2011年11月29日

柔道金メダリストの内柴正人がセクハラ

アテネ、北京のオリンピックで二連覇の柔道家、内柴正人がセクハラで懲戒解雇になりました。

竹内先生もブログに書いていましたが、本当に残念の一言です(>_<)

人並み外れた才能と、常人では真似のできないような努力、そして持って生まれた強運、

そのすべてがなければ、オリンピックの金メダルは取れないと思います。

しかも、その金メダルを2度も取るなんて、本当にものすごい事なのです。


それが・・・

客員教授として勤める大学で、自らが指導する女子部員に、セクハラ行為をして懲戒解雇なんて(=_=)

これはもう残念を通り越して、悲しいとしか言いようがありません。


今回の処分について、今のところ内柴側からの異議申し立てはないようなので、セクハラ行為は事実なのでしょう。

これからは、社会的にも相当な厳しい制裁を受けることになると思いますが、

自らが犯した罪ならば、きちんと受け止め、償うべきは償って、辛い道のりでも前に進むしかないでしょう。

とにかく、被害者の方には誠心誠意、謝罪して欲しいと思います。

柔道に汗を流す、若い人たちのためにもね・・・


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:59 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。