2017年01月19日

星の見えない夜空


KIMG0515.JPG


明けない夜はない


どんなに辛い時も、時間とともに過去の事として過ぎてゆく・・・


そんな意味の言葉だと理解しています。


しかし、眠れない夜はその暗闇が永遠に続くような気持ちになるものです。


基本的に布団に入ればすぐに眠れる私ですが、それでもやはり眠れぬ夜もあります。


「眠れないということは、風呂の栓を抜いて水を溜めるようなもので、心のエネルギーを保つために睡眠はすごく大切なのですよ。」


これは心療内科のお医者さんから聞いた言葉です。


暗く長い孤独な夜


今夜もそんな思いを感じている人がいるのでしょうね。


外に出てみると、今夜は星の見えない夜空でした。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:17 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も眠れない夜があります。そういう時は、開き直って読書をしています。一晩くらい寝なくても、ほぼほぼ大丈夫です(笑)。
Posted by 権兵衛 at 2017年01月19日 21:34
私はも以前はそうでしたが、最近は寝不足がこたえるようになって・・・(^^;
権兵衛さんはまだまだ元気でお若いですね(^.^)
Posted by おやじカウンセラー at 2017年01月29日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。