2016年07月03日

紙の本が滅びる社会


今日は7月3日日曜日の朝、おはようございます<(_ _)>


KIMG0179.JPG


昨日は2時間ほどウォーキングして、そのあと喫茶店で雑誌と本を読みました。


強い日差しをうけて、緑に囲まれた道を歩いていると、なんだか子供の頃の夏休みを思い出しますね。


その後、自宅に帰ってバイクの整備をして、また読書。


KIMG0217.JPG


そういえばずいぶん前に老眼鏡つくったのに、最近は全然使ってないなあ。



で、今朝・・・


目が覚めると、脳が「月曜の朝だよー」と誤認知して、ため息をつきながら「ああ、もう仕事かー、会議行かなきゃ」とおもむろに寝床を出て、ヤクルト飲んで一服していたら、今日は日曜だってことにようやく気づきました。


出かけるまでに少し時間があるので、また本を読んでいます。


本好きが高じて、小さな書店の店長をしていたこともある私ですが、最近は随分読書量が減りました。


原因の一つはやっぱりインターネットです。


お手軽簡単に文字や映像の情報が得られる社会は確かに便利ですが、その情報を処理する人間の方がついていけていない気がします。


人類が火を使うことを覚え、農耕を始め、産業革命が起き、それが現代社会の基礎となりましたが、そうした変化を凌ぐのが、情報化社会への変革だそうです。


パソコンやスマホなどの情報機器も、いずれは超小型化され、最終的には直接チップを脳に埋め込むような、そんなSF映画のようなことが現実になると思っています。


紙の本などは歴史の遺物になるんでしょうね。


そろそろ時間になったので、原付バイクで走りに行ってきます。



今日も暑いんだニャー

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:14 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。