2013年05月04日

平穏な休日「木の根っこ編」

今日は4連休の二日目です。

どこへも出かけずにずっと家で過ごしました。


午前中は小さな庭に生えている、藤と柿と紫陽花の木を処分しました。

二人の息子も車を運転するようになり、おまけに原付バイクが4台と自転車が2台。

プランターならともかく、庭に木など植えているスペースは無いのです。


まずはのこぎりで木を根元から切りました。

どれもそれほど大きく育っていないので、わりと簡単に切ることが出来ました。


しかし問題はここからです。

ツルハシで残った木の根を掘り返そうとしたのですが、予想以上にしっかりと根が張っています。

掘っても掘っても人間のチカラではびくともしません。

人力では無理だとわかり、けん引ロープを巻きつけて車でひっこ抜くことにしました。


それでも一気に抜くことは出来なかったので、車で引っ張りながら根っこを少しずつ切ってゆき

汗だくになりながら、ようやくなんとか根っこの処理が出来ましたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

その後も地面をならしたり切った木の片づけをしたりして、昼過ぎにようやく終わることが出来ました。


いやあ本当に植物の生命力は大したものですね〜(-_-)


17世紀の思想家パスカルの「人間は考える葦である」という有名な言葉があります。


強い風が吹くとすぐにしなって倒れてしまう葦のように、人間というのは弱い存在ではあるが

「考えること」つまり精神を持つことで、自らの運命を切り開く存在へと成りえるのだ。



そんな意味だと聞いたことがあります。


確かにそう言われるとなんとなく納得してしまいますが

「思考」というものを得たことで、動物としての本能的な生命力が弱くなったのでは・・・とも思います。


理屈に基づいて行動するのは人間だけに与えられた能力ですが

理屈抜きでやらなきゃいけないこと、理屈は後から付いてくることもあるんじゃないかなあ・・・


小さな木の根っこすら自力で引き抜くことが出来なかった、おやじの休日でした。


ど〜でもいいような日々の日記ですが、ポチっとして頂くとハゲみになります<(_ _)>



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:11 | 愛知 ☁ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポチっとおしました。(^^♪
ハゲみにしてください・・・失礼。  読んでますよお!
Posted by 心音 at 2013年05月05日 11:41
心音さんじゃないですか!
ハゲみになりますよぉ〜〜〜(^_^)/
最近、我が家のチワワが頭を舐めてくれるので
そろそろ毛根が復活するような気がしてるんですよ。

竹の子会にも気軽に顔を出して下さいね(^^)
Posted by おやじカウンセラー at 2013年05月05日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。