2016年02月14日

恥ずかしい話


本日5回目の記事更新です。
コツコツ毎日書くといいのですが、ついついサボってしまうので、こうして一気に書いています。


今年1月の年明け早々に入院して手術をしましたが、今ではすっかり元気です(^O^)/
ただ・・・病気というのがよくある「水戸★門」の病だったので、いろいろ普段は出来ない体験をしました。

その筆頭が、とにかく「★戸★門」を何度も繰り返し、これでもかというほど見られるのです。
病気なので当たり前のことですが、それでも恥ずかしいことに変わりはありません。

ああいうのを人に見せて嬉しくなったり興奮する性癖があれば別でしょうが、幸か不幸か私はそんな趣味を持ち合わせていないので、ただただ恥ずかしいばかりでした。
未だに毎週一回の診察があるのですが、やはり慣れるということはありません。

尤も医師や看護師はそれこそ嫌になるほど他人の「★★★門」を見ているので、流れ作業のように診察を済ませるのですが、それがせめてもの救いなのです。
いちいち驚かれたり笑われたり感心されては、それこそ恥ずかしさの極みですからね。

ちなみに診察時の姿勢は、体育座りのまま仰向けになる感じです。
太っているとお腹の肉が邪魔になるので、看護師さんに「もっとしっかり足を抱えて!」と言われたりします。

皆さんも身体には気をつけましょうね(+_+)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 16:43 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。