2011年10月03日

廻る廻るよお皿は廻る〜♪

長男はアルバイト・・・

次男は遊びに行ったきり・・・

というわけで、昨夜は仕事から帰ってから家内と二人で外食に行くことにしました。

久しぶりにお寿司が食べたいねぇ・・・、と珍しく意気投合して、行きつけのお寿司屋さんへ。

そのお店は芸能人も頻繁に訪れるという、かなりの高級店です。

というのはもちろんウソで、我が家から一番近くにある回転寿司に行きました。

2011_1001_180203-P1000018.JPG

私は食べることは大好きですが、グルメでもお金持ちでもないので、ここで十分なのです(^.^)

土曜の夜なのでお客さんでいっぱいでしたが、ほどなくカウンター席が空きました。


それにしても私が子供の頃は、お寿司といえば母親が作る巻き寿司、いなり寿司、

あるいはちらし寿司が定番で、あのピンク色の甘いでんぶの味を思い出します。

握り寿司などというものは、特別のお客さんが来たときに食べるようなものでした。


それが今ではあちらこちらにある大きなお店で、くねくねと曲がりくねったレールの上を、

音もなくお皿に乗ったお寿司が次々と流れてきて、それを好きなだけ食べられるようになりました。


それでも少し前まではお皿の色や柄によって値段が違ったりしていたので、

子供たちがついうっかり、金色のお皿などを取ってしまわないように気をつけたりしたものです。


しかし今では、なんでもどれでも一皿100円というお店も多くなり、

「なんでも好きなものを食べなさい」(^。^)y-.。o○

と、太っ腹な態度でいられるようになりました。


家族で回転寿司を食べに行くというのは、それぞれが好きなものを好きなだけ食べられるので、

きっと、家族全員がそれなりに満足できる外食なのかもしれませんね。


エンドレスで廻り続けるお皿を見ながら、中島みゆきの「時代」のメロディを思い出していました。


廻る〜廻る〜よ お皿〜はまわるるんるん

中島みゆきもこんなふうに自分の曲が口ずさまれることになるとは、きっと思ってもみなかったことでしょうねたらーっ(汗)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:02 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。