2014年06月03日

エンドレス歯医者

今年になってから歯医者に通い始めたが、まだ治療が続いていて今日も行ってきた。
気になる歯が1本だけあったので、行きつけの歯医者に4年ぶりぐらいに通い始めたのに、いつまでたっても終わらない。
仕事が忙しくてキャンセルが続いたせいもあるのだけど、それでももう四か月ぐらい通い続けている気がする。

私の歯はずっと昔に親知らずを1本抜いた以外は、いちおう自前の歯が揃っているけれど、さすがにこの歳になると随分とガタがきているようだ。
ちなみに親知らずを抜かれた歯医者は、とんでもなく下手くそだったので、それからは二度と行っていない。

今お世話になっている歯医者は、出来るだけ抜かずに治療してくれるので有り難いのだが、やはり歯の治療は憂鬱な気分になる。
今回も麻酔の注射をして神経を抜いたり、以前に治療した歯がまた悪くなっていたりと、けっこう奥深くまでガリガリやることが多いのだ。

「痛かったり苦しかったら左手を挙げて下さいねるんるん

助手のお姉さんはいつも優しくそういうのだが、手を挙げたからといってなにがどうなるわけでもない。
ただ「ここが痛みますか?」と言いつつ無情にガリガリが続くだけなのだ。

痛くて辛い歯医者通いだが、一つだけ良い事がある。
治療の後は一時間とか二時間とか、食事はしないようにと言われるので、いつも歯医者の後はコンビニに寄り道して、車の中で珈琲を飲みながらDVDの映画を見るのです。



今夜は名作「バックドラフト」を鑑賞しました。
映画館や自宅のテレビより、カーナビの小さな画面で観るほうが集中できるんですよね。

もう暫く歯の治療はかかりそうなので、夜の映画鑑賞もまだまだ続くのです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:16 | 愛知 ☁ | Comment(1) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歯の治療大変ですね。私も最近、3回ほど通いました。定期健診のつもりだったのですが、虫歯が見つかり・・・。

いくつになっても歯医者さんだけは好きになれません。

夜の映画鑑賞はよい隙間時間を見つけられたと思いました。
Posted by 権兵衛 at 2014年06月04日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。