2017年03月24日

やたらとエラそうな奴ら


最近のテレビは必ずと言っていいほど同じようなニュースが流れていますね。


豊洲市場移転と森友学園に関するニュースです。


個人的には豊洲問題はまだしも、森友学園の件などでいつまでもガタガタしている場合なのか?という気がしてなりません。


「もっと国会で論議すべき重要な問題があるだろう」


そんな腹立たしい気持ちでいっぱいになります。


他にどんな問題があるのか?については、こんなブログに書くような軽いことではないと思うので書きません。


一つ言えるのは、少しぐらい生活が貧乏になったり不自由になっても構わないので、私や子供たちの世代が今のまま平和でいられたら(戦争に巻き込まれなければ)いいのだけれど・・・ということです。




さて話は戻り「豊洲市場移転と森友学園」の件です。


ニュースを見ていると「よくもまあ、これだけ横柄で上から目線のエラそうな奴らが揃ったものだ」と呆れてしまいます。


立派な肩書、社会的な成功、お金もち、であることと、その人の品格というか人間性は関係がないのでしょうね。※もちろん人格的に優れたリーダー、成功者、お金持ちの人も世の中にはたくさんいる?はずです。


もしかしたらこうした人たちは、人間関係を「支配するものと従属するもの(上か下か)」という感覚で捉えているのかも知れません。


そうやって力により相手を服従させ支配下に置く行為は、その人の優越感を満足させ自己肯定感が高まるのでしょう。


しかし、そんなとんでもなくエラそうな奴らの心の奥底には、表の態度とは全く違う心理があるのかも知れません。


人の気持ちを顧みる余裕がない、強くないと酷い目にあう、弱い自分はダメな人間、弱みを見せたら終わり、力を持たない自分には価値がない・・・


つまり「ありのままの自分に自信が無い」ということ。


その自信の無さや自己否定感が半端ないからこそ、その反動も大きくなって、とてつもなくエラそうな態度をとるのかも知れません。


まあこのように考えると、あの桁外れにエラそうな奴らの態度も理解できなくもない気が・・・全くしません!


私はそこまでの人格者ではないので、あんなエラそうな奴らを見ると不快感怒りしか感じません。


そして、人の性根は人相に表れるというのは本当だと感じるだけです。


見てごらんなさい、あのエラそうな奴らの品格のない歪んだ顔を(# ゚Д゚)



私は特に尊敬する人物はいませんが、強いて言うならば次のような人を尊敬します。


社会の片隅でつつましく生き、自分ができる仕事を真面目に取り組み、愛のある温かい家庭を持ち、身の丈に合った生活をし、なるべく他人に迷惑をかけず、出来る範囲で他人を助け、穏やかで静かに暮らす人


つまり普通の人が一番立派だということですよ。


KIMG0069.JPG


人の心を受け入れられない人は、いつまでたっても心の孤独から抜け出すことは出来ないのです。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。