2015年12月06日

昨夜の別れ

今回の記事は「死」についての話題です。心が弱っている方は読まない方がいいかもしれません。



出会いがあれば別れが必ずあるものですが、昨夜は知人の通夜に参列してきました。
友人と言えるほど親しい付き合いではありませんでしたが、それでも最後の見送りができてよかったと思います。

人が羨むような順風満帆の人生をおくっていたはずなのに、どうしてもっと自分を大切にできなかったんだろう・・・

亡くなった彼には、どうしてもそんな思いが浮かんでしまいます。
好きなようにやりたいように生きていたと思いますが、せっかくなら太く短くではなく、太く長く生きてもらいたかった。

棺の中の彼は、眠るような穏やかな顔をしていました。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:59 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。