2019年07月14日

いちごの会で「ティール組織」を学ぶ

昨日は夕方から名古屋に出向き、勉強会に参加した。

早めに着いたので駅のホームで小腹を満たす。

KIMG2210.JPG

ここできしめんを食べるのは一年ぶりか。

やっぱり名古屋駅の立ち食いきしめんは美味いなあ・・・(^.^)


会場に着くと今日の講師を務めるOさんがすでに準備を整えていた。

FB_IMG_1563077762008.jpg

産業カウンセラーの同期の方たちを中心に立ち上げたこの会。

私は知人の速水さんから声をかけてもらい参加している。

ここ2年ほどは個人的な事情でまともに参加していなかったが

今期は真面目に参加しようと心に決めて

先月は読書会の講師もさせてもらった。


そして今日は「ティール組織(進化する組織)」の学び。

l_bit201904251140289423[1].jpg

理論だけで理解するのは難しかったが、講師Oさんの丁寧な説明と

会員相互の意見交換も含めて2時間しっかり勉強した。


ティール組織のポイントのひとつが

リーダーは「指し示す人」ではなく

「耳を傾ける人」であることだという。

これはなかなか意味が深いな。


私が思うに「耳を傾ける人」を実践できるリーダーはそうはいない。

だから多くの組織は「指し示す人」がリーダーになっている。

営利企業だけでなくボランティア団体も同じだろう。

なぜならリーダーだけが「耳を傾ける人」であっても

全員がそうでなければ組織は成り立たないから。

そんな気がする。


組織が進化するカギはお互いの信頼と対話なのか。

綺麗事のようだけどやっぱりそうなのだろうな。


ただこれだけは言える。

信頼できる仲間たちと学ぶ時間は

とても充実した楽しいものだった。🎵

独りでサイクリングもいいけど

たまには頭を使うのも大切だよねー (^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:39 | 愛知 ☁ | Comment(0) | いちごの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする