2019年11月24日

映画館でノリノリになった話

KIMG2649.JPG

これからはスマホでブログを書くのだ!

そう宣言した舌の根も乾かぬうちに、早くもPCでこの記事を書いている。

編集のしやすさ、文字の打ちやすさ、その他もろもろで、PCの方が便利なのだ。

と言っても、せっかくスマホで書くことも覚えたので、あまり固く考えずに柔軟に対応しようと思う。


今年は例年以上に映画館に通っている。

先日はこんな映画を観た。⇒【ガリーボーイ】




インド映画をスクリーンで観たのは初めてだ。

全く期待してなかったが、思いのほか良かった。

こういう作品に出会えるので映画は楽しいのだ。

格差社会のインドのスラムでくすぶる若者の物語。

今年の話題作で私も2回映画館に足を運んだ「ジョーカー」が、社会と自分の運命を呪い、闇の世界へと落ちる映画ならば、「ガリーボーイ」は希望の光を信じて運命を切り開く映画なんだと思う。

いつでも主人公の彼を慕い、支え、愛する人達の存在があることが、ジョーカーとは違うのかもしれないな。

地味な学生がラッパーになる話だが、髪形も服装も妙にダサいのが面白い。



普段の私は歌も楽器も馴染がなく、これと言って好きな歌手やバンドもいない。

ましてやラップなどまともに聴いたこともなかった。

そんな私でも、たまたま上映スクリーンが『重低音✕振動シアター』だったことも相まって、ラストのラップバトルの場面では気分はノリノリ(心の中で)でとても楽しかった。


俺もお前も裸で生まれた!俺の時代がやってきたー!ってね。


残念ながらこの佳作映画は、愛知県では安城コロナでしか上映せず、しかも既に上映終了になってしまった。

私が観たときも客は僅かに5,6人だったけどね。


東海地区では四日市と伊勢の映画館でもうしばらく上映が続くらしい。

ぜひノリノリになりたい人は観に行ってね。

きっと誰も行かないだろうなあ・・・。(笑)

希少な体験ができた私は運が良かったんだな。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。