2012年07月29日

心が乾くということ

まずはこの詩を読んで下さい。




「自分の感受性くらい」茨木のり子

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
*
気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか
*
苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし
*
初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった
*
駄目なことの一切を

時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄
*
自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ






今日は竹の子会主催のグループワークを行いました。

スタッフとしてお手伝いをし、受講生としてワークに参加しました。


もう何度も参加している竹内先生のグループワークですが

毎回、新しい気付きや学びが得られるのは素晴らしいことです。。



今日のワークで、いくつかの詩の中から、今の自分が選んだ詩。




もう一度読んでみます。




「自分の感受性くらい」茨木のり子

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
*
気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか
*
苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし
*
初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった
*
駄目なことの一切を

時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄
*
自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ





この詩を読んで、最近の私は、心がぱさぱさに乾いていたんだと知りました。


そして、それを自分以外の人たちや、周りの環境のせいにしていたと気付きました。



自分の感受性をおろそかにすること。


それは自分自身を大切にしていないということ。



自分で自分を大切にしていないから


まわりに、もっと私を大切にしろと要求するのでしょうね。




今日のワークに参加した皆さんも、ご自身のことを見つめ直し


より深く理解する良い機会になったのでは、と思います。



受講された皆さん、竹の子会の皆さん、そして講師の竹内先生


今日は本当にありがとうございました。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:02 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお疲れ様でした。
15の詩はそれぞれ考えさせられるものや、自分自身の心が揺れ動くものなど、いろいろありましたね。
自分自身というものを知る良い機会になったと思います。カウンセリングの実技とはまた違った充実感がありますね。
Posted by K.O at 2012年07月30日 19:59
K.Oさん、こちらこそお疲れ様でした。
普段は詩など読むこともなくなってしまいましたが、久しぶりの体験で、思った以上に自分の心に訴えてくるものがありました。
文字どおり、最近の私は心がぱさぱさに乾いていたようで、昨日のGWTへの参加も立場上と言った感が少なからずあったのですが、やはり参加して本当に良かったです。
次にお会いするのは10月の定例会になりそうですが、新たな勉強会の企画を期待しております。
Posted by おやじ at 2012年07月30日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。