2020年09月27日

「独りで遊ぶ?みんなで遊ぶ?」バイクの巻

KIMG3510.JPG


今日はいつもお世話になっているバイク屋さん主催の『紅葉直前・香嵐渓ショートツーリング』に参加しました。

30台以上の大所帯だったのですが、2名の同行スタッフさん(二人とも女性です)の頑張りで、とっても楽しく安全なツーリングでした。🎵


KIMG3511.JPG


参加者は老若男女さまざまでしたが、どちらかというとが多かったかな。(笑)

ホンダの単気筒や小排気量、ちょっと旧車っぽいバイクを得意とするショップなので、参加者皆さんのバイクも、私の興味を引くバイクが多くて楽しめました。

特にカブ系や単気筒バイクに興味がある方は「尾張旭市のニュートラルさん」に一度寄ってみてくださいね。

専門バイクショップにありがちな敷居の高さや、一見さんお断りということはないのでご安心を。(^_-)-☆


KIMG3515.JPG


香嵐渓は当然ながら紅葉の気配も感じられませんでしたが、天気も良くてそれなりの人出で賑わっておりました。

コロナ渦の終息はまだまだ先が見えませんが、きちんと対応すれば必要以上に怖がることなく、仕事も遊びも当たり前にすればよいと思いますけどね。


KIMG3513.JPG KIMG3520.JPG


昼食はうどんを食べ、お土産にみたらし団子を買い求め帰路につきました。


KIMG3519.JPG


今年のGW、盆休み、9月の連休・・・。

友人や仲間とバイクツーリングしたいなあと思い、誘ったりしましたが実現には至りませんでした。

GWはキャンプツーリングに行ったけど。(^^;

やはり社会人として、あるいは家庭人として、コロナ禍では難しいことがありますからね。

もちろん普段は独りで走ることがほとんどで、独りは寂しいとかつまらないということは全くありません。

自分のペースで走り、行きたいところへ行き、食べたいものを食べ、見たい景色を眺め、帰りたいときに帰るという、勝手気ままな独りバイクを楽しんでいます。

でもね、ときには気の合う仲間たちと同じ風を感じ、同じ景色を眺め、同じところに向かって走りたいなあ。

ふと、そんな気持ちにもなることもあります。


ちなみに私、今日のツーリングは単独参加だったので、顔見知りは誰もいませんでした。

軽い挨拶やバイクの話題などで、一言、二言、言葉を交わした人は数名いましたが、お昼は独りで食べに行き、その後は川沿いのベンチで静かに本を読んでいました。

私は人見知りするタイプではありませんが、独りでも、どこでも、なんとなく自分の居場所をつくれるタイプなので「独りぼっちは惨めだ」と思うことは滅多になく、初対面ばかりのグループで、積極的にぐいぐい話しかけたりすることもあまりしないですね。

今日も、仮に「独りでご飯食べるのは寂しいな」と思ったら誰かに声をかけていたと思いますが、最初から、川べりで本を読もうと決めていて、読みかけの本を持参していました。


哲学の教科書 (講談社学術文庫) - 中島 義道
哲学の教科書 (講談社学術文庫) - 中島 義道


KIMG2311.JPG

これからいよいよ気持ちよく走れるバイクシーズンです。

独りで遊ぶのも楽しいですが、やはり気の合う仲間と遊ぶのも楽しいものです。

「一緒に走ろうよ!」って、誰か誘ってくれないかなあ・・・(-。-)y-゜゜゜



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 18:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。