2013年04月28日

グループカウンセリングで思ったこと


なんとなく昨日の記事の続きです。


私、おやじカウンセラーは竹の子会の会長を務めています

竹の子会は小さなボランティア団体で、カウンセリングに関する勉強会などの企画運営をしています。

竹内先生の講座や勉強会を主催することが多いですが、他の講師をお招きすることや

会員だけでの勉強会なども定期的に行っており「竹の子会は竹内先生の団体」と言うのは間違いです。

このあたりは竹内先生ご自身も常々そう仰っています。


さて、そんな団体のスタッフとして細々とでも活動に関わり

また、自身もかろうじてカウンセリングの勉強を続けているのですが

結果的に本当に多くの方々と、カウンリングを通じて知り合うことが出来ました。


プロのカウンセラーでもなく、本格的なカウンセリング能力を持つわけでもない私が

たくさんの人に顔を覚えて頂き、声をかけて頂けるようになったのは有難いことだと思っています。


そんな私が最近思うのは

カウンセリングを学ぶ人、カウンセラーを目指す人にはそれぞれの意味があり、必然だということです。

もちろんなんとなく興味があってとか、仕事上のスキルアップのためにという方も少なくありませんが

そういった人は、しばらくするとカウンセリングから離れてゆく人が多いです。


何らかの体験や出来事があったり、またそうした特別なことが無かったとしても

自分自身や、自分の人生を深く考えずにはいられないようになった時に

カウンセリングと関わることによって、その答えや意味を見つけようとする。


昨日のグループカウンセリングは


自分の生き方を見つけようとしている人

自分の人生を生き抜こうとしている人

本当の自分を見つけようとしている人

そのために精一杯行動している人



そして誰もが、自分の人生をあきらめず精一杯生きている


そんな人たちと出会えた、素晴らしく有意義な勉強会でした。


主催者の竹内成彦先生をはじめ、参加者の皆様に心から感謝しています。

楽しくも有意義な一日を有り難うございました<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:12 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。