2020年06月08日

紙媒体とWEB媒体

漫画家のジョージ秋山さんが亡くなった。

彼の作品で有名なのは、44年間にわたり雑誌連載され

テレビドラマ化もされた「浮浪雲」でしょうか。

ただ個人的には初期の作品「パットマンX」が思い浮かびます。

ずいぶん昔なので知ってる人は少ないでしょうね。


そして子供心にも印象深かったのが

「デロリンマン」「アシュラ」「銭ゲバ」です。

20130811181501191[1].jpg

デロリンマンはかなり難解で意味不明でしたけど(笑)


「アシュラ」「銭ゲバ」は私が小学生の頃

当時の少年サンデー、少年マガジンに連載されていて

いつも床屋でまとめて読んでいた記憶があります。

かなり衝撃的な社会派漫画として話題になりました。

20160201163319[1].png


世の中には、本は読むけど漫画は読まない人。

漫画は読むけど本は読まない人。

両方読む人、両方読まない人がいます。

私は子供の頃から読書好きでしたが

本と同じくらい、いやそれ以上に漫画も大好きでした。

中学生の時は下手な自作漫画を描いていたほどです。


現代では紙媒体はWEB媒体に押されて衰退傾向にあります。

しかし雑誌やコミック、単行本、文庫本で育った私は

やっぱり紙の本を手に取り、ページをめくって読みたい派です。


今日もバイクに乗り野に出て本を読んできました。

KIMG3320.JPG

紙も電子も読むという行為は同じはず。

でも心に残る度合いが違うような気がするのは

時代の変化について行けないおやじの感傷なのかなあ・・・


image[1].jpg


ジョージ秋山さんのご冥福をお祈りします。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。