2015年08月12日

ある夏の日に思ったこと

今日からせっかくの連休に入ったのに、心身ともに調子が今ひとつで、結局寝床でゴロゴロして一日が終わりました。休みの日はとにかく活動するようにしている私なので、こんな休日の過ごし方は珍しいです。それだけ疲れが溜まっていたのだろうと思います。

ゴロゴロしながらテレビを見ていると、1985年の日航機墜落事故の特集をやっていました。もう30年が経ったのですね。

あの事故の日のことはよく覚えています。お盆休みで友人と食事中に、テレビの緊急速報で知ったのですが「これは大変なことになるな・・・」と直感的に感じました。残念ながら私の感は当たってしまい、航空機事故史上、未曾有の大惨事に発展したのは皆さんがご存じのとおりです。

事故の犠牲者の方の無念さを思うと言葉はありません。そしてご遺族や近しい方を亡くした方々の悲しみは、いくら時が過ぎても、決して心から癒されるものではないでしょう。

人生には楽しいことも嬉しいこともたくさんありますが、悲しいことや辛い事の方がずっとずっと多いと思っています。前向きに生きることが大切なのはよくわかりますが、考えれば考えるほど生きることの無情を思わずにはいられません。

暑くて暑くて嫌な今年の夏も、お盆が過ぎ、終わりの気配を感じるようになると、やはり寂しい気持ちになるのでしょうね・・・。

蜩.JPG


☆現在、夏のコメント祭りと称して、期間限定でコメントを受け付け中です。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:43 | 愛知 ☁ | Comment(1) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑ければ暑さに文句を言い、ちょっと涼しくなってくると寂しさを感じる私は自分勝手なやつだと思っています(笑)。
Posted by 権兵衛 at 2015年08月25日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。