2013年07月30日

デブは汗かきってホント?

今朝、仕事に行くための心の準備をしていると遠くから救急車のサイレンが・・・。ピーポーピーポーとだんだん近づいてきてとうとう自宅のすぐそばに。そうです・・・朝から救急車を呼んだのは我が家でした(-_-;)高齢者がいるといろいろあるのですよ。まあ大事には至らずひと安心でした。
さて本題に。私、メチャメチャ汗かきです。人並み外れた汗かきです。こういうと「私も汗かきですよ」という人がいると思いますが、おそらく絶対に私の方が汗かきです。私もだてに50年以上生きてきたわけではありません。自分のことがそれなりにわかっているつもりです。汗かき度(そんなのあるのか?)は日本国民の上位10%に間違いなく入る自信があります。上位5%もいけるでしょう。1%に入っても(100人中で一番汗かき)不思議はないと思っています。
文字どおり滝のような汗をかく私は、真夏でもTシャツだけで人前に出ることはありません。必ず襟付きのシャツを上に羽織っています。「Tシャツだけの方が涼しいのに」というのは普通の人の考えです。汗かきの人はTシャツだけでは汗染みだらけになってしまうのです。
自分が人並み以上に汗かきだということがよく分かっているので、少しでも汗をかかないように、汗をすぐにふき取るようにいつも心がけているので、それほど目立たないかも知れませんが、そうでなければまわりがドン引きするくらい汗だくになってしまうのです。
ところで汗かきなのは太っているからだと一般的に思われがちですが、ホントかなぁ・・・と思います。私の場合は、今みたいにデブになる前の子供の頃からすごく汗かきでした。私の知人でかなりの汗かきがいますが全然太っていません。「太っている=汗かき」というのは要因のひとつではあってもそれだけが原因ではないのが事実でしょう。
人より汗かきである一番の原因はやはりそういう体質に生まれたからというのが正解ではないかなぁ・・・。人の心や精神が生まれつきの気質に大きく左右されるように、肉体的な部分や働きは体質に影響されることが大きいのでしょうね。
普通の人や平均的な人といったものがはたしてあるのか疑問ですが、少なくとも人の心や体って見えない部分も含めてけっこう違いがあるものですよね。
ちなみに私は、汗かきで得したと思ったことはありません。まあしいて言えば仕事やスポーツで人よりたくさん汗をかいていると、すごく頑張っているとたまに勘違いされるくらいです。でもやっぱり汗かきじゃないほうがよかったなと50数年生きてきてそう思う今年の夏です。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:18 | 愛知 ☔ | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする