2016年02月14日

話せばわかる?


本日6回目のブログ更新です。
一気にたくさん書いても順位には反映しにくいのですが、勢いで書くタイプなので(^^;
次に書くのは何時になるかわかりませんが、とりあえず6回分をお読み頂けると嬉しいです。


「普段からアサーティブなコミュニケーションがとれている」

昨日のアサーションの学習会で、偉そうにそう宣った私ですが、実際に学んでみると必ずしも実践できていない自分に気づきました。

時には 「自分のことだけを考えて相手を踏みにじるやり方」「自分よりも相手を優先してしまうやり方」でコミュニケーションをとっています。

常に「自分のことも考え、相手のことも配慮するやり方」で他人と向き合うのは簡単ではありませんし、仮に自分がそうしようと心掛けても、相手によっては難しい場面があると思います。
世の中は「話せばわかる人」ばかりではないのが現実だからです。

自己主張すると関係性が悪くなることを恐れている?


確かにそれはありますね。
私は父親との関係で、特にそれを強く感じていました。
様々な理由で「対等な関係にはなれない自分」を誰しも感じることがあるのではないでしょうか。

かといってアサーティブネスが役に立たないものだと判断するのは早計でしょう。
何しろまだまだほんの障りの部分を学んだだけなのですから。

来月もアサーティブネスの学習会があります。
しっかり学んでこれからの自分自身に役立つようにしたい思っています。

陣屋の茶屋のお抹茶.JPG

最後まで読んで下さってありがとうございました<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:26 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。