2017年01月05日

連休明けの憂鬱

連休最終日の昨日、愛車のXL125Sにナックルガードを取り付けました。


キジマ(Kijima) ナックルガード 左右セット ブラック 405-035B -
キジマ(Kijima) ナックルガード 左右セット ブラック 405-035B -


キジマのナックルガードですが、汎用タイプなのでかなり加工しましたし、ほどほどで妥協することにもなりましたが、昔風のデザインで私の愛車にマッチしていい感じです。(自画自賛(^.^))


KIMG0092.JPG


防寒グローブもいろいろ試しましたが、ナックルガードの効果がどのくらいなのか、今度の休日にでもさっそく走りに行って感想を書こうと思います。



さて、そろそろ今年の仕事始めという方も多いかと思いますが、連休明けの気分は独特です。


サザエさん症候群というのがありますが、長期連休ともなれば、休み明けの憂鬱な気分は誰もが経験するものでしょう。


旅行やイベントなどで非日常の休暇を満喫した人も、逆に何もせずせっかくの連休を怠惰に過ごしてしまった人も、違う意味で仕事始めの気分は重いものです。


連休中の暴飲暴食で体調が今ひとつだったり、正月太りで体が重い、夜更かしなどで生活のリズムがおかしくなっているというのも憂鬱な気分の原因かもしれませんね。


まあ嫌々でも仕事が始まってしまえば、日常に戻るのは時間の問題なのですが、出来るだけ憂鬱な気分を引きずらないように気持ちを切り替えることが大切です。


そのためにはいくつかの方法があります。


出来るだけ早く生活のリズムを整えて、気持ちと身体を仕事モードに戻すこと。


次の休日の楽しみを考えて、終わってしまった連休の思い出に浸り続けないこと。


可能な範囲で、いきなり大きな負荷をかけないで徐々に仕事を始めること。


職場の仲間とのコミュニケーションで、気が重いのは自分だけではないと感じること。



他にもいろいろな方法があると思いますが、仕事で頑張ってこそ楽しい休日が得られるわけですから、そこは割り切ってONとOFFのメリハリをしっかりつけることが、もっとも大切なことだと思います。


私はサラリーマンの経験しかありませんが、自由業や個人事業主の場合、仕事と休みの切り替えが曖昧になってしまい、休みだからといって上手く気分を切り替えられないという話もよく耳にします。


サラリーマンでも業種によっては、長期連休がとれない人もいるわけなので(私も30代のときは大晦日も元旦も仕事をしていました。)、まとまった休みが取れる人は恵まれているのです。


また明日から仕事が始まるのか・・・(*_*;


と憂鬱な気分になることは特別なことではありませんが、そんな思いが過剰になり過ぎて、せっかくの連休自体を楽しめなくなるようでは元も子もありません。


普段から自分に合った気分転換の方法や、メリハリのつけ方を身につけておきたいですね。


さあ、もういくつ寝るとゴールデンウィークかな・・・


今から楽しみですヽ(^o^)丿



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:16 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。