2019年01月02日

年の初めに「ボヘミアン・ラプソディ」を観る

今年の正月映画は今ひとつだと思っていたが、友人や知人の評判を聞いて、地元の映画館にレイトショー1000円で観に行ってみた。

KIMG1685.JPG

クイーンはもちろん知っているし、フレディ・マーキュリーに関する様々な噂も耳にしたことがあるが、もともと音楽全般にそれほど興味がなく、クイーンのレコードも買ったことはない。

そんな私だが、この映画は音楽ファンでなくても十分に楽しめたし感動した。



人が人の姿に感動するのは、その人が完璧で非の打ちどころがなく、強く、全てを兼ね備えた超人だからではない。

自分や多くの人たちと同じように、弱く、挫折と失敗を繰り返し、ハンデや欠点を抱え、ときに間違いを犯し、限られた命を生きるしかないひとりの人間。

そんな生身の人間が、人生という戦いに挑み続ける姿にこそ、感動を覚え共感するのだと思う。

KIMG1622.JPG

真っすぐな道も、曲がりくねった道も、険しい道も、遠回りな道もあるが、大切なのはその人なりの頂上を目指して進むこと。

そういう生き方ならば、たとえ道半ばで力尽きようとも後悔はないのだろう。

でも、その頂上っていうのがなかなか見えないのが凡人の悲しさなんだなあ・・・(T_T)




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:56 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。