2017年07月31日

「幸せな結婚をするための38の問いかけ」を読んで


先日のブログでも紹介しましたが、岡崎市で女性専用「カウンセリングルーム・杏」を開いている速水史子さんが、本を出版されました。



心理カウンセラーが贈る「幸せな結婚をするための38の問いかけ」 -
心理カウンセラーが贈る「幸せな結婚をするための38の問いかけ」 -


仕事から帰宅すると届いていたので、そのままグイグイ読んで完読!


KIMG0653.JPG


妻であり母であり現役のプロカウンセラーでもある筆者が、ご自身の結婚生活での実体験と、心(性格)の専門家としての立場から、さまざまな形の、幸せになれる結婚のあり方を、余すところなく書かれた良書です🎵



結婚といえば、恋愛、夢、希望、などをイメージしますが、実際に結婚生活が始まり、あるいは家族が増え、それなりに長く続けば続くほど「  」こんなマークは宇宙の彼方のブラックホールに吸い込まれてしまうという事実は、多くの既婚者が知るところ。 


ならば結婚なんて夢も希望もない、ただの婚姻契約なのかといえばそれは違います。


冒頭で筆者は「結婚は修行である・・・」という、よく聞かれる言葉を引用していますが、確かに結婚生活は日々修行なのです。


ただその修業は、辛く苦しい困難を乗り越えた末に、何かを会得するとか悟りを開くといったものとは、ちょっと違うような気がします。


結婚という夢が現実の結婚生活になると、バラ色のハートマークはどこかへ消えて行ってしまうかもしれませんが、その代わりに手にするものは


無限の可能性を秘めたリアルで濃密な人間関係なのです。



この本は、装丁こそピンクの色使いと可愛らしいイラストで、ほんわかムードを醸しだしていますが、中身はかなり骨太の内容です。



大好き!⇒運命の人!⇒結婚したい!⇒しちゃった!



って感じの勢いで結婚するのも悪くはありませんが、昨今はそういうケースは少なくなってきました。


ここいらで腰を落ち着けて、この先の人生、結婚するしないも含めて、じっくり考えてみようか・・・


そんな女性の方にはぜひ読んで頂きたいと思います。


ところで、この本は女性である筆者が、主に女性に向けて書かれたものだと思いますが、男性にもぜひ読んでもらいたいですね。


なかなか耳の痛い話も書いてありますが、世の多くの(マヌケな)男性(夫)が気づけない、女性(妻)の本音が手に取るようにわかります。(^^;



結婚するのなら幸福になりたい。という気持ちは、女も男も同じです。


始まりは「 大好き、愛してる 」といったバラの花びらのような恋愛でも、幸せな結婚生活をおくるカギは、二人で植えた幸福の苗木を、お互いを信頼して、力を合わせて育てていくということなんですね。


うーん、我ながらいいこと言うなあ・・・(-_-)


とにかく未婚・既婚・男女を問わず、幸せな結婚というワードに反応した方は、ぜひ読んでみてくださいね🎵 





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:11 | 愛知 ☁ | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらへは遅くなってしまいましたが、
取り上げてくださって
ありがとうございます(^_^)

また会った時に忌憚ない感想
聞かせてください。
Posted by 速水史子 at 2017年08月04日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。