2015年11月29日

嫌な相手と上手く付き合うコツ

人間関係で悩む人は多いようです。
というより悩みの殆どが、何がしか人間関係に関わっているのかも知れません。

私自身も子供の頃から人間関係で悩むことはありましたが、幸いにしてそれほど深く悩んだり、後々まで尾を引くようなことはなく、どちらかと言えば人間関係以外の自分自身のことで悩むことが多かった気がします。

人間関係のコツを私なりに一言で言えば、時に浅く広く時に深く狭く、ということだと思います。
人間関係の上手な人は「誰とでも仲良くなれる人」だと思いがちですが、むしろ「嫌な相手とも適度な距離で付き合える人」なのではないでしょうか。

仲良くなりたい人と仲良くなる秘訣は「自分から先に親愛の情を示す」ことで、ある程度は上手くいくと思っています。

具体的に言えば、笑顔で挨拶する相手の話をしっかり聴く相手に興味があることを態度や言葉で表現するといったことです。

「私は人見知りなので、そういうのは苦手」という人もいるでしょうが、これはカウンセリングの基本とも共通することなので、カウンセラーであれば意識して(あるいは必要に応じて)出来るようにしておいた方がいいと思います。

難しいのは、仲良くなりたくない人苦手な人と、どうしても付き合わなければいけないときです。
仕事はもちろんですが、プライベートであってもそういう場面はよくあるものです。

そういう人と付き合うコツとして、まず一番大切なのは「無理に仲良くなろうとしないこと」です。
嫌いなら嫌い、苦手なら苦手でよいと割り切った方が、気持ちも楽になるし、相手との関係が悪化するのを防ぐこともできると思います。
ただ肝心なのは、相手のことが嫌だからといって、その気持ちを出来るだけ顔や態度に出さないことです。

こういうことを書くと、裏表がある人だとか、腹の中で何を考えているかわからない人、などと言われそうですが、裏表がなく感じたまま、考えたままを言葉や態度に出してしまうのは子どものやることです。
大人は状況に応じてそのあたりを使い分けて当然です。

状況に応じて使い分けが出来たほうが、人間関係はスムーズに行くことは間違いありません。
それが適度にできない人は、社会に適応出来にくい人だと思います。

そうは言っても、この適度にという部分が人によっては難しい事かも知れませんね。
何故なら、人間関係で悩む人の特徴として「気持ちがすぐ顔や態度に出る」というのがあるからです。(★もちろんそうではない人もいます。あくまで一例です)
つまり反応が早く単純ということですが、これでは苦手な人(嫌いな人)と付き合う上で、面倒なことになる可能性が高くなります。

嫌な相手と付き合うということは、ある意味で戦いです。
そして敵との勝負に勝つためには、まず相手をよく知ることが鉄則です。
逆に言えば自分の手の内を先に相手に見せないということでもあります。

そのためには常に後出しジャンケンで相手と接することが、勝負のカギを握ることになると思うのです。
相手から何か言われたりしても、すぐに感情的に返すのではなく、一呼吸おいてどのような対応をすればいいかを考えてから返す癖をつけておくのです。
そのためには、日頃から苦手な相手と接するときは、気を抜かず冷静にいつでも対応できるように、心の準備をしておくことが大切なのです。

目先の損得や勝ち負けにこだわって、感情的な対応をすると、後々後悔することになります。
もっとも良いのは、嫌な相手からも自分のことを嫌っていると思われないような態度で接することです。
出来れば敵はつくらないに越したことはありません。
仲良くもならず、敵にもならずといった関係ができればそれがベストだと思います。

こんな記事を書くと「おやじカウンセラーは随分計算して他人と付き合っているんだ」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
私は他人とつき合うときに、上に書いてあるようなことを意識することは殆んどありません。

「この人と仲良くなりたい」と感じた人とは仲良くなる「この人なんか嫌だなぁ」と思った人とは自然に距離を取る。
それが私の人間関係の基本的な姿勢ですし、それほど苦労せずにそれが出来てしまいます。

その理由は私の生まれ持った気質や、性格にもあるでしょうが、はっきり言ってこれまでの人生で「広く浅く狭く深く」他人とつき合ってきた経験が、ちょっとそこら辺の人には負ける気がしないくらい(質、量ともに)積んでいるので、そこで培った経験が大きいと思っています。

ただ、残念ながら女性とのおつきあいに対しては、そこら辺の人に軽く負けてしまうと思います

「人間関係のコツ」などと尤もらしいタイトルの記事を書きましたが、内容はペラペラで恥ずかしいような文章になってしまいました。
これを読んで何かの役に立つ人は多分いないと思いますが、それでも最後まで読んでくれた人には感謝いたします

2012_0526_100858-P1000297.JPG

今日は久しぶりにのんびりと自転車に乗りました。
仕事に追われて慌ただしい日々を送っていますが、ラストスパートをかけて年末まで頑張ろうと思います。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:24 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじカウンセラーさんの言われること、もっともだと思います。ただこの好きな人、嫌いな人との距離感のとり方っていうのは経験しないとわからないし、口でなかなか説明できないものですね。
Posted by キング?カズ at 2015年12月01日 20:25
キング&カズさん、いつもありがとう(^O^)/ そうですよね。私もこの記事を書いたのはいいけど、今一つ説得力に欠けるというか具体的でないというか・・・ 一番はやはり経験でしょうね。多くの人と付き合う(接する)経験があった方が、体験的に人との距離感を会得しやすいと思います。 あと、私の経験からすると、やたらと早く距離を詰めようとする人(親密になろうとする人)は、警戒したほうがいいかも・・・(^^; まあ、あくまで私の経験上ですが。
Posted by おやじカウンセラー at 2015年12月01日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。