2018年06月28日

続・上から目線はとことん高く 



前回の記事の続きです。


KIMG1100.JPG


自分も含めて上から目線の人は、どうしても独りよがりになりやすいです。


自分を客観的に見られなくて、疑問を持たずに行動してしまいがち。



しかもけっこうパワフルで行動的な人が多いから


相手に対してグイグイ行っちゃう。


まさに調子がいい時の私がそう。


特に、大人しい人、自己主張が強くない人、控えめな感じの人を見ると


つい何か言ってあげたり、してあげたくなっちゃう。


既にその時点で、自分では気づかなくても、上から目線なんですね。



だけど大人しくて控えめで、どことなーく頼りなさげに見える人も


実はちゃーんと自分自身ってモノを持ってて


そうそう誰かに何とかして欲しいとか思っていないんです。


むしろそういう人ほど、たとえ不器用でも、多少失敗しながらでも


自分で考えて自分で決めて自分で行動したいってタイプが多いんじゃないかな。


いろんな人と付き合ってきて、ホントそう感じます。



はっきり言って、仕事上の役割とか親子関係とか師弟関係とかはともかく


対等な大人同士の付き合いや関係の中で


上から目線なんて全く必要ないし、しちゃいけない。


相手にとっては、迷惑千万、余計なお世話、何様のつもりって思われて当然。



人と対等な立場で付き合うのって、けっこう難しいなって思います。ほんと。


そう考えるようになってから、人と仲良くなることに凄く慎重になりました。


うんと時間もかけるようになりました。


できるだけ相手の話をよく聴こうと思うようになりました。


自分の性格や資質についてもっと深く知ろうと思うようになりました。



なぜなら、うっかりするとつい上から目線になってしまう私は


きっと人から傷つけられるより、人を傷つける側になる可能性が高いから。


KIMG0715.JPG


やっぱり人との関係は


上からでもなく、下からでもなく、真っすぐ同じ目線でつき合いたいものですね。






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:45 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。