2019年09月26日

おやじが初めてナチョスを食べたよ🎵

KIMG2393.JPG

この前、映画館で初めてナチョスを食べました。

もちろん映画館で食べたのが初めてなのではなくて、ナチョスそのものを食べたのが初めてという意味です。

ナチョス?なにそれ?

えっと〜・・・メキシコ料理でこんなんです。

yjimage[5].jpg

私が食べたのはもっとシンプルなやつ。

yjimage[7].jpg

もっと分かりやすくするとこれかな。

yjimage[2].jpg

コーンチップスにひき肉とか豆とかチーズとかをのっけたり、チリソースをつけたりして食べるみたい。

そうこんな感じにね🎵



この動画は私が好きなクエンティン・タランティーノ監督デス・プルーフって作品のワンシーンです。

で、そのナチョスをムチャムチャ食ってるおじさんは、カート・ラッセルというなかなか有名な米国の実力派俳優なのですよ。

最近はクエンティン・タランティーノ監督の作品を見直したりして、さらにその面白さにハマっています。

サントラ盤CDも買っちゃいました。

Death Proof - Various Artists
Death Proof - Various Artists



とくにこのDown In Mexico って曲がお気に入り🎵

女の子がお尻フリフリちょっとエロい踊りをしてますが、このシーンは特に本編のストーリーには関係ないんです。

タランティーノ監督の映画は、あまり予定調和的なものがなくて、どうでもいい会話や場面が随所にあるのが特徴ともいえます。

どうやらこのあたりはタランティーノ監督独特のリアリズムというか、こだわりのようで、解かりきったようなメッセージ性よりも生々しい人間を描きたいということのようです。

人はもっと無駄な話をするし、的はずれな意見もいうし、関係ない噂話もするし、誰が良くて誰が悪いかは曖昧だし、結末らしい結末だって存在しないでしょう。

上の言葉はとあるサイトからお借りしましたが、まさにそういうことなのです。

どこかのおやじが初めてナチョスを食べようが食べまいが、そんなのはどうでもいいことで意味なんかありません。

まあ、それをわざわざ記事にするということは、私のブログもリアリズムを追及しているというわけなのか?

いずれにしても、今日の記事は「くだらない話」のカテゴリに分類したことだけは報告しておきますね(笑)

では 




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:53 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。