2014年09月14日

<日本一の芋煮会>直径6メートルの大鍋で3万食

<日本一の芋煮会>直径6メートルの大鍋で3万食

秋の風物詩「第26回日本一の芋煮会フェスティバル」が14日、山形市の馬見ケ崎川河川敷で開かれた。直径6メートルの大鍋「鍋太郎」に里芋3トン、山形牛1.2トン、ネギ3500本などが投じられ、3万食分の芋煮が完成。お玉の代わりのショベルカーで配膳用の鍋に取り分けた。辺りは、しょうゆの香りに包まれ、1杯300円の整理券はすべて売り切れた。


あくまで私の個人的な感想だけど、この手の記事を目にするたびに、いつも思う。

何でこんなつまんないことするの?

まあ、町興しとか復興イベントとか、単なる地域の話題作りとかの理由があるのだろうけど。
個人的にはこんなバカみたいなことやりたくないし、参加する気も起きません。

もちろん大多数の人は、楽しんで盛り上がるわけだろうから、私の方がつまんないヤツなのかも知れない。
たぶんそうだろうね。

さあ、今日はちょっと疲れたので、エビオス飲んで寝よっ(=_=)

エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】 -
エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】 -


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:44 | 愛知 ☀ | Comment(1) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずっと昔からやっているので、止めるに止められないのだと思います。

面白いから続けろとも言われないし、面白くないから止めろとも言われない…仕事や日常生活のあれこれと同じような面があると思います。
Posted by 権兵衛 at 2014年09月17日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。