2020年09月21日

令和2年10本目、11本目の映画鑑賞

コロナの影響で一時期は休館にまで追い込まれていた映画館ですが、ようやく復活の兆しが見え始めてきました。

あくまで兆しであって本格的な復活まではいましばらくかかりそうですけど。



最近観た映画、まずは今年10本目の紹介です。


事故物件・怖い間取り



正直、なぜこの映画を観たのか自分でもわかりません。

邦画は滅多に観ないし、ましてや亀梨くんの出ている映画をわざわざ映画館で観るなんて、血迷ったとしか思えません。(笑)

でも亀梨ファンでなくても楽しめる、なかなか面白い映画でした。


ホラーですけど、まあそんなに怖くなくて楽しめるホラーって感じなので、怖いのが苦手な人にもおススメです。


続いて今年11本目の映画紹介。

ファナティック ハリウッドの狂愛者



主演はジョン・トラボルタ。

トラボルタといえば「サタデーナイトフィーバー」で一躍脚光を浴び、オリビア・ニュートン・ジョンと共演した「グリース」でその人気を不動のものとしました。

のはずだったんですけど・・・、その後はなんか浮き沈みが激しかったようで「カツラ疑惑」なんかもあったりして、個人的には親近感がわく役者さんです。(笑)



ちなみに私はオリビア・ニュートン・ジョンのファンでした。可愛い〜🎵

今回の映画は所謂『ストーカーもの』なんですが、トラボルタの怪演はなかなかです。😵

佳作だと思いますが映画好きな人はぜひ観てください。


今の映画館は3密対策として前後左右の席を空けています。

とってもゆったり気分で鑑賞できるので、ぜひ映画館に足を運んで好きな映画をスクリーンで楽しんでくださいね。🎵



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:08 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。