2016年02月06日

東大生の4人に1人は「アスペルガー症候群」 てホント?


東大は「東京アスペ大学」と呼ばれても仕方がない

元東大大学院男性のそんなツイートが話題になっているらしい。なんとなく納得してしまいそうだが、実際にきちんと調査したわけでもなさそうなので真意の程はわからない。アスペルガーの特徴を持つ人の中には、人並みはずれて記憶力や集中力に優れている人がいることからの話だろうとは想像できる。

ただこの記事に限らず最近は、やたらとアスペルガーを「アスペ」などと略してみたり、アスペルガーをまるで「不思議ちゃん」や「お花畑の人」と同列に捉え、軽く見る感じがしてちょっと気になる。

これまでも、うつ病やパニック障害が頻繁にマスコミに取り上げられ、著名人が闘病記などで自身の体験を赤裸々に明かすことで、一気に一般的な心の病として認知されたかのような風潮があるが、果たして実態はどうだろうか。

どれだけ世間一般がうつ病やパニック障害を正しく理解し、当事者の援助に繋がったかというと、はなはだ疑問がある。現実にそうした病を持つ人たちの苦悩は簡単には計り知れないものがあるだろう。病名がメジャーになったことで、当事者や周りの家族などが多少なりとも救われたというなら良いのだけれど・・・。

さらに言えば、こうした心の病が話題になるたびに思うのは、統合失調症と癲癇(てんかん)のこと。これらも決して発症率の少なくない病だし、もっと世間に認知され理解されて然るべきだと思うのだが、どうやら心の病にも暗黙の差別やランク付けがあるらしい。

「私はパニック障害なんです」と告白する芸能人はいても「実は癲癇(てんかん)患者です」とはなかなか言えないのが現実なのだろうと思う。統合失調症でも同じことが言えるだろう。

カウンセラーやカウンセリングを学ぶ人に、そんな差別意識を持つ人はいないと思うし、そんなことがあってはいけないのだが、心の病についての知識と理解が不十分な人は少なくないと思う。

宣伝するわけではないが、私のカウンセリングの師でもある竹内成彦先生は、そのあたりの精神医学にとても詳しいカウンセラーとして知られている。

心の病199プラスアルファ―あなたもこの中にいる -
心の病199プラスアルファ―あなたもこの中にいる -

これまでに6冊の本を出版されている竹内先生だが、初の著書がこれなのだ。私が手に取ったのはもう随分前の「本屋の店長時代」だが、この本を読んで竹内先生の講座を受け、カウンセリングを学ぶきっかけになった思い出の本でもある。

2月21日(日)にはその竹内先生を講師に招いてボランティア団体 竹の子会主催カウンセリングの基本「聴く技術を学ぶ」が開催されます。

本当に残席僅かですが今ならまだ申し込み可能なので、ぜひともこの機会にご参加戴きたいと思います。


と告知したのもつかの間、いましがた確認するとなんと満員御礼となっていました。申し訳ない気持ちと同時に、あらためて「幸運の女神には後ろ髪はないのだ(-_-)」と思った次第です。

ごめんね 次の機会があればいいですが・・・。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 14:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。