2013年05月12日

カウンセラーがクライアントに精神科受診をすすめるとき


今日は竹の子会主催の「カウンセリング基礎講座」の第2回講義が行われました。

4月から始まり月に一度の講義ですが、受講生の皆さんの熱気とやる気が伝わってきます。

本当に主催者側の一員として有り難い限りです<(_ _)>


講義の終了間際に会場に入ってみると、最後の質問タイムの最中でした。

「医療機関にかかった方が良いと判断した場合、クライエントに対しどのように受診を勧めたらいいのか」

というような質問がありました。



う〜〜ん、素晴らしい質問です。



確かに風邪やインフルエンザの場合、迷わず医者に行く人がほとんどでしょうが

精神科や心療内科での受診に抵抗を持つ人は少なくないと思います。

私も答えが気になり、会場の後ろで竹内先生の答えを聴いていました。


竹内先生はとてもわかりやすく、明確に自信を持って答えておられました。

きっと普段の臨床で何度もそういう経験があるのでしょうね。

私がその答えをここで書くのは簡単なのですが、やめておきます。

正しく伝える自信がありませんし、安易に答えを書くことに抵抗があるからです。

どうしても知りたい方は、直接竹内先生に聞いて頂きたいと思います。


少し先の事になりますが、7月24日(日)に

竹の子会主催の「グループワークトレ−ニング」を開催します。

この研修会でもおそらく質問タイムが設けられると思います。

このような機会にぜひ生きた情報や知識を得てもらいたいものですね。

興味がある方は今から予定を空けておいて頂くようお願いいたします<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:38 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。