2017年07月27日

仕事が嫌でしかたがなかった頃


過重労働による女性従業員の過労自殺が、大きな社会問題となった大手広告代理店「電通」が、週休3日制を含む労働環境改善の検討を始めたそうです。


関連ニュース⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000099-jij-bus_all


うーん、週休3日制かあ・・・


実現できれば素晴らしいことだけど、そんな簡単に仕事が減らせないでしょう。


休日出勤や、サービス残業をバンバンやっていた企業が、どうやって週休3日制の仕組みをつくるのか興味があるね。





仕事をするって、本当に難しいことだと思う。



生活のためにお金を得る。


自分の能力を発揮する。


自分の適正に向いた仕事をする。


組織内での人間関係をつくる。


能力を高めスキルアップをする。


良い評価を受ける。


仕事を通じて社会に貢献する。


社会的な信用を得る。


仕事そのものを楽しむ。



仕事をする目的は山ほどあるけど、出来れば仕事なんかしないで、遊んで暮らしたいっていう気持ちも正直ある。


私なんか若い頃、ホントに仕事が嫌だった。


もう嫌で嫌で、毎日会社に行くのが憂鬱でしかたなかった。


それでもせめて、給料泥棒と言われないようにしなきゃ、って思いだけで会社に行っていた。


けど、結局8年で限界が来て退職した。


理由は「仕事の内容がどうしても自分に合わなかった、向いていなかった」というのが一番だったけど、働くこと自体が嫌だったんだろうなあ・・・


あの頃は、本当に嫌だったんだけど、仕事のことだけじゃなくて、おそらく他にもいろんなことで生き辛さを抱えていたんだろうな。


とにかく全てにおいて、自分のことを「ダメなヤツ」としか思えなかった。



今でこそ、何とかまともらしく生きているけど、当時は自分の将来なんて真っ暗闇だと信じていたから、結婚して家族を背負うなんて、とても無理だと考えていたし、この先自分の人生は落ちて行くばかりだと思っていた。


何が変わったんだろう。


何も変わってないはずなのにね。



ぐうたらなダメ人間のくせに、運よくやってこれたんだよ、きっと。


だからもうそろそろ、本来のぐうたらに戻りたいなあ。



最近、そんなことを考えている自分がいて、ちょっと危ない予感がしている。



M1号.jpg

   ぐうたらな自分のイメージ画像






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:32 | 愛知 ☁ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする