2013年08月15日

真夏のバイクツーリング・浜松のうなぎ屋をなめたらいかんぜよ編

前回の記事の続きでございます。

真夏の灼熱地獄をものともせず無事に洞窟探検を終えた我々は、もうひとつの今日の目的である《浜松のうなぎ退治》に向かいました。
簡単に言えばうなぎを食べに行ったわけです。
といっても行き当たりばったりのおやじ旅なので、目当ての鰻屋があるわけではありません。
当てもなくうろうろとバイクを走らせていると、なかなか立派な鰻屋が目につきました。

2013_0811_123017-P1000674.JPG

「腹も減ったし、これ以上探すのも面倒なのでここに決定!」

そそくさと店内に入ると、もんぺのような服を着た店員さんが素早く近寄ってきました。
靴を脱ぎ、広いお座敷へ案内される我々。
何だか少し嫌な予感を感じつつメニューをひらくおやじ達。

思わず顔を見合わせ一言。

やっぱりここ高かったね・・・(-_-;)

まあ、なんとなくそんな気がしていたんですよね〜、妙に立派な店構えだし、昼時なのにけっこう空いていたしね。

ちなみにこの店、鰻丼がメニューにありません。
あるのは鰻重とひつまぶし、あとは白焼とかの単品が少々あるのみ。

ちなみに鰻重の一番安いのが、なんと3850円!
念を押しますが、これが一番安いやつです。

オイオイ(-"-)ここの鰻重はトリュフでものっけてあるのかよ〜って感じです。

確かに近年はうなぎが高騰しているとは知っていましたが、1ヶ月くらい前に地元で食べた《うな丼(並)》は1600円で十分美味しく頂きましたけどねぇ。

まあ今さらそんなことを言ってみても始まらないのであきらめて注文することに・・・
メニューをよ〜く見てみると『なんとか御前2500円』というのが目につきました。
よくわかりませんが、鰻かば焼き半身と鰻の茶碗蒸し、香の物(漬物って書け)のセットのようです。
迷うことなく私はこの『なんとか御膳2500円』を注文。
あとの二人はど〜んと『鰻重3850円』を注文(こちらは鰻が1本のってます)

待つことしばし、もんぺ姿の店員さんがうやうやしく鰻様を運んでまいりました。
それがこちらバッド(下向き矢印)

2013_0811_120118-P1000672.JPG
こちらが『なんとか御膳2500円』なり

続いて・・・

2013_0811_120131-P1000673.JPG
これが『鰻重の一番安い3850円』のやつ

とにかく食べましょう。

もぐもぐ・・・まあ美味しいかな・・・ちょっとタレがしょっぱい感じ。
バラちゃんもちょっとタレが辛いと言っておりました。

食べ終えた全員の感想は。

やはり値段が高すぎる。
タレはもう少し甘口がよかった。
鰻1本は少々くどい、鰻半身の《なんとか御膳》の方がよかった気がする(コンちゃんとバラちゃんの感想)
地元(西三河近辺)の美味しい店の方が良い。

以上です。

それでも浜松で鰻を食べるという本日の目的が達成できたので、概ね満足したおやじ一行でした(^_^)/

私の連休も今日で終わりとなってしまいますが、なかなか充実した楽しい休日を過ごすことが出来ました。
この日の灼熱ツーリング以外にも、自転車に乗ったりウォーキングしたりとたくさん遊んで非常に満足です。
そのあたりのことは、また近いうちに記事にしようと思っています。

くだらないお話に長々とお付き合い頂き、有難うございました<(_ _)>

連休に入り、ブログ村のランキングが急降下しております(T_T)
できましたらポチっとして頂けると非常にハゲみになりますのでどうかよろしくね(^_-)-☆


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:59 | 愛知 ☀ | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする