2015年11月17日

謝る日々とコントロール欲求

最近、仕事のことで謝ってばかりです。
何に対して、誰に対して謝るのかよくわからないけど、やたらと謝っています。

本来は謝るのが私の仕事ではなく、そういうことにならないように、そういうことをさせないように指導し、対策、改善を進めるのが私の役割なのですが、結果としてなかなか上手くはいかないので、ミスやトラブルが起きる度に、まずは私が謝ることになるのです。

ちなみに私の役職は、小さな企業の製造部門の責任者です。

勿論ただ謝ってそれで終わりというわけではなく、それから部下(意識としては仲間、身内という感じですが)に対して叱ったり指導したり教育したりするのですが、当然こちらの方が重要な仕事なのです。

謝るだけなら馬鹿でもできるのでそれほど難しくはないのですが、指導、教育となると管理職としてのスキルが問われます。
良い結果が出ていないということは、結局、私自身の管理能力が乏しいということになるのでしょう。
それは自分でもよ〜く自覚しています。

やはりリーダーというものは、ある程度のコントロール欲求が必要なのだと思います。
組織というものは、一つの目標を定めてそれを達成するために全体で動くわけですから、個人よりも全体が優先されます。
その全体を上手くコントロールする役目がリーダーなのです。
組織において、特に組織が未熟な場合は、多少は強引でも全体を引っ張ってゆくリーダーの存在は重要です。

そう考えると、どうも私の場合はアンチコントロール欲求が強いようで、他者を支配下に置くことに強い抵抗があるのでしょう。
それが邪魔をして、リーダーとしての役割を果たし切れていないのだと思います。

先日、他部署の人間にこんなことを言われました。
私が管理している部署は、みんな仲良く楽しそうに仕事をしている反面、危機感が感じられず緊張感やピリピリした雰囲気にかける、と。
確かにそう言われればそうかも知れません。

今週は、名古屋でとあるリーダー研修を受講する予定です。
この手のセミナーは正直あまり好きではないのですが、仕事の役割を果たしたいという気持ちも強いので、しっかり勉強してきたいと思います。

とても真面目な記事を書いたので、つまんなくてなんだか具合が悪くなりました。
もっとおバカな記事が書きたいなぁ・・・


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:04 | 愛知 ☁ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする