンセラーになれてしまう現実があります。


カウンセラーとしての力量を判断する明確な基準がないことが、ピンキリのカウンセラーを生み、ピンキリの料金が発生してしまう一番の問題なのだと思います。



本来のカウンセリングは対人援助、医療福祉の性格が強い仕事ですから、そうした困っている人たちが受けられる、通い続けられる価格設定が望ましいはずです。


介護、看護、医療福祉は国や自治体からの補助や援助によって、ある程度は平等に受けられるシステムになっていますが、カウンセリングに関しては、一部の医療機関、スクールカウンセリングや行政の相談窓口など以外は、一般的にクライアントの実費となっています。


5000円なのか10000円なのか20000円なのか・・・


何れにせよ、1時間足らずの会話に払う金額としては高額です。


自分のカウンセリングにはそれだけの価値があり、それだけのものをクライアントに提供できている。


その言葉がカウンセラーの一独りよがりではないことを信じるしかありません。


カウンセラーが食える食えないということは、クライアントには全く関係がないことなのですから、ろくに価値がないものに高額な価格をつけることは、カウンセリング業界の信頼を失うことに違いないのですから。





【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター講座in名古屋】



参加者募集中です⇒http://counselingbox1960.seesaa.net/article/449042171.html





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 12:00 | 愛知 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

エンカウンター講座・募集開始


6月10日(土)に、おやじカウンセラーこと私、川畑ひさしが主催・ファシリテーターを務める「エンカウンター㏌名古屋」の参加者募集を開始いたします。




【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】
 
 
〜人生経験豊富なおやじカウンセラーから学べる体験学習講座です〜



日 時  平成29年6月10日(土)
     開場9時45分  開始10時  終了16時45分 

場 所  名鉄セブンスタービル6F( 名古屋駅から徒歩6分)

主 催・ファシリテーター  おやじカウンセラー(川畑ひさし)

定 員  12名程度(最少開催人数4名)

受講料  5,000円(温かい飲み物と休憩時のお菓子付きです)
      ※受講料は当日受付でお支払い下さい。



● カウンセリングを学んだことがある方が対象です。

● カウンセラー資格の有無は問いません。

● 体験学習が初めての方にもお薦めです。
                
● 傾聴訓練やロールプレイの勉強会ではありません。

● 個人の悩みを解決するための勉強会ではありません。

● 構成的エンカウンター(グループワーク・トレーニング)の講座です。

● 学習意欲が高く、さまざまな経験を積んだ仲間達と知り合うことが出来ます。

● 丸1日(10時〜16時45分)かけて学ぶ充実講座です。
                 
● 格安で、しかも内容の濃い体験学習講座です。



エンカウンター(ふれあい)とは本音と本音の交流を意味しています。
心と心が通い合うためには、あたたかくて受容的な人間関係でなければなりません。

私自身が長年カウンセリングを学び、またボランティア活動としてカウンセリング関連の各種講座を企画運営してきた経験を活かし、参加者の皆さんが安心してのびのびと自己表現・他者受容を体験できる場をつくりたいという思いで、今回のエンカウンターを開催することにしました。


手をつないだり、歌をうたったり、肩をモミモミしたり、目と目を見つめ合うようなエクササイズはありませんので、恥ずかしがりやさんも安心してご参加ください。




〜会場案内〜

[ここに地図が表示されます]


☆愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-28 名鉄セブンスタービル6階 609号室


名古屋駅前、高島屋・ツインタワー側の地下鉄「名古屋」駅、2番出口より出て左折し、「スギ薬局」「サークルK・サンクス」を那古野町方面に徒歩3分。「モンブランホテル」「YAGIYA]を通過し、「ザ・サイプレスホテル」と「ローソン」のある交差点の右角のビル、「名駅セブンスタービル」の6階です。


グーグルマップはこちら ⇒ 名鉄セブンスタービル





申し込み方法



下記のアドレスに必要事項を入力してメールして下さい。


oyazi3ichigo☆gmail.com


※入力、コピペの場合は、必ず☆を@に打ちかえて入力してください。
※@は半角です。


必要事項

@お名前(フルネーム)

Aお名前(ふりがな)

Bお住まい(都道府県のみ)

Cメールアドレス(スマホ、携帯アドレスはPCメール受信拒否でない場合のみ)

D携帯番号(緊急連絡用)

Eその他(お問い合わせ、コメントなどがあれば)



申し込みメールを受信後、出来るだけ24時間以内に返信メールをいたします。

もし、48時間以上経ても返信が届かない場合は、ブログのコメント欄にお名前とアドレスを記入して下さい。
※コメントは非公開で、内容の確認後は削除します。




尚、お預かりした大切な個人情報は、十分に注意して取り扱いいたします。



また下記の方法からも引き続き申し込みを受け付けております。


@私のPCアドレスにメールで申し込みできる方

A私のモバイルアドレスにメールで申し込みできる方
 私のモバイルはPCからのメールは受信拒否になっています。
 必ずあなたのモバイルからメールを送信して下さい。

B私の携帯番号ショートメールで申し込みできる方
 直接電話での受け付けは致しません。

C直接口頭でお申し込みできる方

D共通の知人・友人を通して申し込みできる方


※フェイスブックからの申し込みは受付しておりません。

以上です。




この機会にエンカウンターを体験してみませんか。


積極的なご参加をお待ちします\(-o-)/





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

エンカウンター開催のお知らせ


私の今年の目標にしていた主催講座の開催がようやく決定いたしました。





【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】
 
 
〜人生経験豊富なおやじカウンセラーから学べる体験学習講座です〜



日 時  平成29年6月10日(土)
     開場9時45分  開始10時  終了16時45分 

場 所  名鉄セブンスタービル6F( 名古屋駅から徒歩6分)

主 催・ファシリテーター  おやじカウンセラー(川畑ひさし)

定 員  12名程度(最少開催人数4名)

受講料  5,000円(温かい飲み物と休憩時のお菓子付きです)
        ※受講料は当日受付でお支払い下さい。



●カウンセリングを学んだことがある方が対象です。

● カウンセラー資格の有無は問いません。

● 体験学習が初めての方にもお薦めです。
                
● 傾聴訓練やロールプレイの勉強会ではありません。

● 個人の悩みを解決するための勉強会ではありません。

● 構成的エンカウンター(グループワーク)の講座です。

● カウンセリングを学ぶ仲間達と知り合うことが出来ます。

● 約7時間(昼休憩含む)かけて学ぶ充実講座です。
                 
● 格安で、しかも内容の濃い体験学習講座です。



エンカウンター(ふれあい)とは本音と本音の交流を意味しています。
心と心が通い合うためには、あたたかくて受容的な人間関係でなければなりません。

私自身が長年カウンセリングを学び、またボランティア活動としてカウンセリング関連の各種講座を企画運営してきた経験を活かし、参加者の皆さんが安心してのびのびと自己表現・他者受容を体験できる場をつくりたいという思いで、今回のエンカウンターを開催することにしました。


手をつないだり、歌をうたったり、肩をモミモミしたり、目と目を見つめ合うようなエクササイズはありませんので、恥ずかしがりやさんも安心してご参加ください。




〜会場案内〜

[ここに地図が表示されます]


☆愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-28 名鉄セブンスタービル6階 609号室


名古屋駅前、高島屋・ツインタワー側の地下鉄「名古屋」駅、2番出口より出て左折し、「スギ薬局」「サークルK・サンクス」を那古野町方面に徒歩3分。「モンブランホテル」「YAGIYA]を通過し、「ザ・サイプレスホテル」と「ローソン」のある交差点の右角のビル、「名駅セブンスタービル」の6階です。



4月15日(土曜)より参加者募集を開始しました。


募集要項はこちらをクリック
【おやじカウンセラーのエンカウンター講座 】募集開始







こちらの方法でも申し込みを受け付けております。


@私のPCアドレスにメールで申し込みできる方

A私のモバイルアドレスにメールで申し込みできる方
 私のモバイルはPCからのメールは受信拒否になっています。
 必ずあなたのモバイルからメールを送信して下さい。

B私の携帯番号ショートメールで申し込みできる方
 直接電話での受け付けは致しません。

Cフェイスブックでの申し込みは受付できません。(使いこなせていないので)



また、直接お会いした際に口頭でのお申し込みも受け付けております。


以上です。


この機会にエンカウンターを体験してみませんか。


ぜひ積極的なご参加をお待ちします\(-o-)/






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:54 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

たかが聴く、されど聴く


昨夜の懇親会の興奮がいまだ冷めやらぬ私です。


実は昨日の昼間には、嫁とドライブがてらこんなのも食べちゃったりしていました。


1491626469966.jpg

☆下山の古民家風のお店で食した猪鍋定食です。


美味しいものをたくさん食べて幸せになった私ですが、その結果についてはこれから頑張って責任を取ります。




さて、昨日の会では総会の後でしっかり勉強もしてきました。


ひさしぶりの傾聴訓練です。


しかし産業カウンセラー同士が集まって、傾聴訓練という言葉が出たとたん、なぜだか急に皆さんの目が泳ぐ泳ぐ


やはり「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、あの養成講座での傾聴実習は、今振り返ると異様な緊張を強いられる場であったことは間違いなく、そこで初めて傾聴を学んだ方の多くが、傾聴訓練とは厳しく辛く恥ずかしいものというイメージを持ってしまったのかも知れません。


もちろん私も皆さんと同様にあの傾聴訓練を体験してきたわけですが、正直に言って傾聴訓練に対する抵抗感はほとんどありません。


特別に好きなわけではありませんが(体験学習ならグループワークが一番好きです)、やれと言われれば、いつ 何時、誰の話でも聴くという感じです。


傾聴訓練ではセッションの後に振り返りがあり、そこで観察者から様々な意見、感想を出してもらうことで、カウンセラー役、クライエント役として何がしかの気づきを得て学びに繋げるという流れになります。


そういう意味ではセッション自体の目的というのは、上手にカウンセラー役をこなすことではなく、参加者により多くの気づきを得られるような題材であるかどうかなのです。


上手にやろうとか失敗しないようにやろうと思った時点で、カウンセラーの意識はクライエントから離れてしまいます。


指導者や周りの観察者の目を意識したカウンセリングは、いくら振り返りで褒められても、クライエントの援助にはならないし、たいした気づきも得られない、というのが私の考えです。


私は産業カウンセラーの養成講座を受ける前に、既にプロの臨床家の先生からカウンセリング、傾聴を学んでいました。


その先生に言われたのは「自分が何のためにその場所に座っているのかを常に意識すること」という言葉です。


つまり周りの目が気になるのはクライエントに意識が集中していないクライエントの話がしっかり聴けていないから、ということなのです。


振り返りの際に、要約、見立て、主訴などと言う言葉が使われますが、私自身は15分程度のセッションでそういうことを意識しながら話を聴くことは殆んどありません。


それよりも相手の言葉の意味、表情や態度の変化、目の動き、話す速さ、間や沈黙の意味などを頭の端っこのほうで意識しながら、基本は全身全霊で聴く姿勢で取り組んでいます。


ただ相手の話を聴くという単純なことですが、やはり傾聴は奥が深く難しいものです。


そして聴き手であるその人の全てが傾聴に表れるのだと思います。


傾聴を通して今の自分をさらけ出す覚悟がなければ、やはり腰の引けた中途半端な聴き方になってしまうのでしょう。


上手い下手ではなく、どこまで熱意を持って聴けるか、聴けているか、を問われるのが傾聴訓練なのだ。


私はそう捉えて実践しています。


傾聴訓練のあり方については各個人で考え方が違うと思います。


今回の記事に感じることがあればいろんなコメントを頂きたいと思います。






6月10日(土曜日)に、私個人の主催でグループワーク(構成的エンカウンター)を名古屋駅近くの会場で開催する予定です。


早ければ今週中にも詳しい内容が発表できると思います。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:42 | 愛知 ☁ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

タブロイド思考な人


まだまだ朝晩は肌寒い日もありますが、もう季節は春ですね。


KIMG0410.JPG


4月1日(土曜)には、岡崎市でカウンセリングルーム杏アンゲーム講座に参加した後、参加者の方達とプチ花見に行く予定です。




さて、世の中には物事を複雑に捉える人と単純に捉える人がいます。


単純思考で物事を考える人をタブロイド思考タイプというそうです。


〇〇さんはお金持ちだけどいつも上から目線で、無神経で意地が悪い人なの・・・


△△さんはご家族に障碍者がいるのにいつも明るく前向きで素晴らしい人だ・・・


こういうのもある意味、単純思考でレッテル貼りをしています。


わかりやすいキーワードで物事を決めるのは、時として危険ですらあるのです。


特にカウンセラーであれば、人に対して先入観を持つことは、相手への理解を妨げることに繋がります。


生身の人間というものは決して一筋縄ではいかないものなのです。


例えば・・・


教育熱心で素晴らしい実績もあり、周囲からの信頼も非常に厚い教師が、実は不倫をしていて家庭では配偶者に対してDV行為をしている。



例としてはあまり良くなかったかも知れませんが、程度の差はあれこうした二面性を持っている人は珍しくありません。


二面性どころか三面も四面もの顔を持っているのが人間なのです。


とはいうものの、こうして自分の考えを文章にした時点で、すでに物事を単純に決めつけているのかも知れません。



人間というものは表も裏も良い面も悪い面もあって当たり前なのだ。



そうレッテル貼りをしていると捉えられても仕方がない記事を書いているからです。


タブロイド(単純)思考の人は、ステレオタイプなパターンで物事の答えを出しているかもしれませんが、それに対して複雑思考タイプの人は、エンドレスな思考ループにはまり込んでいて、答えを出すことを放棄しているのかも知れません。


ただ誤解されたり非難されるのを承知の上で言わせてもらうと「ステレオタイプのタブロイド思考の人の話はつまらなく、あまり会話が弾まない」と、私はそう感じることが多いです。


と言っても私は単純思考の人が嫌いなわけではありません。


素直で裏表がなく正直な人が多いのもこのタイプです。


なにより私の嫁は、ガッチガチのタブロイド思考タイプなのですから。


(;^ω^)




4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」


私も参加しますが、どんなエンカウンターになるのかとても楽しみです🎵




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

やたらとエラそうな奴ら


最近のテレビは必ずと言っていいほど同じようなニュースが流れていますね。


豊洲市場移転と森友学園に関するニュースです。


個人的には豊洲問題はまだしも、森友学園の件などでいつまでもガタガタしている場合なのか?という気がしてなりません。


「もっと国会で論議すべき重要な問題があるだろう」


そんな腹立たしい気持ちでいっぱいになります。


他にどんな問題があるのか?については、こんなブログに書くような軽いことではないと思うので書きません。


一つ言えるのは、少しぐらい生活が貧乏になったり不自由になっても構わないので、私や子供たちの世代が今のまま平和でいられたら(戦争に巻き込まれなければ)いいのだけれど・・・ということです。




さて話は戻り「豊洲市場移転と森友学園」の件です。


ニュースを見ていると「よくもまあ、これだけ横柄で上から目線のエラそうな奴らが揃ったものだ」と呆れてしまいます。


立派な肩書、社会的な成功、お金もち、であることと、その人の品格というか人間性は関係がないのでしょうね。※もちろん人格的に優れたリーダー、成功者、お金持ちの人も世の中にはたくさんいる?はずです。


もしかしたらこうした人たちは、人間関係を「支配するものと従属するもの(上か下か)」という感覚で捉えているのかも知れません。


そうやって力により相手を服従させ支配下に置く行為は、その人の優越感を満足させ自己肯定感が高まるのでしょう。


しかし、そんなとんでもなくエラそうな奴らの心の奥底には、表の態度とは全く違う心理があるのかも知れません。


人の気持ちを顧みる余裕がない、強くないと酷い目にあう、弱い自分はダメな人間、弱みを見せたら終わり、力を持たない自分には価値がない・・・


つまり「ありのままの自分に自信が無い」ということ。


その自信の無さや自己否定感が半端ないからこそ、その反動も大きくなって、とてつもなくエラそうな態度をとるのかも知れません。


まあこのように考えると、あの桁外れにエラそうな奴らの態度も理解できなくもない気が・・・全くしません!


私はそこまでの人格者ではないので、あんなエラそうな奴らを見ると不快感怒りしか感じません。


そして、人の性根は人相に表れるというのは本当だと感じるだけです。


見てごらんなさい、あのエラそうな奴らの品格のない歪んだ顔を(# ゚Д゚)



私は特に尊敬する人物はいませんが、強いて言うならば次のような人を尊敬します。


社会の片隅でつつましく生き、自分ができる仕事を真面目に取り組み、愛のある温かい家庭を持ち、身の丈に合った生活をし、なるべく他人に迷惑をかけず、出来る範囲で他人を助け、穏やかで静かに暮らす人


つまり普通の人が一番立派だということですよ。


KIMG0069.JPG


人の心を受け入れられない人は、いつまでたっても心の孤独から抜け出すことは出来ないのです。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

男は女より精神的に脆いのか?


少し前に女性カウンセラーの方達とをお話しをする機会がありました。


その際に「男は女より精神的に脆いんじゃないか?」という話題になり、私もそう言われてみると確かにそんな気がしていろいろ調べてみました。


その結果分かったことは、精神面だけでなくそもそも生物学的に男のほうが女よりも生命力自体が弱く、女のほうが生物として完成度が高いようなのです。


平均寿命も女より男が6,5年も短く、自殺者格差は男が女の2,5倍(アメリカは4,2倍)、ガンによる死亡率も男が高くなっています。


やはり種の保存という理由からか、生物としては女性のほうが生命力が強いことは事実といえるようなのです。


精神的な部分については個人差があるので一概には言えませんが、ある医療機関が男女のストレスについて調査した結果、男女によって大きな違いがあると発表しています。



@ストレス解消法  男の1位・のんびりする   女の1位・おしゃべり


Aストレスの原因   男の1位・仕事   女の1位・人間関係



これを見て面白いと感じたのは、女の場合は人間関係が最もストレスを感じる要因なのに、おしゃべりという対人コミュニケーションでそれを癒していること。


男は仕事が最もストレスになっており、仕事をせずにのんびりすることでそれを解消していることです。


さらに同じ機関の調査結果で、結婚している男女間(夫婦)の1日の会話時間というのがあり、最も多かったのが10分〜30分だそうです。


おしゃべりでストレス解消したい女と、静かにのんびり過ごしてストレス解消したい男は、初めからかみ合わないものなのかもしれませんね。


o0586062912226030841[1].jpg


我が家の嫁はテレビを見ているかスマホを触っている時以外は、四六時中何かしゃべっていますが、それが独り言なのか私に問いかけているのか、いまだに判断がつきません。


カウンセリング実技の向上のため、良さそうな傾聴訓練の勉強会があれば、できるだけ参加するようにしていますが、本当はわざわざお金を払って勉強しなくても、嫁の話を毎日1時間みっちり聴けば、かなり傾聴の腕が上がるわけです・・・(理屈としては)


クライエントの話は聴けても、嫁の話は聴けないとは情けない話です。


カウンセリングの勉強も結婚生活も、まだまだ修行が足りないということですね。




4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 15:12 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

自然体と自護体


柔道の基本的な姿勢・構えとして「自然体」と「自護体」があります。


Fig_004_Shizenhontai-Jigohontai[1].png


無駄な力を抜き、いつでも攻守に対応できるようなリラックスした構えを「自然体」、腰を落とし相手の攻撃を防ぐ守りの姿勢を「自護体」というのです。


普段の生活、特に人間関係においても、心理的には常々自然体でいられたらと思うが、なかなかそうはいかないものです。


身構えることなく素の自分で人と接することが、どれだけできているかを考えると、人によっては殆んどゼロという人もいるでしょう。


多くの人は、常に何がしかの構えをしているということです。


柔道でも自然体でいられるのは、相手より自分の実力が相当上回っていなければ難しいものです。


人間関係は試合や戦いではないのですが、嫌われたくない、好かれたい、バカにされたくない、負けたくない、怖い、近寄って欲しくない・・・といった気持ちが、心理的に守りの構えをとってしまうのです。


逆に対人関係でやたらと攻撃的な姿勢を持つ人がいますが、「最大の防御は攻撃なり」と言いますから、根っこの部分は同じかもしれませんね。


自分自身にゆるぎない自信があれば、余裕を持って自然体でいられるのでしょうが、そんな人は滅多にいないですし、もしいたとしてもそれこそ出来るだけ近づきたくないようなタイプの人間のような気がします。


あとはもう、嫌われても負けても馬鹿にされてもいいのだと、開き直ってしまう手もあるのですが、あれだけのベストセラーになったアドラーの「嫌われる勇気」を読んでも、実践するのは難しいと聞きますからね。(私は読んでないです)


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え -
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え -


ちなみに柔道ではまず初めにしっかりと受け身の練習をします。


ちゃんとした受け身が身につけば、投げられてもそれほど痛くないし、滅多に怪我などしないものだということを繰り返し体験することで、投げられることへの恐怖がうんと軽減するわけです。


人間関係においての「受け身」の練習にあたるのが、カウンセリングだったり、エンカウンターでのふれ合いなのかもしれませんね。




4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 13:55 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

「自然体とくつろぎのお話し会・春」のご案内


来月4月9日(日)に、名古屋で「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題された非構成的エンカウンター(テーマを決めない自由なお話会)が開催されます。


主催者兼世話役は、カウンセリング仲間の本荘一樹さんです。


本荘さんは私よりうんとお若いのですが、産業カウンセラーの大先輩でもあります。


私も参加する予定ですが、初体験の非構成的エンカウンターということで、今から楽しみにしています🎵


本荘さんのフェイスブックに投稿されたお知らせを貼っておくので、興味がある方は気軽に参加して下さい。



こんにちは。本荘一樹です。
やることはただ和室でくつろぎながら思ったこと、感じたことをおしゃべりするだけというシンプルなものです。
僕は今まで他の方が主催する「お話会」に参加者として参加させていただきました。そのときに感じたのは、自分が思っていること、考えていること、感じていることをみんなの前で話して、分かち合うってすばらしいということです。いわゆる生で分かち合うことで「感情の共有」ができるんです。もちろん自分で感じていることなどをブログとかフェイスブックで投稿するのもいいんですが、生で発言して分かち合えるのが何とも言えない心地よさがあるんです。
そういう感覚を味わってみませんか?
基本的にテーマは設けません。みなさんが感じたことなどを好きに話してください。話しにくい方はただ「そこ」にいるだけでも構いません。
興味ある方、時間のある方はお話会で話してみませんか?
僕はファシリテーターというより、世話人兼参加者という形になります。
日時:4月9日(日)10時〜16時
会費:2000円
定員:7名(主催者入れて)
場所:名古屋市中生涯学習センター 第1和室
名古屋市中区橘1−7−11
地下鉄名城線・鶴舞線上前津駅6番出口より徒歩7分
金山方向へ歩き、下前津の信号を右へ曲がるとセンターが見えます。




フェイスブックをされていない方、申し込み方法がわからない方は、このブログのコメント欄に「お名前と、携帯番号・Eメールアドレス」を記入して頂ければ、私からお返事いたします。


私の連絡先をご存知の方は直接連絡して頂いて構いません。


コメントは私が承認しない限り非公開で、連絡先を確認後はすぐに削除しますのでご安心ください。


SNSでの交流が悪いとは言いませんが、直接顔を合わせてふれ合うことで、より深く自分自身を知り、新しい出会いによって人間関係を広げてもらいたいと思います。


定員7名の少人数制ならではの、穏やかでのんびりとした時間を一緒に過ごしましょう。


ちなみにこのエンカウンターに参加された方には、伝統的な味噌づくりの蔵元で工場長をしている私から、ささやかなプレゼントをご用意しています🎵


ぜひこの機会にご参加ください。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:55 | 愛知 ☀ | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする