2013年09月08日

基礎講座が終わって感じたこと

本日はこの春(4月)から始まった『第19回カウンセリング基礎講座』の最終日でした。

私がこの講座を主催・運営する「竹の子会」のスタッフになって、かれこれ6年以上が過ぎ、その間に少なくとも10数回の講座に関わってきましたが、その雰囲気は毎回少しづつ違っています。

和気あいあいの回、緊張感のある回、もの静かな回、笑いの絶えない回、などなど、不思議なほど毎回ごとに違う色合いがあります。
もちろん雰囲気はそれぞれでも、有り難いことに不真面目でやる気のない参加者には、一度もお目にかかったことはありません。

さて、今回の第19回の雰囲気を一言で言うと『熱気に溢れた回』という印象でしょうか。

とにかく参加者の皆さんの、やる気と熱い意欲を肌で感じるような講座でした。
グループ討議も質問タイムも常に熱いという感じでしょうか。
講師の竹内先生も、いつも以上に気合が入っていたように思います。

そうした熱い雰囲気だった理由の一つに、プロカウンセラーやカウンセラー有資格者でありながら、この講座に参加された方たちの存在が大きかったような気がしました。
今回はそんな方たちが本当に良い雰囲気を作ってくれたように思います。

決して出しゃばったり、知識をひけらかすわけでもはなく、それでいてご自身の経験や知識をグループ討議などで上手く活かして、非常に良い場の雰囲気をつくっておられたように(もちろんご本人たちは意識せずにでしょうが)見受けられました。
できれば私も一緒に講座を受けて、じっくりとお話をさせてもらいたい方が何人もいらっしゃいました。

今回は遠方からの参加者も少なくなかったのですが、全6回の講座を皆勤した人が本当に多かったです。
プロカウンセラーとして立派な実績がありながら、わざわざ遠方から受講料の何倍もの交通費をかけて参加された方たちも、竹内先生から皆勤賞の卒業証書を授与されて、本当に嬉しそうな笑顔で受け取っていたのがなんだかとても微笑ましかったです(^u^)

私自身も竹の子会の基礎講座を受けて本格的にカウンセリングの勉強を始め、会のスタッフとなり産業カウンセラーの資格を取り、今では竹の子会の会長を務めています。

しかしながら、未だにカウンセラーとしてはほとんど臨床経験のないペーパーカウンセラーのままです。

時として「このままでいいのだろうか・・・」という焦りを覚えることもあるのですが、竹の子会の講座や研修に参加して下さった皆さんの笑顔を拝見するたびに『 裏方稼業も悪くないものだなぁ・・・ 』と感じる昨今です。

11月10日から始まる【 カウンセリング中級講座 】にも今回の基礎講座から引き続き参加して頂ける方が数多くいらっしゃると思いますが、私も再びお会いできることを楽しみにしています。

あらためて今回の基礎講座修了生の皆さんにお礼を申し上げます。

どうもありがとう、半年間疲れ様でした。


11月10日(日)から始まる【カウンセリング中級講座】の申し込みを開始します。
詳細および申し込みは下記のアドレスをクリックして下さい。
※クリックすると中級講座の案内が表示されますが、いきなり申し込みになるようなことはありません。
 安心してクリックして下さい。
 

中級講座のご案内⇒ http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm

いつも「おやじカウンセラーの夢ゆめ日記」を読んでくれてありがとう。
竹内成彦先生の新刊は今月12日発売です(^_^)/

「すっごく心細い」がピタリとやむ! ―「生まれつき性格」を大事にできる本 [単行本] / 竹内成彦 (著); すばる舎 (刊)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:46 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。