2013年01月12日

竹内先生のブログから・・・「ダブルバインド」


竹の子会の顧問を務めて頂いているプロカウンセラー「竹内成彦先生」のブログ

とても勉強になるので、毎日欠かさず拝見させてもらっています。

1月12日の記事は、「ダブルバインド」について書かれていました。



この「ダブルバインド(二重拘束)」は二つの矛盾した命令と

その命令から逃げ出してはいけないという命令を与えることにより

非常に大きな精神的ダメージを相手に与えてしまうものです。



家庭内では親から子に対して

学校では指導者(教師)から生徒(児童)へ

職場では上司から部下へ

といった具合に、偏った力関係のなかで行われるのが普通です。

しかも、ダブルバインドを行っている本人が、そのことに気づいていないことが多いです。



う〜〜〜ん・・・

自分を振り返ってみても、思い当たることがあります(=_=)

人を育てる立場にある人間は、特に気をつけなくてはいけませんね。



人のふんどし(竹内先生のブログ)で相撲をとる(ブログを書く)おやじカウンセラーでした<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:12 | 愛知 ☀ | Comment(5) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけおめ・ことよろでございます!

このダブルバインド、よく見かけますね〜。
これは、相手に対して言葉が足りないように思います。
言葉、、、こころからの純粋な愛のある言葉で正直に話すことができず、
その人たちがぶちまけているのは、その場その場の利己的な感情だなあ、、と。
それと同時に、うまくコントロールできないことを相手のせいにしている、というか。

私もかつてはダンナちゃんに、そのような態度をとっていることもありましたあ><;
何度も指摘されて、話し合って、改善してからは、自分自身がとても心地いいですねえ。
あきらめずに対峙してくれたダンナちゃんに感謝です。

自分で気づいていないこともあるし、本人も周りも心が苦しいことがあるので、やっかいですね!
Posted by みのり at 2013年01月13日 22:44
みのりさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

身近な関係だからこそ「言わなくてもわかる」ではなく
お互いにきちんと話し合って、理解を深める必要があります。

ダンナさまとみのりさんは、心から信頼できる関係なのですね。
だからこそ、遠く故郷を離れた場所で頑張れるのでしょうね。

私も嫁や子供達との日頃の会話を大切にしなければ・・・
Posted by おやじカウンセラー at 2013年01月14日 16:22
名前改め、心音になりました。毎度、ボーイフレンドとの密会で帰りが遅い娘に、もう、あんたとは縁を切ったと
言いながら、次の日、朝食を用意する・・・
これ、ダブルバインドなるものか。すまんです。レベル、ひくいですね。
私、答えは、すべていつもの中にある。・・をワードに鑑定したいので、生活に密着させてカウンセリングを役立てたいです。
テストばっか頑張らんでいいよ・・なんて言って、出来悪いと、凄くイライラしてる私も、これですよね。
Posted by 鑑定士 c at 2013年01月14日 22:05
鑑定士M改め心音様、今年もよろしくお願いします。

カウンセリングという言葉は広まっても、まだまだ気軽に受けようとする人は少ないような気がします。
鑑定にカウンセリングを取り入れて、もっと身近なものにしてもらいたいですね。

ところで心音様の鑑定は、どちらで受けられるのでしょうか?
機会があれば私もお願いしたいと思います。
Posted by おやじカウンセラー at 2013年01月15日 10:53
オヤジさんの手は、前から気になっております。・・・というか
竹の子会復活を考えております。
もし、かなえば、その折にでも。人のふんどしで相撲を取る・・・
爆笑した心音です。笑いのツボが似ているようです。(^^♪
Posted by 鑑定士 c at 2013年01月15日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。