2014年10月08日

異性のカウンセラーと同性のカウンセラー

カウンセリングの勉強を始めてから、プロのカウンセラーの方と知り合う機会も多くなりました。

男性の方、女性の方、それぞれいらっしゃいますが、ここでふと気になることがあります。
クライエントにとってカウンセラーは異性の方がよいのか、同性の方がよいのか、あるいはカウンセラーにとってクライエントは異性の方がよいのか、という疑問です。

私の知っているカウンセラー(プロとして活動されている方)は、圧倒的に女性の方が多いのですが、女性カウンセラーでクライエントの性別に条件を付けていない方、つまり男・女のクライエントを受け付けている方は「カウンセリングオフィスTRUTH」金森先生だけです。
逆に男性カウンセラーでクライエントの性別に条件を付けている方は、私が知る限りいらっしゃらないです。

女性カウンセラーがクライエントを女性オンリーにしている理由についてこの場では深く説明しませんが、カウンセリングは原則として密室で行われることと、異性間のカウンセリングでは陽性転移を起こしやすいこと(特にカウンセラーがイケメンや美人の場合(^_-)-☆)が大きな理由になると思います。
金森先生が男女どちらのカウンセリングも受け付けている理由については、ご本人に直接お聞き頂いた方がいいのですが、ルームの環境、ご本人の覚悟、カウンセラーとしての技量などを兼ね備えたうえでの「性別問わず」ということのようです。
決して美人じゃないとか、武道の達人だからという理由ではございません。

ちなみご自宅の一室でカウンセリングをされておられる慨婚の女性カウンセラーの方から「自分は構わないが、自宅に不特定多数の男性が出入りすると(田舎なので)近所の噂になりかねないので、女性のクライエント限定にしている」というお話を聞いたことがあります。

このあたりはカウンセラー側の事情ですが、クライエントにとっては同性と異性のカウンセラーのどちらが望ましいのでしょうか。
私は男女どちらのカウンセリングも受けた経験がありますが、どちらかというと個人的には異性のカウンセラー(つまり女性)の方が(カウンセリングを)受けやすい良いような気がしました。
※あくまでその時の私個人の感想です。

ただ長く通うようになったり相談の内容によっては、男女の違いよりもむしろ人間的な相性の方が重要なのかも知れません。

いずれにせよ、クライエントはカウンセラーを選択する権利があります。
いかなる理由にせよクライエントに我慢を強いるのは、カウンセラーが自身の無能力を相手のせいにしている可能性があると言えます。

カウンセラーは性別以前に、その人間性を問われる職業なのだと思います。


☆ 竹の子会主催《カウンセリング中級講座in豊田 》の受講生募集中です。


「女性のカウンセリングルーム*杏」の速水史子さんが
  「楽しい心理カウンセリング講座」を開催されます。


岐阜のカウンセリング ルーム《HILL ISLAND》の岡島康治さんが
  《北海道札幌で出張カウンセリング》を開催されます。    


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:51 | 愛知 ☀ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
札幌の出張カウンセリングを宣伝していただき有難うございます♪
ちなみに私のカウンセリングルームですが、男性のクライアント様が3〜4割、女性のクライアント様が6〜7割と女性の方が多いです。
理由はよく分かりませんが、「安心なカウンセリングルーム」だということを唄っているからかもしれませんし、ルーム内に観葉植物や花などを置いているからかもしれません。
いずれにせよ有難いことです。
Posted by K.O at 2014年10月09日 04:00
K.Oさん、コメントありがとうございます<(_ _)>

K.Oさんは相手に「安心感」を感じさせるタイプだと思いますよ。

警戒させないというか、変に饒舌だったり訳知り顔をしないところが良いのではないでしょうか。

悩みを抱えていたり、心が傷ついている人は、もの凄く敏感な人だと思うので、うわべを取り繕っても、ちょっとした言葉やしぐさでカウンセラーの本音を見抜くのだと思います。

必要以上に自分を大きく見せないところが、K.Oさんの一番の魅力だと思います(^_-)-☆

逆に控えめ過ぎるところが、損をしている部分かも知れませんね。
※勝手ことを言ってすみません<(_ _)>


今度の北海道の旅が、充実したものになると良いですね。

Posted by おやじカウンセラー at 2014年10月10日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。