2015年08月09日

どうしてハゲ親父は、人に笑われるような変な髪形をして、平気でいられるのか?

今日、竹の子会の後のランチ会で「どうしてハゲ親父は、人に笑われるような変な髪形をして、平気でいられるのか?」という話を、ハゲ専門家の立場でお話させてもらいました。それについて竹内先生が、ご自身のブログでふれて頂いたので、この場を借りて広く一般の皆さんに、そのお話をいたします。

まず、ハゲの人の中には、とてつもなく個性的な髪型をしている人がいます。見る人の多くが「あなたはわざわざ人目を引くために、目立つためにそのようなヘンテコな髪形にしているのか?」と問いくなるような髪型です。

無題.png
〜こんな感じの人です〜(でもこれはカツラかな)


本来ハゲを隠すことが目的である髪型のはずなのに、逆にハゲを際立たせ、猛烈にアピールしているとしか思えないので、周囲の人はどう取り扱っていいのかわからず、戸惑い、びくびくしなければいけないという、非常に迷惑な存在なのです。

一般的な男性のハゲというものは、男性ホルモンが影響している関係で、前頭部および頭頂部が最も早く、しかも強く、その被害を受けやすいのです。かなりハゲが進行しても、側頭部や後頭部、襟足の部分はけっこう被害を免れているものです。

その僅かに残った部分を利用して、ハゲた部分をカバーしようという発想それ自体は、ごく自然な成り行きなのですが、なかにはあまりに無理な、強引な、自然の摂理を無視した、ハゲの面積と残っている髪の毛の面積を完全に度外視した、強烈な髪形にしてしまう人がいるのです。

基本的に、後頭部の髪の毛は上から下に生えているものです。それを無理やり上に持ってきて、額の部分まで覆い隠してしまおうなんて、常人の発想ではありません。

側頭部の髪の毛であっても同じこと。てっぺんや前髪の代わりにはならないのですが、あえてそれを実行してしまうのですから、一般の人が「どうしてハゲ親父は、人に笑われるような変な髪形をして、平気でいられるのか?」と考え、どうにも理解が出来ないのは当然なのです。

しかし、それはハゲの洗礼を受けていない人の発想であり、ハゲに対して多少なりとも上から目線で見下しているからにほかなりません。ハゲ歴数十年のハゲ専門家として、おやじカウンセラーがズバリお答えいたします。

「ローマは一日にしてならず、ヘンテコなハゲの髪形も一日にしてならず」


そうです、ヘンテコな髪形は、その人のハゲとともに歩んだ歴史があるのです。ある日突然、ふと思いついて、あのようなヘンテコな髪型が生まれたわけではないのです。

ある朝、枕に抜け毛が目立つことに気がつきます。そういえば最近、髪を洗う時にも抜けてきているような気が・・・。それでもまだそれほど心配はしていません。しかし、しばらくするとあきらかに生え際が後退してきているのに気付きます。頭頂部も薄くなってきたようです。

だんだん気になってくると、合わせ鏡で苦労して頭のてっぺんを見たりします。証明写真のボックスで、頭頂部や後頭部の写真を撮ったりもします←これは私の実体験(^.^)

そのうち口の悪い友人に言われます「おまえ薄くなってきたな〜早く結婚しないとヤバいぞ〜」苦笑いで誤魔化しながら、コイツ殺してやろうと思います。

その頃になると、髪型にも影響が出てきます。意識して、あるいは知らず知らずのうちに、どうしても薄い部分をカバーするように髪の毛を持ってきてしまうのです。

ここで私の体験ですが、ハゲかけてきた当時、行きつけの床屋は初老のオヤジと、その息子で20代後半の兄ちゃんがお客の髪を切っていました。初老のオヤジに髪を切ってもらうと、いくら私が「短めにお願いします」と言っても、出来上がりは部分的に長く残した髪の毛を、変に流したようにしてしまい、結局私の希望で兄ちゃんにバッサリ切り直してもらっていました。初老の床屋オヤジの脳には「ハゲは隠すもの」という強固な価値観がインプットがされていたのです。

これでもうおわかりでしょう。もし私がずっとその床屋に通い続け、初老のオヤジに髪を切り続けてもらい、オヤジの価値観どおりにハゲをカバーする髪形を受け入れていたら・・・。ハゲの進行とともに、ハゲ部分と残り髪部分のバランスはいつか逆転し、それでも自分の認識としては「俺のハゲは隠されている」という状態のまま、客観的に自分の髪形を理解する機会を逃し、もうその頃には、周囲の心ある人たちは、誰もタブーに触れることが出来なくなり、立派な「人に笑われるような変な髪形の人」の一丁あがりというわけなのです。

うう・・・、せっかくなので笑える話として面白おかしく書いたつもりでしたが、当時のことを思い出し涙が出てきました(>_<)←それはウソ。でもね、あの「人に笑われるような変な髪形」には、悲しく辛いその人の歴史があるのだとわかってあげて下さい。もし、あなたの身近にそんな髪形の人がいたとしたら、暖かく優しい気持ちで目をそらし、周囲の人たちには「ローマは一日にしてならず、ヘンテコなハゲの髪形も一日にしてならず」の話をしてあげて下さいね。

そうそう、もう一つの疑問である「あきらかにカツラとわかる、しょぼいカツラをなぜつけるのか?」については、また機会をあらためて、ハゲ専門家の立場でご報告させていただきたいと思います。

ハゲの悩み専門カウンセラー:おやじカウンセラー


☆現在、夏のコメント祭りと称して、期間限定でコメントを受け付け中です。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:10 | 愛知 ☁ | Comment(6) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日の竹の子会、お疲れ様でした〜

そしてランチでは、久しぶりにお腹をかかえて笑ってしまいました
さすがです!

続きを楽しみにしておりますm(__)m
Posted by しーちゃん at 2015年08月10日 00:01
詳しい解説をありがとうございます。
おかげで私が長年抱えていた謎がひとつ解けました。
同じおっさんであるにも関わらず、どうにもこうにも理解に苦しみ、ずっと不思議な生き物を見ているような気にさえなっていました。勉強になりました。と共に反省します。<(_ _)>
Posted by 竹内成彦 at 2015年08月10日 07:28
昨日はありがとうございました。

もう一度笑わせてもらいました。

一つ、上の写真がどうしてこれがかつらなのかがさっぱりわかりません。
続きとっても楽しみにしています。

あと、見事にニッチな場所でカウンセラーとしてのポジショニングの確立をされてすごいって思いました!!
そこだったんですね。


Posted by 速水史子 at 2015年08月10日 07:29
しーちゃん、こんばんは<(_ _)>
しーちゃんの話から発展してあのような話題になりました。頑張って続編を書きたいと思います(^.^)
Posted by おやじカウンセラー at 2015年08月10日 19:54
竹内先生、昨日は久しぶりにランチをご一緒できて、楽しくリフレッシュできました。
私の話が少しでもお役に立てて良かったです(^.^)
機会があれば続編も書いてみたいと思います。
Posted by おやじカウンセラー at 2015年08月10日 19:58
速水さん、こんばんは<(_ _)> 毎日暑いのに何役もこなして凄いですね〜、私はちょっと頑張っただけでぐったりです(*_*; 昨日のランチは竹内先生もご一緒で、とても楽しくよい気分転換になりましたね。 続編、ぜひ頑張って書きたいと思います。
Posted by おやじカウンセラー at 2015年08月10日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。