2020年12月31日

令和2年〆のブログ・家族のこと

KIMG0132.JPG


ちょっと前にPCの不調をなんとか改善した際

同様に調子が悪かったプリンターも直しました。

具体的にはヘッド部分を外して水洗いするという

故障覚悟の禁断の超裏技です。

結果、再び使えるようになりました。(笑)


試しに昔の家族写真などを印刷して

100均の額に入れ、壁に飾ってみました。


フィルムカメラからデジカメに替えてからの写真は

PCに年度別に分類してデータ保存してますし

今ではスマホで撮った画像をPCに移しています。


スマホカメラの良いところはとにかくいつでも

好きなだけ写真を撮れることですが

それを印刷してアルバムに綴じることがなくなりました。


昔の家族写真を見ると私か嫁のどちらかが欠けていて

親子4人で写っている写真は多くありません。

どちらかはカメラマンなのでそうなるのですね。


この年末年始、同居の次男は家にいますが

県外在住の長男は帰省するかまだわかりません。


二人の息子が子供の頃は

元日に私の姉家族が我が家に来て

二日は嫁の実家に家族で顔を出し

にぎやかなお正月を過ごしていましたが

今はそういうこともほぼなくなりました。


まあ寂しくなったというよりも

私と嫁で静かにのんびりお正月を過ごせる。

そんな気持ちの方が強いです。


今思えば、家族皆が同じ家に住み、ご飯を食べ

あちこちに出かけて同じ時間を共有する時期なんて

子供が生まれて自立するまでの

本当に短い間だったのですね。


今は同居している20代半ばの次男にも

30歳までには家を出てもらうつもりです。

それでようやく親子の自立が出来ると思っています。


昔の家族写真を眺めながら

そんなことを考えてみた大晦日です。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:15 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。