2016年06月06日

自分の悩みを人に話すこと

先日参加したアンゲームで「自分の悩みを人に話すこと」という問いがあった。
それぞれの参加者がいろんな意見や考えを話してくれたが、私自身ははっきり言って、本気で人に悩みを相談しようと思ったことはない。

そう言い切ってしまうのは語弊があるが、悩みが深ければ深いほど他人に打ち明けたり相談しようとは思わない。そんな自分が人の悩みを聴くカウンセリングの勉強をしているのは、完全に矛盾している。

カウンセリングを否定したり、その効果に疑問を持つわけではないので、きっと自分自身に何か問題があるのだ。基本的に他人を信用していないのか、これまでの人生でそこまでの悩みを抱えたことが無いのか・・・。考えてもよくわからない。

ただ、アンゲームの際も言ったのだが、もし他人に(カウンセラーとは限らないが)悩みを聞いてもらうとしたら、なんとなくだけど女性の人に聴いてもらいたいと思う。できれば一緒になって涙を流してくれるような女性ならなおいい。

人生にはいくら頑張っても、いくら努力しても、決して解決しないことや救われないことがあると思う。そうでない悩みなら自分で解決するし、それでもどうしようもないことは、一人で噛みしめるしかない。そう思っているのかも知れない。

先月の終わりに父の3回忌と母の43回忌があった。

父には悪いが、80歳の半ばまで生きられたし、それなりに親孝行もしたと思っているので、3回忌だといってそれほどの感慨はなかった。

しかし母の場合は違う。40歳そこそこで中学生の私や家族を残して逝ったのだ。しかも末期ガンの発覚からからわずか4か月足らずのうちに、苦しんで苦しんでこの世を去ったのだ。
当時の母の苦しみ、無念さ、辛さははかり知れないし、当然だけど私も随分辛かった。

当時の母が、誰かに救いを求めるとしたら、いったい何を話してどうしてもらいたかったのかと思う。ただただ親身に聴いてもらいたかったのか、死にゆく自分に何かアドバイスをして欲しかったのか・・・。
今となっては確かめる術もない。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:00 | 愛知 ☀ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを読んで、素直に思ったのはおやじカウンセラーさんは本当に強い方なのか強がっているのかどちらかだと思います。「人生にはいくら頑張っても、いくら努力しても、決して解決しないことや救われないことがあると思う。そうでない悩みなら自分で解決するし、それでもどうしようもないことは、一人で噛みしめるしかない」の部分からそれを強く感じました。僕にはとても真似できません。
Posted by キング?カズ at 2016年06月06日 22:34
復活待ってました!!
アンゲームの参加もありがとうございました(^_^)

アンゲームやっててブログに書いてある爆弾発言!!に一瞬言葉を失いましたが、本音ありがとうございました。

深められる問いが出てくると、
それだけで一時間行けるよねって思うことがあるので、またどこかで取り上げたいなって思います。
Posted by はやみ at 2016年06月06日 22:55
キング?カズさん、いつもありがとう<(_ _)>

すごく考えさせられるコメントです。

私は若い頃ずっと、強くならなければ生きていけないと思っていた時期があり、誰にも甘えられないという気持ちが強いのだと思います。

実際は強い人間ではないですし、強がっているつもりはないので、記事に書いたことは本音なのです。

Posted by おやじカウンセラー at 2016年06月07日 00:02
はやみさん、先日はお世話になりました<(_ _)>

爆弾発言ですか・・・(^^;

誤解されかねないので言い方が難しいのですが、たぶん私はいろんな抑圧や抑制が強いのだと思います。

ただ決してカウンセリングを否定するものではありません。

もっとクライエント体験を積むことが必要なのかとも思っています。

この問いは、いろんな人の意見も聞いてみたいですね。

そうそう、耳つぼダイエット!
今後の効果をお会いするたびに観察させて頂きますよ〜





Posted by おやじカウンセラー at 2016年06月07日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。