2017年04月30日

一期一笑の夜


今日は朝からずっと、6月のエンカウンター講座のレジュメを作成しておりました。


おかげさまで席も半分埋まって、なんとか開催は出来そうです。


KIMG0340.JPG


とりあえず当日のスケジュールと大まかなエクササイズの内容は決めましたが、詳しい資料作成は来週の連休に持ち越しです。


月曜、火曜は普通に仕事なので、ゴールデンウィークって感じはあんまりないんだけどね。




で、夕方からは名古屋に出かけて、誘ってもらった竹の子会の懇親会に参加


KIMG0341.JPG


皆さん、いい笑顔してますねー


人生なんてほっといたって嫌な事、辛いことは山ほどやってきますから、こういう時ぐらいは素直に笑顔で楽しむのが正解なのです。


この歳になって感じるのは、人間はやっぱり自分の居場所があるってことが大切なんだということ。


それは仕事だったり家庭だったり仲間だったり、人それぞれなんだけどね。


根無し草のような生き方が悪いとは思わないけど、どこかでしっかり地に足がついていないと、心のよりどころがなくて不安定な生き方になる気がするから。


起業だとか新たなチャレンジだとかも、今の自分の足場がしっかりあってこそ新しいスタートがきれるんだと思う。


さて、明日も頑張って・・・遊ぶかー(^O^)/




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:50 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ストレス過多の危険信号


昨日土曜日は自治区で葬儀があり、通夜に参加してから定例会に出席しました。


今年度は私の役割として、自治区内の全ての弔事に、通夜か告別式のいずれかに出席しなければなりません。


通常の行事と違って事前に予定が立たないので(当たり前ですね)、仕事や他の用事との調整になかなか苦労しそうです。(ーー;)


そして今日の日曜日は、友人と朝から夕方までずっとバイクで走り回っていました。


距離にして約230q以上。


KIMG0332.JPG


暑からず寒からずの気候でしかも晴天とあって、行く先々はどこもバイクやドライブの車でいっぱいでしたが、私たちは車の少ない山道を気持ちよく走りました。


KIMG0328.JPG


忙しく、慌ただしい日々が続くほど、その反動のように目一杯遊びたくなる私ですが、ある一線を越えると遊ぶ意欲が急激に萎んでしまいます。


そうなるとストレス過多の危険信号というわけです。


どうしたらストレスを溜めずに上手く解消できるか・・・


理屈では理解していても実践するのは難しいこともありますね。




さて、もうすぐゴールデンウィークです。


連休中はたくさん遊ぶことと、6月10日(土)に自主開催する構成的エンカウンター講座のレジュメを準備する予定です。


現在参加者募集中です。



【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】



まだまだお席は空いております。<(_ _)>




そしてこの連休中には、クライアントとして無料カウンセリングを体験します。


カウンセリングは何度も受けている私ですが、無料カウンセリングは初めてです。


タダなのにしっかり聴いてもらえるのか、という心配もありますし、自分の方が遠慮なく言いたいことが言えるだろうか、ということも気になります。


とは言っても、カウンセリングを受けるのは勉強にもなるし、何か気づきが得られるかもしれないので、今から楽しみでもあります。


世の中にはタダ(無料)でカウンセリングをしている人もいれば、ワンセッションで数万円の料金を設定しているカウンセラーもいます。


はたしてカウンセリングの適正料金っていったいいくらなんだろうか・・・


この問題は難しいし、ある意味微妙なテーマでもありますが、次回のブログで取り上げてみたいと思います。


はい、次回のブログタイトル決定!


「カウンセリング料金の適正価格とは」です。


う〜ん・・・、ちょっと書きにくいテーマではあるなあ(^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:47 | 愛知 | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

トモダチ1000人できるかな?


まずはお知らせから


6月10日(土)に開催する

【第1回おやじカウンセラーのエンカウンター㏌名古屋】

の参加受付を開始しました。


ぼちぼちですが、参加申し込みをいただいております<(_ _)>


定員12名(最少開催人数4名)にはまだまだお席がありますので、遠慮せずにどしどし申し込んで下さいね(^^;


ご案内、お申し込みはこちらから⇒http://counselingbox1960.seesaa.net/article/449042171.html



KIMG0299.JPG




さて、今夜の話題はフェイスブックについて。



少し前にフェイスブックを始めましたが、いまだに使い方がよくわかりません。


どこをどうすれば、何がどうなるのか・・・?


まあ、わからないなりに使っていますが、個人的にはブログのほうが合ってるかなって思います。


私の場合は、長々と文章を書いて能書きを垂れるのが好きなのです。


フェイスブックは情報交換のスピードが早いし、原則的に実名登録なので誰とつながっているかが明確。


お互いに話題を共有したり、トモダチの輪を広げたい人にはとても向いているのだと思います。


なにしろトモダチが数百人なんて人はざらで、1000人越えだっても珍しくないのですから。


そんなにトモダチつくってどうすんだ?なんてこと気にするよりもノリが大切なんでしょうね🎵


となると、ノリの悪い私にはやっぱり不向きなのか・・・(-_-)


やっぱりこうしてグダグダと日記書いてる方が自分には合ってるなあ(^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:47 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

さまざまの こと思ひ出す 桜かな


仕事の帰り道に自宅近くの公園に立ち寄り、独り桜を愉しみました。



KIMG0279.JPG



の季節は出会いと別れの季節です。



KIMG0273.JPG



人とのふれあいは永遠ではないからこそ、かけがえのない大切なもの。



KIMG0272.JPG



たとえ、ひとときのつき合いでも、心に残る人がいる



KIMG0285.JPG



共に大きなランドセルを背負い、黄色の帽子を目深に被った同窓生



KIMG0282.JPG



送別会で涙を流した仕事の仲間



KIMG0281.JPG




ふれあいを通して、何かをあなたの心に刻んで欲しい・・・



そんな思いで【おやじカウンセラーのエンカウンター】を開催します。



ご案内はこちらから


エンカウンターのお知らせと募集開始の記事



奮ってのご参加をお待ちしています<(_ _)>







にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 13:14 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

個人的な話


4月になり、新年度の自治会活動が始まりました。


私は自治区長を補佐する立場です。


昨夜、今年度初めての集会があり、配布された資料等から私(嫁含む)が関わる予定を、A3用紙に書き出してみました。


KIMG0259.JPG


まったく見るだけで嫌になります(−−〆)


膨大な予定数ですが、日常的な回覧物の配布や突発的な弔事の対応は入っていません。


土日だけでなく平日も予定が入っていますし、8月などは6日間のお盆休み中に4日間も行事があります。


早くも希望していたカウンセリング勉強会への参加が出来なくなり、多少なりとも仕事にも影響が出ることは必至です。



350世帯に届こうかという大所帯の地区であり、おまけにどんどん高齢化が進んでいて、どうしても働き盛りの40代50代が面倒な役を引き受けざるを得ない状況です。


日本はどんどん高齢化が進んでいるので、同じような問題を抱えている自治体は多いと思います。


おまけに高齢者の中には、自分が動くのは嫌がるくせに口だけは達者な方がちらほらいらっしゃいます。


年功序列社会で現役時代に活躍された記憶が忘れられないのか、役を押しつけられた若手(と言っても40代50代ですが)の役員を、使い走り程度にしか思っていないのでしょう。


私は子供の頃から温厚な性格だと思っていましたが、最近は横柄でエラそうな態度を取られると、けっこうな頻度で腹が立ちます。


ところが私が補佐をする区長さんは、同年代で仕事もかなり忙しい立場でありながら大変な役目を引き受け、さらには(一部の)エラそうな高齢者に対しても、常に低姿勢で真摯な対応をしています。


傍で見ていて本当に立派で、人格者だと感心するばかりです。


私も責任はきちんと果たしたうえで、後は大人しくしていようと思いますが、さてどうなることやら・・・


どこかで一戦交えることになりそうな予感がしてなりません。


KIMG0234.JPG


心穏やかな生活というのは、なかなか簡単には手に入らないものですね。





いよいよ4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


私も初めての非構成的エンカウンターの体験をとても楽しみにしています🎵


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:44 | 愛知 ☀ | Comment(4) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

保守的な生き方と起業家


「保守的」といっても政治の話ではなく、人の生き方や生きる姿勢についての話です。


イギリスの政治哲学者マイケル・オークショットは、保守的であることについて次のように述べています。


保守的であるとは、見知らぬものよりも慣れ親しんだものを好むこと、試みられたことのないものよりも試みられたものを、神秘よりも事実を、可能なものよりも現実のものを、無制限なものよりも限度のあるものを、遠いものよりも近くのものを、あり余るものよりも足りるだけのものを、完璧なものよりも重宝なものを、理想郷における至福よりも現在の笑いを、好むことである。得るところが一層多いかも知れない愛情の誘惑よりも、以前からの関係や信義に基づく関係が好まれる。獲得し拡張することは、保持し育成して楽しみを得ることほど重要ではない。革新性や有望さによる興奮よりも、喪失による悲嘆の方が強烈である。保守的であるとは、自己のめぐりあわせに対して淡々としていること、自己の身に相応しく生きていくことであり、自分自身にも自分の環境にも存在しない一層高度な完璧さを、追求しようとはしないことである。
これらは、一人前の大人ならば、当然備わっているべき態度の一つだと思います。



これを読んでよくわかりました。


私はどこからどうみても保守的な人間だということです。


確かに私はゼロから何かを立ち上げるということが苦手です。


既にあるものをベースに改良したり、改善することは出来ても、新しく何かを生みだすことは私には向かない(出来ない)と思っています。


なので私は社会人になってからずっと組織(企業)で働いているのです。


被雇用者にとって仕事とは自分でゼロから生み出すものではなく、雇用者から与えられるものをより良いカタチで実践するものなのです。


それに対して起業家というのは、仕事そのものを生み出す能力が要求されます。


起業家にとって集客が最も難しいと言われますが、本当に成功するために必要なのは単なる集客ではなく、顧客そのものを新たに生み出すことなのだと思います。


全くのゼロから生み出すとまではいかなくても、他者に先駆けて新たな価値を見いだす能力がないと、起業家としての成功は難しいのでしょう。


そう考えると、決して市場が大きいとは言えないカウンセリング業界に、カウンセラーとして新規参入するためには、他には簡単に真似のできないような付加価値が求められるわけです。


起業家というのは自分自身という商品に、どれだけ新たな付加価値を付けられるかが成功の秘訣なのですね。


KIMG0236.JPG


保守と革新のどちらにせよ、意識して変えられるものではなく、自分の傾向がどちらにあるのかをきちんと見極めて行動することが大切なのだと思います。


私は保守的な人間でこれからもそうであることは間違いないのですから。






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:10 | 愛知 ☔ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

目標達成とそのプロセス


目標を立てて、その達成のために日々こつこつと努力する・・・


それは私が最も苦手とすることです。


明日、明後日の目的のために頑張ることはそれなりに出来ます。


1ヶ月先の結果を出すために努力することは・・・まあ、なんとか踏ん張れる気がします。


半年先、一年先の目標となると・・・もういけません。(ーー;)


わかりやすい例えを言うと、1ヶ月で5kgの減量ならやれる自信はありますが、毎月1kg減の健康的なダイエットを1年続けるのはまず無理なタイプだということです。


兎に角、努力の積み重ねというやつが子供の頃から苦手なのです。


これは人として致命的な短所だと思っています・・・(-_-)


でもって、さらに良くないことは、そんな行き当たりばったりの生き方で、これまで何とかなってきちゃったということです。


私からすると、きちんと長期的な目標を立てて努力を積み重ね、結果的にそれを達成するような人は、まさに尊敬に値するのような存在としか言いようがありません。


そんな神様予備軍の中には、目標達成のための努力を惜しまず、日々辛いことにも耐え、我慢に我慢を重ね、もの凄くストイックな生き方をしている人もいます。


もちろん固い信念と強い意志でもって、そういうふうに頑張っているんでしょうけど、その結果が必ず求めていたようになるとは限りませんよね?


そんなことを思う時点で既に私はダメ人間なのですが、それでもやっぱりここはお聞きしたい。


達成できるかどうかもわからない目標のために、そこまで頑張れるのはなぜなの?


いえね、楽しんで頑張りながら目標達成を目指すというのならわかるんです。


しかし、どうみてもただただ耐え忍んで我慢しながら努力し続けるというのは・・・


私は決して楽観主義者でも刹那主義者でもないんですけどね。


ただ、生きるってことは極論を言えば結局のところ死ぬまでのプロセスなわけだから、やっぱりその過程を楽しんでこその人生だと思うんですよ。


目標に向けて頑張る日々が、本人にとって充実していて意味のあるものなら全然いいんです。


たとえ結果が伴わなくても、それまでの努力が自分にとっての財産だと思えれば、それは素晴らしい生き方だから。


逆に、これまでの努力は無駄だったとか、辛さに耐えたことだけが残ったというようなら、やっぱりプロセスのあり方がちょっと違っていたんじゃないかということです。


人生において上手に目標を立てて生きている人は、おそらくそのプロセスも大切に楽しく取り組めている人なのだろうと思います。


まあ私の場合はろくに目標も立てずに、プロセスばかり楽しもうとしているから、いつまでたっても人生の道草ばかりしているんだけどね(^^;


image[1].jpg


そういえば、子供の頃から学校帰りの道草が大好きだったんだよなあ・・・(^-^)






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:23 | 愛知 ☀ | Comment(6) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

アマチュアカウンセラーの逆襲


春といえば桜の季節・・・


産業カウンセラー資格試験の合格発表もこの時期ですが、桜咲く人、桜散る人もいるわけです。


見事合格された方もそうでない方も、これまでに学んだことを自分の糧として、ぜひこれからの人生に生かしてもらいたいものです。


カウンセリングブームといわれて久しく、カウンセリングを学ぶことは相変わらずの人気なのですが、受けることはまだまだ一般的ではなく、カウンセラー資格者でもクライエントの体験がない人は珍しくありません。


私が所属している学習グループでは、定期的に各自のクライエント体験報告会を行っていますが、学ぶ会の方向として至極真っ当で有意義だと思っています。


カウンセラー資格を仕事に生かしたい、プロとして稼ぎたいと起業しても、現実は想像以上に厳しく、せっかく学んだことを生かせないまま、カウンセリングから離れてしまう方も多いようです。


クライエントからカウンセリング料金を得るのではなく、カウンセラー志望者を募る資格ビジネスとしてこの業界が成り立っているかぎり、本当の意味で日本にカウンセリングが根付くことはないでしょう。


私も資格を生かしきれないアマチュアカウンセラーのはしくれなのですが、勉強だけはコツコツと続けています。


ある意味、カウンセリングを生業としていないアマチュアだからこそ、続けられているのも事実です。


日本のカウンセリング界は、そうしたアマチュアカウンセラーたちがいることで成り立っているといっても過言ではないと思っています。


プロの看板を掲げたものの、それだけで食っていくことはままならず、生活に窮してカウンセリングの勉強どころではない人も少なくはないでしょう。


私はプロになろうという人を否定する気持ちは全くなく、むしろ応援しています。


その反面、現在の業界の状況を考えると、無理をしてまでプロになることはないのではとも思います。


カウンセラーにプロとアマチュアの明確な線引きはなく、資格があろうがなかろうか、稼ぎがいくらであろうが、あくまでも自分でプロの看板を掲げるか否かだけです。


食えないプロになるよりも、生活の基盤となる仕事は他に持ちながらアマチュアとして勉強を続け、無理のない範囲でプロとして活動する。


アマチュアで悪ければセミプロと名乗ればいいのですから、これからはそんなセミプロカウンセラーが増えてくるかも知れませんね。





☆逆襲といえばこれでしょう(^-^)




4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:55 | 愛知 | Comment(4) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

ワカメを食べると毛が生える?


ちょっと前の休日に、普段あまり乗らない車のバッテリー充電を兼ねて、ドライブがてら「一色さかな広場」に行って鰻を食べてきました。


1489314897032.jpg


スーパーの鰻は苦手なのであまり食べませんが、お店で食べる鰻は好物です。


この店のメニューは、鰻丼(1種類のみ)、蒲焼き、白焼き、といたってシンプル。


肝吸いではなかったのが少し残念でしたが、鰻丼2000円は今どきかなりお値打ちだと思います。


さかな広場では、生ワカメ、金目鯛の干物などを買って帰りました。


yjimage0X0Z41ZE.jpg


ちなみにワカメを食べると毛が生えると言いますが、残念ながらあれはウソですね(-_-)


サラダや酢の物にしてバリバリ食べていますが、身体に良くても髪の毛が生える気配はありません。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:06 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

フェイスブックの謎とアナログおやじの限界

我が家では夏でも冬でもお茶はこれ☟


KIMG0201.JPG

オーガニック ルイボスティー 3g×50包 -
オーガニック ルイボスティー 3g×50包 -


息子たちが学生の頃、学校や部活にお茶を持っていくようになってから、ずっと冷たいお茶を愛飲するようになりました。


ちなみに私は麦茶嫌いで、次男は緑茶嫌いなので最終的にルイボスティーに落ち着きました。


ホントは熱い緑茶なんかが飲みたいときもあるんだけど、嫁は食後の後片付けが終わって一旦ソファに腰を下ろしたら、もうテコでも動かないと決めているらしいのです。


一度決めたことは絶対に守る、意志の強い素晴らしい嫁です(-"-)


そんな嫁を無理やり動かそうとする努力より、自分が動く方がうんといいことに、結婚後の早い段階で気づいた(これこそが気づきです)私は、いつしか自分でコーヒーを入れるようになりました。


おかげで家庭は円満(^-^)いろんな気づきも得られるし、本当に結婚は悟りの境地を目指す修行ですね🎵




さて本日の議題?はSNSとおやじの関係についての考察です。


ワケあって(全然たいした理由ではないです)フェイスブックに再登録しましたが、自己紹介も上手く表示できないし使い方もよくわからないし、ほとんど意味不明です。


これっていったいどういう仕組みで、誰と誰がどういうふうに繋がってるの?


コメント?メッセージ?チャット?


なんだか頭の中がこんがらがって、雁字搦めで身動きできない状態に・・・(*_*;


難しく考えずにとりあえず活用してみればなんとなくわかってくるんだろうけど、理屈がわからないと気になって前に進めない性分なのです。


これから先、いろんな情報発信・収集のツールとしてもフェイスブックをうまく活用できるといいんだろうけど、正直無理っぽいなあ・・・(-"-)


だいたいスマホでさえも全然使いこなせていない私。


ラインとグーグルナビ?はかろうじて使っているけど、別にメールと車のナビでいいし、はっきり言ってワケわかんないアプリばかりたくさんあり過ぎてもほとんど無用の長物。


猫に小判、豚に真珠、ハゲおやじにヘアドライヤーって感じなのです。


スマホのよくわからないアプリぜーんぶアンインストールして、メールと電話とカメラだけあればどんなにスッキリするか。


えっ?「ならガラケーにすれば!」って?


ビンゴ!!まさしくホントその通りなのよ・・・トホホ(>_<)


やっぱさあ、コミュニケーションの基本は直接対面でしょうよ。


直接顔を合わせてさあ「ひさしぶりー、あーだよねー、そーだよねー」って・・・!(^^)!


で、次が電話で、その次がうーんと間を空けてメールかな(メールは手紙感覚ね)。


「対面」「電話」「メール」は、何かの目的を持ったコミュニケーションだけどSNSは特に目的がなくても成り立っちゃう。


よくいえばコミュニケーションのハードルが下がったと言えるけど、悪くいえば本当の意味での人間関係は深まらないとも言える気がします。


やっぱり私は「直接対面でのコミュニケーション」が最後にはモノを言うと思っているので、そこに力を入れていきたいと考えています。


まあ実際は、デジタルに弱い昭和35生まれのアナログおやじってことです。


SNSを使いこなすのはほぼあきらめ状態。



フェイスブックで友達リクエストを頂いた皆さんどうもありがとうございます<(_ _)>


もう少ししたらうまく活用できるかもしれませんし、出来ないかも知れません。


それまで今しばらく静かに見守ってやってください。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:24 | 愛知 ☀ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

独り静かに本を読む場所


私には行きつけの喫茶店があります。


訪れるときはほとんど独り。


そこは個人でやっている小さなマガジンカフェで、漫画や雑誌はもちろんですが、書籍なんかもけっこう置いてあります。


ちなみにネットカフェではありません。


KIMG0199.JPG


初老の穏やかそうな店主さんの趣味なのか、なかなか面白そうな書籍があって、普通の漫画喫茶にはない楽しみがあります。


休日にちょっとしたヒマがあると、バイクや自転車で山道を軽く走ってからここに立ち寄って、のんびりお茶をするのがいいのです。


このお店の良いところは他にもあって、飲み物がフリードリンクなのでおかわりが自由にできるところと、独りのお客さんが殆どで、お喋りをしている人が滅多にいないところ。


周りがざわざわしていると、本も漫画も雑誌も新聞も集中して読めない私には、とてもありがたいお店なのです。


私が好きな窓際の席に座って、ちょっと古い洋楽のBGMを静かに聞きながら本を読んでいると、子供の頃の夏休み、プール帰りに学校の図書室で独り本を読んでいた自分の姿が思い出されます。



夕暮れになって家に戻ると、愛犬がキャンキャンとしっぽを振って走り寄り、嫁は私の顔を見るなり脈絡もない話をしだし、次男が二階からバタバタと駆け下りて「夜ご飯はまだか」と言い、テレビでは山田くんが座布団を運んでいました。


おやじのささやかな現実逃避は、いつもこうして終わるんです。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「今」を大切に感じることが大事


「今」を大切に生き、「今」の幸せを感じることが大事なこと。


よく聞く言葉ですが、現実にそう生きることはとても難しいものです。


過ぎた過去の後悔、辛かった思い出、嫌な出来事・・・


将来の不安、終わりへの恐怖、いつか来る不幸の予感・・・


そういう思いが「今」を大切に生きることの邪魔をするのです。


でも、幸せばかりの人生なんて誰にも得られないものだということも知っています。


不幸せなんて、過去にも未来にもそして「今」でも、いくらでもあることもわかっています。


そして幸せだって、過去にも未来にも「今」のこの瞬間にもあるはずです。


カウンセラーがクライエントの全ての感情を、ありのままに受けとめることが、相手への援助の第一歩になるように、自分自身の人生も「今」をありのままに受けとめること。


辛ければ辛い「今」を、楽しければ楽しい「今」を、悲しければ悲しい「今」を・・・


幸せも不幸せも自分の大切な人生の一部なのだと感じることが出来れば、「今」こうして生きていることをもっと大切に出来るのだと思います。





今日は午前中に休日出勤で仕事をして、午後からは長いお付き合いの友人でカウンセリング仲間でもある吉井まゆみ先生が主催するアンゲーム講座に参加してきました。


KIMG0200.JPG
参加者の方から、綺麗で美味しいプチトマトを頂きました(^-^)あっという間に間食!
☆特に黄色いトマト、皮も柔らかくめっちゃ甘くて美味しい🎵



初めてお会いする方も、ずっと会いたかった懐かしい方もいらっしゃって、とても幸せで充実した「今」を過ごすことが出来ました。


吉井先生の素敵なカウンセリングルームにも飛び入りでお邪魔させていただきました。


吉井先生や久しぶりにお会いした旧知の女性カウンセラーさんのお話を聴いて、多くの主婦カウンセラーにとって、ご主人の理解と応援が必要不可欠なのだということが実感出来ました。


明日も豊田市で竹の子会主催の勉強会に参加します。


ちょっと慌ただしいけれど、幸せな週末になりそうです。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:14 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

盗んだバイクで走りだす?


暇つぶしのネットサーフィンは、ついつい大切な時間も潰すことになってしまうのですが、妙に気になるサイトやニュースに出合うこともあります。


「盗んだバイクで走りだす〜🎵」


言わずと知れた尾崎豊の名曲の一節ですが、こちらのニュース『盗んだ自転車で北へ900km 少年を逮捕』はバイクと言ってもロードバイクのこと。


2012_0128_082723-P1000203.JPG
☆これは私が所有していたロードバイク


大阪で盗んだロードバイク(ドロップハンドルのスポーツ自転車)で青森まで旅をした少年のニュースは、人気タレントの出家騒動よりも個人的にはうんと興味がありますねー。


もちろん自転車泥棒は犯罪です。


私も自転車乗りの端くれなので、大切な愛車を盗られた人の気持ちは容易に想像がつきます。


それでもね、大阪から青森まで900kmですよ。


しかもこの寒い時期にわざわざ北へ北へと旅をするなんて、いったいぜんたいどういうつもりだったのか?


2014_0214_092948-P1000908.JPG


なんのために、なにを考えて、どんな気持ちで旅をしていたのか・・・?


出来ることならこの少年に話を聴かせてもらいたいほどです。


盗んだオートバイを乗り回して、母校の窓ガラスに石を投げる少年よりも、よっぽど共感できるような気がするのです。


自転車泥棒についてはしっかり反省して罪を償ったうえで、次はちゃんと自分で自転車を買って旅をしてもらいたいものです。


う〜ん・・・「弱虫ペダル」のファンだったのかなあ?


弱虫ペダル コミック 1-45巻セット -
弱虫ペダル コミック 1-45巻セット -





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:23 | 愛知 ☀ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

負け組の遠吠え


若い頃は寒さにはめっぽう強かった私ですが、さすがに最近は寒さがこたえるようになりました。


image[6].jpg


やっぱり寒い夜は温かいものを食べるに限りますね。




さてさて「負け組」という言葉がちょっと前に流行りましたね。


「負け組」の明確な基準は不明ですが、基本的には「仕事」「お金」「異性関係」がキモになるみたいです。


具体的には、所得が低い・正社員でない・会社がブラック・出世が遅い・貧乏・借金がある・異性が苦手・恋人がいない・結婚していない・友達が少ない・・・


こんなところでしょうか。


でも、肝心なのはやっぱりお金なのかなあ・・・


桁外れにお金持ちであれば、学歴も立派な肩書も大企業の社員である必要もないし、きっと異性にもモテるだろうなー。


最近は「起業セミナー」とか「好きを仕事に」なんてのをよく聞くけど、あれも最終的には人並み以上に稼ぐことが出来てこその起業であり好きを仕事にということだし、そこが一番難しいからね。


もし稼げなくていいなら、私は明日から漫画家になるよ、ホントに( `ー´)ノ


でも実際そう考えるとソコソコのお金持ち以外は、ほとんどの人が負け組で、そのなかで上〜中〜下をうろうろしてるだけなのだろうな。


で、そうすると、私もまぎれもない負け組の範疇に入ってるわけで、しかも頑張って勝ち組になろうっていう意欲も根性も行動力もあんまり持ち合わせてなくて、楽しく生きるのが一番なんてほざいたりしてるわけ。


それでも死ぬまでのうちに、一度くらいは勝ち組ってやつになってみたい気もなくはないけど、当然ながらそれはもう至難の業というやつ。


目標を紙に書いて家中にペタペタ貼ったり、意欲満々の立派な人ばかりとつき合ったり、タバコやめたり、ダイエットしたり、いろんなセミナーに参加したり、お金儲けの勉強したり、無駄で意味のないことをしないようにしたり、とにかく前向きに一生懸命に生きないといけなくて・・・


負け組の中の下あたりでほどほどに満足しちゃってる私には、ハッキリ言って無理ってもんです。


こんなこと言ってると、勝ち組はもちろん勝ち組を目指す人たちからは相手にされなくなりそうだけどそんな心配は無用です。


だって世の中、負け組の人だらけだからねー


そうだ!そんな自称負け組を募って「幸せな負け組になるセミナー」を開催したら、たくさん稼げて勝ち組の仲間入りが出来るかもヽ(^o^)丿


いつまで書いても落ちがなさそうなので、今夜はこのへんで<(_ _)>



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:58 | 愛知 ☀ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ホリエモンの本

知らないうちにアマゾンのポイントがたまっていたので、本を買いました。


KIMG0180.JPG


99%の会社はいらない (ベスト新書) -
99%の会社はいらない (ベスト新書) -

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書) -
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書) -

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない! -
ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない! -


最近は同じ著者の本をまとめて買うことが良くありますが、今回はホリエモンで攻めてみました🎵


読みやすいのですいすい読んで、1週間ほどで完読ヽ(^o^)丿


ただ、タイトルは違いますが、3冊とも内容はほぼ同じと言っても過言ではないかも。


ホリエモンの言いたいことは一貫して「嫌なこと、やりたくないことを我慢して続ける人生をやめて、好きなこと、やりたいことを始めよう」ということですね。


彼に言わせると、愚痴や不満ばかりで嫌々適当な仕事をしているサラリーマンは、人生を無駄にしている以外の何物でもないということになります。


さらに言えば、家族のため生活のため・・・という言い訳については、家族やローンがなければ、思うような生き方が出来るのか?と、なかなか厳しいツッコミが入ります。


まあ、全体的に多少乱暴な言い分もあるのですが、それでも彼自身がそういう生き方を実践しているわけだし、反論も承知の上で言い切ってしまうあたりはホリエモンの潔さを感じました。


あまり期待せずに読んでみた本ですが、アマゾンポイントで無料購入だったということを差し引いても、読む価値ありというのが個人的な感想でした。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:40 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今を生きること

皆さまこんばんは<(_ _)>


KIMG0181.JPG


私がパソコンを開くと、愛犬ハナは必ず隣のイスに飛び乗ってきます。


「何か美味しいものがもらえるかも・・・?」


どうやらそう思っているようです。




さて、先月中旬の事です。


たまたま有休を取り、病院に行きました。


2ヶ月に一度、生活習慣病の血液検査とその薬をもらうためです。


もうずっと数値も平常値で、他に体調が悪いところもなかったのですが、せっかくなので腹部エコーの検査をお願いしました。


私は胆のうに小さなポリープがあり、年に1回ほど経過観察のための検査を受けているのです。


これもたまたま検査の都合がつき、すぐにエコーを撮ってもらうことが出来ました。


しばらく待って医師の診断を受けました。


そしてこう言われたのです。


「胆のうのポリープは小さいままで特に問題はありませんが、他の臓器に気になるところがあります。ここ(の病院)には専門医がいないので、紹介状を書きますから大きい病院で診てもらってください。」


実際にはもっと具体的なことを言われました。


数日後には市内の総合病院で専門医の診察を受け、CTを撮り、また数日後には造影剤を使った検査を受け、さらに数日後には医師の診断を受け・・・


正直、いよいよ覚悟するしかないか・・・という気分でここ半月ほどを過ごしていたわけです。


そして先週、ようやく最終の診断結果が出ました。


ある臓器に25ミリほどの腫瘍がありましたが、幸いにして間違いなく良性とのことで、今後は経過観察として半年に一度、検査を受けるように、と言われました。


覚悟していた事態は免れたわけですが、気分スッキリという感じではありません。


別に医者の診断に疑問があるとかではないです。


しっかり検査して、その結果も納得がいくように詳しく説明してもらいましたし、腫瘍自体も悪性化するようなものではなさそうなので、それに関しては一安心というところです。


ただ、今回はたまたま結果的に良かっただけで、悪い方の結果になっていても何の不思議はありませんでした。


もうすぐ私は57才になりますが、私の母親は40歳前半で卵巣癌のため亡くなっています。


人の命のはかなさや運命というものを、若い頃からずっと考え続けてきましたが、もう本当にこの年になるといつ何が起きてもおかしくありません。


それだけに、とりあえずは今こうして生きているということを、本当に大切にしなければ、という思いをいっそう強く感じました。


過ぎ去った過去の後悔と、これからの将来への不安・・・


どうしてもそんなものにばかり囚われてしまいがちな自分自身ですが、あらためて
今を精一杯生きることを意識させられた最近の出来事でした。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:38 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

星の見えない夜空


KIMG0515.JPG


明けない夜はない


どんなに辛い時も、時間とともに過去の事として過ぎてゆく・・・


そんな意味の言葉だと理解しています。


しかし、眠れない夜はその暗闇が永遠に続くような気持ちになるものです。


基本的に布団に入ればすぐに眠れる私ですが、それでもやはり眠れぬ夜もあります。


「眠れないということは、風呂の栓を抜いて水を溜めるようなもので、心のエネルギーを保つために睡眠はすごく大切なのですよ。」


これは心療内科のお医者さんから聞いた言葉です。


暗く長い孤独な夜


今夜もそんな思いを感じている人がいるのでしょうね。


外に出てみると、今夜は星の見えない夜空でした。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:17 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

雪の日の夜のつぶやき

昨日から降り始めた雪が、今朝はけっこう積もっていました。


KIMG0163.JPG


こんな時こそジムニーの出番なのですが、四駆とはいえオフロード用の夏タイヤでは無理がありますね。


それでも田んぼ道を走り回って楽しんでしまいました。ヽ(^o^)丿


このあたりは雪がほとんど降らない年もあるので、スタッドレスタイヤを買うのにも迷いがあります。


夕方から私は名古屋へ行く用事があり、長男は岐阜の職場へ戻ることになっていましたが、雪や列車トラブルでJRのダイヤはかなりの乱れ。


遅れながらもギリギリなんとかなりましたが、帰りもその影響で名鉄を利用しました。



話は変わって・・・


昨年から勤め先の役職が変わり、一段と責任が重く大きくなりました。


仕事なので全力を尽くすしかないと思っています。


そんな折、今年の春からはプライベートでも地域の役員の順番が回ってくるのですが、どうやらとんでもない大役を頼まれそうな感じです。


はっきり言って、こちらはとても引き受けられそうにありません。


と言うか、無理です。


絶対やりたくありません。


残念ですが、私のキャパを超えています。


ここはもう嫌われる勇気でもって、はっきり断るしかありません。


かの国の次期大統領のように図太い神経の持ち主であれば、遠慮なく人の上に立って、ぐいぐいリーダーシップを発揮できるのでしょうが、私はそうではありません。


公私ともにもっと穏やかに、静かに、大人しく過ごしたいのです。


早い話が、楽をして生きていたい。



いけません?



さてさて、今後どうなることやら(*_*)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:05 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

大晦日〜新年のご挨拶

平成28年大晦日



昨日のスタックで泥まみれになったジムニーを洗いに行きました。


KIMG0042.JPG


息子の車ですが普段は私が乗ることが多いし、本人はいつになったら洗車するかあてにならないのでね。


とある場所で高圧洗浄機を使って一気に洗い、しばらく乾かしてから下回りや錆の出そうなところに潤滑剤を吹いておきました。


ついでにフロアマットも洗い、1時間半ほどで作業終了です。


家に帰ってウロウロしていたらもう午後2時を過ぎてしまいましたが、奮起して着替えると今年の走り納めに出かけました。


KIMG0052.JPG


いつもより遠回りのコースを選び、山道を独りのんびりと、時にスピードを上げて、マイペースで走ります。


サイクリングはやっぱり独りがいいなあ・・・


追いつかれたり、追いついたりすることを気にしなくていいし、待ったり待たれたりして気を使うこともないし。


嫁と一緒のサイクリングもいいけど、坂道を嫌がるんだよね(-_-)


KIMG0048.JPG


昨日まではちょっと風邪気味で体調も今ひとつだったのですが、自転車に乗って冬の澄んだ空気を浴びていると、気分も爽快になってきました。


今年の走り納めは、今年一番の清清しいサイクリングになりました。


出発が遅かったのと、張り切って遠回りのコースを選んだせいもあり、時間は午後5時を過ぎてしまいあたりは暗くなってきましたが、帰宅途中で寄り道をしました。


愛犬のお墓と、両親が眠るお墓のお参りです。


やっぱりこれは済ませておかないとね。


やり残したことも沢山あるような気がしますが、車も洗ったし、部屋の掃除も済ませたし、自転車の走り納めもしたし、お墓参りもしたし、なんだかすっきりした気分で新年を迎えられそうです。


KIMG0056.JPG


今年の年越しは冷たい蕎麦が食べたかったので、嫁がありあわせの野菜で天ぷらを揚げ、あとは煮物だけの簡単な大晦日の献立でした。


うん・・・今年は良い大晦日が迎えられたなあ


皆さんも良いお年を・・・って、もう年が明けてるー




じゃあついでに新年のご挨拶もね



KIMG0049.JPG


新年あけましておめでとうございます


今年もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



詳しいことはまた次のブログで。


ではもう寝ます



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:21 | 愛知 ☀ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

そんなに怒ってどうするの?

そろそろ年末年始の連休が始まった方もいらっしゃるでしょうね。


私は明日が仕事納めとなりますが、気になる仕事も残っているので、まだまだ「さあ連休だー(^O^)/」という気分ではありません。


P1010648.JPG


休みになったらアウトドアでゆっくりとコーヒーでも飲みたいところですが、ちょっとでも気がかりなことがあると、心からのんびりとはできない性分なのです。




さて、今夜はすぐに怒る人の事を書きます。


最初に言っておきますが、今回の記事は私の超個人的な意見なので、科学的な根拠などに基づいた話ではありません。


そして今から書く「すぐ怒る人」というのは、大した理由がないのにすぐ大きな声を出したり、感情的になって怒る人の事であり、怒るべき理由があったり相手のために叱る人の事ではありません。


そこんとこ( `・∀・´)ノヨロシク




早速ですが、たまにいますよねー、すぐに怒る人。


もちろん私は普段からあまり怒りませんよ。


だって怒った後はものすごーく嫌な気分になるから。


しかもしばらくは嫌ーな気分が続きます。


ずーっとずーっと続きます"(-""-)"


すぐ怒る人は、嫌な気分にならないのでしょうか?


怒ると気分がすっきりするのでしょうか?


私にはすぐに怒る人の気持ちがどうしても理解できません(カウンセラーなのにね(^^;)


性格は自己防衛や闘争本能の表れと言いますが、怒ることで我が身を守っているということ?


まあ理屈はわからなくもないけど、はっきり言って大迷惑です。


そもそもすぐに怒る人は人の話を聞きません!



人の話にちゃんと耳を傾ける人で、怒りっぽい人を見たことがないです。


それにすぐ怒ると言っても、しっかり相手を選んでいて、相手かまわず怒るわけではありません。


抵抗しない人、人の良さそうな人、優しい人、気が弱そうな人・・・


すぐ怒る人は、そういう相手を選ぶ能力に長けています。


気が弱く優しい人は、自分が大人しく怒られることで平和が保たれるのなら多少の理不尽は我慢しようと思ってしまうので、バカ(怒る人)の格好の餌食なのです。


私も基本的には平和と安定を最優先にするタイプです。


子供の頃の通知表には、必ず「温厚である」と書かれていたほどですからね。


もっとも大人になってからは、かなり強面の見た目になってしまったので、そうそう怒る人の餌食になることはありません。


それでもごく稀に(15年に一回ぐらい?)とてつもないバカ(意味もなく怒る人)がうっかり噛みついてくることがありますが、そういう時はバッサリと返り討ちにします。

どうやって返り討ちにするかは、誰にでもできる方法ではないし、あまりお勧めできるようなことではないのでここには書きませんが、どうしても知りたい人は、機会があれば直接聞いて下さい。


もちろん私もカウンセラーのはしくれですから、すぐに怒る性格のことで悩んでいる本人がカウンセリングに来たとしたら、一生懸命に話を聴き相手の立場に立って共感的理解するように努力します。


しかしそういう人はまず相談に来ることはないでしょうね。


なにしろ相手の立場でものを考えることができないので、怒る本人はちっとも困らないのですから。


悲しいかなこの世の中は、正直で良い人で優しい人だけでは、必ずしも幸せになれるとは限りません。


現実というのは理不尽で厳しいものなのです。


強さや知恵を持たず、ただ優しいだけ正直なだけ良い人なだけでは、幸せになれない現実もあります。


「嫌われる勇気」という本が多くの人に読まれているようです。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え -
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え -


私は読んだことがないので、内容についてあれこれ言うことは出来ませんが、たぶんこの本を手に取るような人は、そもそも嫌われる必要など無い人だと思います。


意味もなく(本人には意味があるのでしょうが)すぐに怒り、その感情を他人にぶつけることに躊躇しないような人も、そうならざるを得ない理由があるのでしょう。


それでもあえて言わせてもらいます。


カウンセリングの場や、理不尽に怒られるのが好きならともかく、そうでないならそんなバカ(すぐに怒る人)に付き合う必要は全くありません。


カウンセリングの勉強だと割り切れるならともかく、耐え難いような我慢をして自分を傷つけてまで、理不尽な怒りを好き勝手にぶつけてくるようなバカを、我慢して理解しようと努力する必要はこれっぽっちもありません。


私はそう思います。


以上でおやじカウンセラーの独断と偏見に満ちたお話を終わります。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:45 | 愛知 ☀ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする