2014年05月19日

シャブ&飛鳥

今回の記事はあんまり真面目に書いていないので、あえてカテゴリを「ど〜でもいいお話」としました。

今話題のASKAの覚醒剤の事件です。
ところで、いつ飛鳥からASKAになったの?

昨年の週刊文春の見出しに「シャブ&飛鳥の衝撃」とあって、すぐにコンビニで立ち読みをした。
内容もなかなか衝撃的だったが「シャブ&飛鳥」という見出しは、単純だがけっこう笑えるなぁ・・・などと、変なところに感心した覚えがある。

それから数カ月、世間も忘れかけていたころに今回の逮捕劇。
警察もちゃんと捜査を続けていたわけだね、立派立派(^。^)y-.。o○

まあ、マスコミもあんまり信頼できないけど、今回の件に関してはやはり事実だったというわけなんでしょうね。
だいたい全くの事実無根ならば、とっくに文芸春秋なりを名誉棄損で訴えておかしくなかったわけで「あれは実はアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)で、合法薬物を暴力団からもらっていたんです」などとむちゃくちゃな告白をした段階で、限りなくクロに近い灰色って印象なのは、みんな感じていたんじゃないですか。
そのあたりはちょっと前に騒がれた、元プロ野球選手のも同じ流れだけれどね。

それにしても覚せい剤の中毒性って怖いね〜。
これまで築き上げてきたものが、全部パ〜になるってわかっててもやめられないんだから。

私自身ニコチン依存症でタバコがやめられないので、なんとなくわかる気もするけど、やっぱり違法薬物に手を出しちゃあいかんでしょ。

今回の事件はチャゲアスのファンからすれば、本当に残念でやりきれない気持ちでしょうね。

音楽にあまり興味がない私でも、知ってる大ヒット曲がいくつもあるスター歌手だから、しばらくはこのニュースで大騒ぎなんでしょう。
でもこんな時に、大事な法案なんかがこっそり可決されたりすることがあるので、国民の皆さんは注意しましょうね。

飛鳥本人については、法律できちんと罰せられるだろうし、今回の事件が本人に与えるダメージは相当なものだと思うので、あんまり言いたくはないけど、往生際だけは見苦しくしないで欲しいよね。

それにしても人間なんて、本当に弱いもんだねぇ・・・(=_=)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:48 | 愛知 | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「シャブ&飛鳥」

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
こうなりました。

上手い!と思わず拍手したら
ネタモトは週刊文春だったんですね。

ニコチン中毒だったんですか・・・。
近年、喫煙者を締め出す動きばかりで
あきれてます。

そこまでやるなら、販売中止にすればいいのに〜
くらいやりすぎですよね。

ちなみにわたしは「女の子中毒」です。W
Posted by KM at 2014年05月23日 23:19
KMさん、コメントありがとう。
週刊文春にしてはなかなかの見出しでしたが、現実はシャレにならないニュースで、ファンにとってはもの凄いショックでしょうね。

タバコは本当に矛盾の塊です。
吸いたいのか吸いたくないのか・・・
売りたいのか売りたくないのか・・・
本当にいっそのこと販売中止にしてもらったほうがスッキリします。

「女の子中毒」ですか。
タバコやお酒よりもずっと健全で健康的ですね(^。^)y-.。o○

Posted by おやじカウンセラー at 2014年05月24日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。