2014年09月14日

今日のロールプレイから

11月から始まる竹の子会主催の『カウンセリング中級講座』の募集が始まりました。


今日は竹の子会の会員学習会でロールプレイ(傾聴実習)を行いました。

私は良いネタを持っていたので、自らクライエント役をかって出ました。
カウンセラー役はなるべくなら女性の方にお願いしたかったので、現在産業カウンセラーの養成講座を受講中のSさんが、半ば押し切られる形で受けてくれました。
男の悩みは仕事が絡むことが多く、男同士だと表面的には共感しやすいので、あえて女性の方に話を聞いてもらいたかったのです。

さて私のネタはというと、とにかく最近、くよくよイライラモヤモヤが続いているという話です。

しかも、そんな気持ちをどうにかして前向きに変えたいということではなく、もうこのままずっとくよくよしていてもいいや、というような投げやりな気分がおさまらず、
もうど〜でもいいやという状態になりつつあるという泣き言と不平不満の話です。

で、私はカウンセラーに何をして欲しかったかというと、ただただくよくよした気分を一緒に味わってもらいたかったわけです。

といっても最初からそうして欲しいとはっきり思っていたというより、聴いてもらううちにそう感じてきたというのが正しいです。

カウンセラーの基本は傾聴ですが、必要に応じて質問、アドバイス、提案などの積極的な介入をしなければいけない時があります。
難しいのは、そのタイミングをどう見極めるかということなのでしょうが、それが簡単にわかれば苦労はありません。

ロールプレイ後の振り返りでも、様々な意見や感想が出ましたが、それぞれに参考になり考えさせられる内容で、非常に勉強になりました。

それにしても私がすぐにくよくよする女々しい男だったことを知り、少し意外に感じた人もいたようです。
先日も別の場所で「最近イライラして腹が立って仕方がない」という話をしたところ、おやじさんはイライラしたり腹を立てない人だと思っていた、と言われました。

どうやら私は傍目にはなかなかの人格者だと勘違いされているようです(*_*;

もちろん実際は全くそんなことはなく、私のすぐにくよくよする性格は子供の頃からの筋金入りです(^_^;)
もしも私が根っから図太い神経の持ち主だったら、かなり違う人生を送っていたことでしょう。

マイペースで図太く、いわゆる無神経といわれる人に対して、私はいつも羨望と妬みと嫌悪が入り混じった複雑な思いを抱いてしまいます。

さて私の女々しい悩みですが、Sさんが一生懸命に聴いてくれたおかげで随分いろんなモヤモヤを吐き出せ、かなりスッキリしました。
傾聴のカタルシス効果というやつですね(^^)

秋が深まるにつれて、くよくよからくよくよぐらいになるといいなぁ・・・(=_=)


秋深し隣はくよくよする人ぞ

くよくよしても食欲は落ちないおやじカウンセラーでした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:59 | 愛知 ☀ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじ様、おヒサシぶりです。

岡島さんと話したら、ヒサシさんの事思い出して・・・

くよくよって、裏を返すと・・・

その裏に実は、本当の良い姿がある様な気が・・・

今、置かれてる立場は大変キツイですよね〜
Posted by 心音 at 2014年09月15日 10:10
クヨクヨしている気持ちに気がついているという事は、心は健全だという事、自分を客観視できているという事だと思います。私はイライラの方が強いですね。まぁ、他人にあたらない分、害はない…と自分に言い聞かせていますが。
Posted by 権兵衛 at 2014年09月16日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。