2014年03月27日

春の心

世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし

平安時代の歌人、在原 業平の詠んだ歌です。
意味は自分で調べてね(^.^)

慌ただしい日々に追われているうちに、いつの間にか桜の季節になって、冬の朝はエンジンの始動に苦労していた愛車CBX125カスタムも、すんなりエンジンがかかるようになりました。

2013_1231_110754-P1000872.JPG   2013_1231_110712-P1000871.JPG

春といえば、やはり別れと出会いの季節でしょうか。
何か新しいことを始めようと、心に決めている人もいると思います。

私はどうだろう・・・?
とりあえず冬の間はずっとさぼっていた、自転車通勤を再開しようとは思っています。

先日久しぶりに自転車の整備をしたところ、ロードバイクのタイヤに細かいひび割れが発生していました。
自転車のタイヤもピンキリで、あまり安いものは耐久性や性能が劣るのでしょうね。
幸いもう一台の愛車MTBの方は調子が良く、いつでも乗り出せる状態です(^.^)

身体は一つなのに、おんぼろバイクや自転車を何台も所有しているので日替わりで乗らないといけません。
やはり普段から乗っていないと、機関の調子が維持できませんからね。

4月からは竹の子会が主催する「カウンセリング基礎講座」が始まります。

何を始めようか迷っている人は、思い切って受講してみてはいかがでしょう。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:58 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。