2012年11月18日

雨の土曜日


こんばんは<(_ _)>おやじカウンセラーです。


昨日は久しぶりにまとまった雨が降りました。

まあ、仕事をしていたので雨でも一向にかまいませんが。


世間では、衆院解散決定で第三極だかの話題で盛り上がっています。


個人的には「 太陽の党 」ってネーミングは、岡本太郎の「 太陽の塔 」みたいで面白いと思っていたのですが、

あっさり「 日本維新の会 」への合流でせっかくの党名も無くなってしまうようですね。


岡本太郎が生きていたら、なんとコメントするか聞いてみたかったです(^。^)y-.。o○


image[3].jpg


それにしても今の日本は、経済も外交もその他の原発問題とかもしかり、恐ろしいほど多くの問題が山積みです。


私が生まれてこのかた、ここまで先が見えない状況に追い込まれたことはなかったですね。


こんなどん詰まりの状況の中で、若い人や子供たちが希望を持って生きてゆくにはどうしたらいいのでしょうか。



高度成長期に育ち、青年時代にバブルを経験した私のような世代は、

幸せの尺度を「 お金 」や「 モノ 」に簡単に置き換えることが出来ました。


そうしたわかりやすい「 幸せ 」を手に入れることが困難になりつつあるこれからの日本。


それぞれが自分自身の「 幸せの尺度 」を持たなければ、夢や希望を見いだせなくなってきたのかも知れませんね。


私としては、もっともっとシンプルな生活を心がけたいと思っています。


自分の子供たちたちには、努力して賢くなって自分の生活は自分で守るように生きていってもらいたいです。



「 晴耕雨読 」ならぬ、「 晴耕雨耕 」のおやじカウンセラーでした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:55 | 愛知 ☁ | Comment(4) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分なりの幸せの尺度を持つことが
必要になってくる。というところ、
本当にそうだなあ、、、と思いました。
特に日本は、いろいろなものを国内で背負いすぎていて
その負担を強いられるのはとても窮屈だろうなあ、と思います。
今こそ立ち上がって、大きな声で発信し、
大きな何かを扇動するくらいの活力が足りないですね。

(,,゚Д゚) ガンバレ!!!
Posted by みのり at 2012年11月18日 20:58
みのりさん、コメントありがとうございます(^.^)

本当に、今の日本人に足りないのは「活力」ですね。

日本を変えるのは、政治家ではなく国民一人一人の活力なのだと思います。

良い意味で、もっと図太くならないとね<(`^´)>
Posted by おやじカウンセラー at 2012年11月18日 23:30
執着すると生きづらい世の中かも知れません。

マスコミや政治に踊らされずに、自分のペースを見つけられれば、それなりに生きる道が見える様な気がします。
Posted by 権兵衛 at 2012年11月23日 16:06
マスコミは決して正義ではないことを肝に銘じておかないといけませんね。

某新聞社のトップを見れば、どれだけマスコミが思いあがっているかが良くわかります。
Posted by おやじカウンセラー at 2012年11月23日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。