2013年02月26日

映画館の話


映画館で映画を観るのが好きです。

若い頃と比べると随分少なくなりましたが、それでも年に10数回は映画館に足を運びます。

DVDで映画を観ることも多いですが、映画館で観るほうがやっぱり好きです(^.^)


今年は『 アウトロー 』と『ルーパー』を観ました。

トム・クルーズもブルース・ウィルスも、歳はとっても相変わらず元気ですね〜(^.^)


私は、平日に有給や代休で休みが取れた時に、独りでのんびり映画を観ることが多いです。

空いているし、午前最初の上映だと1000円で観ることが出来るのでおススメなのです。


そえにしても近頃の映画館は、ほとんどの映画館がいわゆるシネコンとなってしまいましたね。

私が一番足繁く映画館に通っていた頃は、単館上映の映画館ばかりでした。

そうした映画館が、駅前や繁華街にいくつもあったものですが、1990年代以降徐々に姿を消し

かわりに増えてきたのが、大型スーパーやレクリェーション施設が併設されたシネコンなのです。


駐車場も広いし、買い物もできるし、清潔で綺麗だし、観客席が傾斜していて観やすいし・・・

シネコンにはいい事がたくさんあるのですが、昔の映画館の雰囲気が懐かしくもあります。


昔の映画館はどこも2本立てや3本立てが当たり前でした。

基本は自由席、入れ替えなし、人気の映画は立ち見することも珍しくなく

さらには驚くことに、喫煙も飲酒も普通にOK (^。^)y-.。o○

今ではとても考えられませんが、そういう時代だったのですね。


その頃は、週末に街で軽く飲んでから、映画館のはしごをして朝まで過ごす、なんてことも良くありました。

お目当ての映画を観に行ったら、同時上映のもう一本の方がうんと面白かったことも。

若くて感性が鋭いこともあったのでしょうが、洋画も邦画も大作もB級映画も、どれも楽しめたような気がします。


今思えば・・・

あの頃、手当たりしだいに映画を見たり本を読んだりしたことが

感受性や共感能力を身につける事に、少しは役立っていたのかも知れませんね。


それにしても、繁華街をぶらつきながら、ふと目にとまった映画館の看板につられ、ふらりと立ち寄って映画を観る。


imageCA21025N.jpg


そんな映画館の手書きの看板も、今では懐かしい思い出となってしまい、ちょっと寂しいおやじカウンセラーです。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:53 | 愛知 ☔ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。