2020年03月15日

シニア割引はおやじの味方なのだ

コロナウィルスの影響なのか、映画館も人が少ない。

KIMG3082.JPG

令和2年6度目の映画鑑賞。

スケアリーストーリーズ 怖い本



ただただ不気味でも面白い。

ホラーだけど、ちゃんとまともに作ってた映画でしたよ。

さすがはギレルモ・デル・トロ製作だけのことはあるなぁ、と思う。


続いて令和2年7度目の映画鑑賞。

1917 命をかけた伝令



それほど期待していませんでしたが、これは傑作!

ワンカット風?が評判になっていました。

確かに全編ワンカットなのか?!と思うほど凄い映像の連続。

戦場という極限状態でも人は心を失うことは出来ないんだなぁ・・・

だからこそ苦しみ葛藤しながらも前に進む。

とにかく前に進むしかないんですよね。


前評判ばかりでつまらない映画、話題にならなくても面白い映画。

どれも観てみなくちゃわからないねぇ

だからおやじは今年も映画館に通うのです。

シニア割引という強い味方もできたしね。(笑)



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:41 | 愛知 ☁ | Comment(2) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は映画を見に行く習慣がありません。手近なTVでさえ、めったに見ません。専らYouTubeです。

2月の末になって、やっとパラサイトを見に行ったくらいです。

作品的には、「う〜ん、これがアカデミー作品賞なのか?」というネガティブな感想でした。

私の映画無精はまだまだ続くと思います。
Posted by 権兵衛 at 2020年03月18日 11:42
パラサイト観ましたよ。つまらなくはなかったけどそれなりと言う感じでした。
映画は趣味のひとつなので末永く楽しもうと思います。カウンセリングの勉強も趣味程度に続けようと思っているのですが、最近は講座も高額なのが多くなって趣味で学ぶには敷居が高くなりました。(-_-)
Posted by おやじカウンセラー at 2020年03月21日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。